めずらしい二股 ( 2006年02月07日 )

二股と言っても、恋愛ネタ、芸能ネタではありません。

Winner Online掲示板で話題になっていたのですが、元クリプトロジックの49er CasinoがRTG(リアルタイムゲーミング)のオンラインカジノとして再生しています。

この49er Casino、しばらく前に閉鎖されてオムニカジノ(Omni Casino)に吸収されていました。

今回復活したのですが、同じグループ(Peak Entertainment)の中にありながら別のソフトウェアを使用するという変則パターンです。

以前は、同じグループであれば同じソフトというのが常識でしたが、最近はVIPCasinos(RTG)とEnglish Harbour(Vegas Technology)のように複数のソフトブランドを使用しているLeisure & Gaming社のような例もあります。

または、カジノはクリプトロジックでもポーカーはボスメディアというような異種複合のところもあります。こういう動きは、ソフトウェア同士の競争を促す意味ではいいことだと思います。一見わかりづらいですが、面白い動きです。

理想としては、キングネプチューンカジノのトライデントグループのような信頼できるグループの中に、マイクロゲーミング、プレイテック、クリプトロジック、ボスメディア、RTGなどの複数の主要ソフトを使ったカジノができて、VIP制度やサポートはすべてグループ内で共用というのがあればと思います。

そんなことも夢物語でなくなる日が来るのかもしれません。



コメント

「 めずらしい二股 」へのコメントはまだありません。

「 めずらしい二股 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ