ocf 6:57 am

超越的なスロット解析プログラム ( 2006年03月9日 )

カジノマイスターの掲示板の以下のスレッドをしばらく見ていたのですが、ここ数日ですごいことになっています。

Probabilities
http://www.casinomeister.com/forums/online-casinos/10822-probabilities.html

ある人が、他のメンバーの助けも借りてマイクロゲーミングのサンダーストラックの各リールのシンボルの並び順を解明してしまいました。
そして、それをもとにシミュレーションプログラムを書いて解析し、結果を発表しています。現時点での結果はこんな感じになっているようです。

  • Thunderstruck サンダーストラック
    ペイアウト: 95.02%±0.01%
    ボーナス時の平均獲得コイン: 35.3倍 (ベットサイズで)
    分散(9ライン): 1,145±10

  • Tally Ho タリーホー
    ペイアウト: 96.0%±0.1%
    ボーナス時の平均獲得コイン: 31.8倍 (ベットサイズで)
    分散(9ライン): 1,070±10

  • Loaded ローデッド
    ペイアウト: 93.7%±0.1%
    ボーナス時の平均獲得コイン: 31.6倍 (ベットサイズで)
    分散(9ライン): 1,290±10
    分散(25ライン): 4,332±5

このシミュレーションは、各リールが通常時もボーナス時も完全にランダムに止まるという条件で動いているようです。
(ビデオスロットのシミュレーションプログラムそのものも、掲示板で配布されています。)
なんとなくそれらしい数字になっていますが、私は個人的にはこれらのスロットは完全なランダムではなく、ボーナス中はある程度の波ができるような設定になっている気がします。
ただ、もし本当に完全ランダムだとすると、このシミュレーションは実際のゲームに限りなく近い結果を出すことになります。解析の試みとしては、とても面白いものだと思います。
三人寄れば文殊の知恵といいますが、世の中にはすごい人たちがいるものです。
参考: 分散とは