ビッグファイブBJについて(その2) ( 2006年09月04日 )

マイクロゲーミングが最近英語版ソフトウェアでリリースしたBig Five Blackjackのストラテジー表の続報です。

関連記事: 8月30日リリースのビッグファイブBJについて (9/ 1)

問い合わせに対してマイクロゲーミングからは未だ回答はありませんが、一方で、ゲームをチェックしてみると、デフォルトのストラテジー表はリリース当初のものから変更されています。

そして、問い合わせをしていたブラックジャック専門家のBlackjackinfo.comのケン・スミス氏からは、今回の間違いについて「おそらくマイクロゲーミングはサレンダーのない他のブラックジャックのストラテジーテーブルを誤ってBig Fiveに貼り付けてしまったのではないか」というコメントとともに、「これが正しいストラテジーだ」というものが送られてきました。

ただし、マイクロゲーミングの修正後のものと微妙に異なります。再確認中です。またマイクロゲーミングが修正するのかもしれません。

ちなみに、BlackjackInfo.comには、Blackjack Strategy Engineというスミス氏自作の秀逸なツールがあります。

いずれにしてもマイクロゲーミングはお粗末です。ゴールドシリーズの第一弾にあったバグのことも考えると、マイクロゲーミングにはしっかりしてもらわないと困るという気がします。

「オンラインカジノはプレイヤーに対しては異常に厳しいのに自分たちには甘い」という人がたまにいますが、こういうことが続くと同意せざるを得なくなりますね。



コメント

「 ビッグファイブBJについて(その2) 」へのコメントはまだありません。

「 ビッグファイブBJについて(その2) 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ