パレスグループがピッグスピーク等を買収 ( 2006年03月02日 )

スピンパレスカジノルビーフォーチュンカジノで日本人プレイヤーにもおなじみのパレスグループが、Leisure Casinos (レジャーカジノズ)というグループから以下のオンラインカジノとオンラインポーカーを買収することで合意に達したというニュースが飛び込んできました。

これらのオンラインカジノは日本語がないこともあって、日本ではマイナーな存在ですが、eCOGRAの認定も受けています。

南アフリカの通貨ランドを採用していたりしたので、南アフリカでは強かったのかもしれませんが、南アフリカのカジノ法制の先行きが不透明になっていたので、売り先を探していたのではないでしょうか。

今朝ゲイシャラウンジ等がWindows Casinoグループカジノを取得したというニュースをお知らせしたばかりですが、こうなると本当にこの業界も淘汰の流れがはっきりしてきました。

今後もマイクロゲーミング、RTGに限らず大手カジノが中小を飲み込むというニュースは続きそうです。

次のターゲットはどこでしょう?



コメント

「 パレスグループがピッグスピーク等を買収 」へのコメントはまだありません。

「 パレスグループがピッグスピーク等を買収 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ