クールハンド版スロット攻略法 ( 2005年12月7日 )

ゲーミングクラブジャパンなどベルロックエンターテイメントグループのカジノでよく遊んでいるプレイヤーにはCOOL HAND (クールハンド)という雑誌が送られてきていることと思います。
1年半ほど前にもあったのですが(「ベルロックゲーミングが明かすスロットのコツ」)、最新11月号でもスロットのプレイの選び方とプレイの方法に関する記事がありました。
前回のものとちがって具体的なスロット名が書いてあったりして面白かったので、読んでいない人のためにちょっと紹介します(転載許可はとっていませんが・・・)。

  • 3リールスロットでの戦術
    3リールのスロットの最高配当はそれほど高く見えないが、資金が長くもつことが多いので、初心者にはおすすめ。

    1. 最初は1ペイラインのマシンから始めること。そのほうが資金の持ちがいい。
    2. プログレッシブでないマックス2コインのゲームが良い。3コインのスロットのほうが配当が大きく見えてしまうが、ペイアウトという意味では変わらない。3コインスロットを選ぶクセがつくと沢山使ってしまう。
    3. マルチプライヤーがついている機種を選ぶこと。たとえばCouch Potato、Wheel of Whealth、Sonic Boom、Break da Bank、Double Magic、Cracker Jackなど。
  • プログレッシブの3リールスロットでの戦術
    プログレッシブジャックポット付きのスロットは他のスロットで勝った場合にそれを元手にして挑戦するべき。非プログレッシブの普通のスロットよりもたいていペイアウト率が低いが、高配当は魅力。

    1. 失ってもいい最大金額を設定してから遊ぶこと。
    2. プログレッシブスロットにも二つのレベルのジャックポットがある。ひとつは最も大きな金額のジャックポット(プライマリー)、もうひとつは賭けるコインの数に応じて配当がかわるジャックポット(セカンダリー)。どのスロットで遊ぶか決めるときは両方の数字をチェックすること。 (※ このアドバイスはランドカジノ用の一部スロットを念頭に置いたもので、少なくともマイクロゲーミングのスロットには関係ないと思われる – ocf註)
    3. ジャックポット金額が高くなっているものを選ぶこと。低い金額のものはごく最近金額がリセットされたことを示しているので、それは見送ること。

今回は3リールだけでしたが、次はビデオスロットについての記事も期待したいものです。