禁止法案がまた頓挫か ( 2006年04月06日 )

NETeller(ネッテラー)、パーティーゲーミングなどのオンラインギャンブル関連銘柄の株価が軒並み急上昇したそうです。

Online Gambling Prohibition - Bill Takes A Setback - 04-06-06
http://www.online-gambling-insider.com/online-gambling/ogi-online-gambling-prohibition-bill-takes-a-setback-04-06-06.html

というのは、アメリカの議会の小委員会で、いわゆるオンラインギャンブル禁止法案(HR 4777)に対して金融関係者などから強い反対が表明されたからです。

オンラインギャンブル関連の決済かどうかいちいちチェックするとなると、金融機関の現場の手間が恐ろしく増えること、そして、既にオンラインでの賭けが許可されている競馬との整合性をどうとるのか、という点などが指摘されたようです。

まだこの法案が潰れたと決まったわけではないですが、株価の動きを見るかぎりではそのように理解してもいいのかもしれません。

参考: 銀行業界がインターネット賭博禁止法案に反対



コメント

「 禁止法案がまた頓挫か 」へのコメントはまだありません。

「 禁止法案がまた頓挫か 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ