No. 113 オンラインカジノファンニュースレター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 オンラインカジノファン ニュースレター            No.113

                   http://www.onlinecasinofan.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついに、メジャーミリオンズのジャックポットが出ましたね。

6月1日でした。ほぼ2億円という巨額のジャックポットで、オンラインカジノ
での獲得賞金の世界新記録になりました。

==[ ウェブサイトの更新 ]==============================================

 ★ソフトウェアのページにグループ分けの情報を追加しました。
  http://www.onlinecasinofan.com/software.php

 ★ラセターズのボーナスが変更されました(初回が100%に)。
  http://www.onlinecasinofan.com/lasseters.php

 ★プラティナムプレイの400%ボーナスが終了しています。
  http://www.onlinecasinofan.com/platinumplay.php

 ★オールスロッツのボーナスが変更されました。
  http://www.onlinecasinofan.com/allslots.php

======================================================================

【今回の内容です】

■ カジノエッセイ fuminorさん

■ eCOGRAが初めて非マイクロゲーミングのカジノを認定しました

■ カジノに嫌われるプレイヤーは誰?

■ メジャーミリオンズの2億円ジャックポット

■ カジノ解体新書 勝ち組の条件 番外編

■ キャンペーン情報

======================================================================

 ocfが推薦するオンラインカジノとは?

 私はいま、【キングネプチューンズカジノ】を推薦しています。

  支払いは早く、日本人女性の親切なサポートが受けられます。
  さらに、ソフトはViperで、最新ゲームもすべて揃っています。
  いろいろ受賞もしていて、eCOGRAの認定も真っ先に受けました。

  キングネプチューンズカジノの詳細と評価
  http://www.onlinecasinofan.com/kingneptunes.php

======================================================================


■ カジノエッセイ fuminorさん

最近情報交換をさせていただいている、fuminorさんという読者の方が
いらっしゃいます。

そのfuminorさんから、率直で興味深い内容のメールをいただきました。
許可をいただいて、ここにエッセイとして掲載します。

fuminorさん、ご了解いただいてありがとうございます。エッセイは、
二つのメールで構成されています。それでは、どうぞ。


[一つ目のメール]------------------------------------------------------


僕はよくゲーミングクラブJPでプレイしています。ほとんどノーボーナスで
やっているので、当然のようにゲーミングクラブJPでは負けています。

ノーボーナスでプレイする理由はMWRがなくてわずらわしくないというのが
最大の理由です。あとゲーミングが一番プレイしていて公平であるように
感じるからです(トータルでは負けていますが・・・)。それに意外と
クラップスが面白いです。音を消して(音を出すとすぐに勝ち負けがわかって
しまうので)、サイコロの目が現れる画面の右隅を、自分の眼を隠しながら
(手で小さな穴を作って・・・)恐る恐る見るのが熱いです。

ランドカジノではバカラをする時に、カードの端だけを見ようとしている人が
いますが、ちょうどあれと同じでしょうか。

ほとんどドントパスに$100掛けでやっているので、繰り返しになりますが、
非常に熱いです。


[二つ目のメール]------------------------------------------------------


先ほど、ゲーミングクラブJPのクラップスをよくプレイしていますという
内容のメールを送りました。続けざまに送るのもなんですが、これは僕の反省
ですので、独り言と思ってください。

実は、先日、Netellerに$450電信送金しました。Netellerに入金された
のは27日です。目的は、6月のインターカジノ、ゴールドクラブの
マンスリーボーナスと、まだ登録していないカジノに登録して、初回ボーナス
をゲットするためです。僕はまだ始めて3ヶ月くらいなので、アカウントを
開いて、デポジットを行ったことがあるカジノは5つくらいでしょうか。

Netellerの送金先が英国に変わってから、Netellerから入金の確認メールが
来るのはいつも深夜1時台ですので、もう届いているだろうなという日に確認
したところ(27日です)、案の定、入金されていました。

言うまでもなく、まだ5月ですので、6月のマンスリーボーナスは
もらえません。しかし、2週間ほどカジノから遠ざかっていましたので、
どうしても待ちきれず、$100くらいどっかにデポジットしてプレイしよう
と思いました。

いつものように、ocfさんのホームページでのお薦めのカジノの中から、
自分の好みに合った初回ボーナスが用意されている所を探してプレイしようと
思いましたが、それも面倒くさくなってしまって、ああもういいやという
感じで、いつものようにゲーミングクラブJPにノーボーナスで$100
デポジットしました。

最初の1時間くらいで$100がなくなり、次の30分くらいで$100
なくなり、また$200なくなり、気がつけば最後の$50までもデポジット
していました。これだけでも、十分に反省材料に値するのですが、実は
もっと情けないことを僕はしてしまいました。

最後の$50をデポジットしたとき、バンクロールは$52くらいでした。
それを元手に確か最初は3カードポーカーをやったと思います。言うまでも
なく、すでに炎上状態にありますので、$52しかないにもかかわらず、
$20くらいベット(3カードポーカーの場合、合計で$40ベットに
なります)しました。

まだ運があったみたいで、何とか最初の勝負に勝ち、気がつけば$200
くらいになっていました。

この時の心理状態は、もともと$450あったので、悔しい気持ちもあり
ましたが、それが全てなくなりかけたのだから、あの絶望的な状況
(残り$50)から、ある程度取り返せたということでそれなりに満足して
いました。

何を考えたか、そこでクラップスをしました。先ほどのメールでも
書きましたが、僕はクラップスが好きなのです。$200強を元手に
$100をドントパス、ドントカムにかけ続けました。

本当に流れが良かったとしかいいようがありませんが、気がつくと
(時間にして1時間半くらいでしょうか)、元手の$450を大幅に超え、
$1500くらいになっていました。

心理状態の変化としては、$500を超えたときには元に戻ったという
ことで、かなり満足していて、$1000を超えたときは言うまでもなく
大勝ちを確信していました。

そこで、とりあえず$500はNetllerに戻そうかなとも考えたのですが、
もっと欲が出たというわけではないのですが、それをしませんでした。

最高で$2100くらいまで行きましたが、だいたい$1500辺りを
行ったりきたりしている状態がかなり続きました。

そこで、もう止めよう、もう止めようと何度も何度も思いましたが、
止めませんでした。

始めのデポジットから5時間くらいプレイしていて、十分に満足していました
し、なくなりかけたお金が、残り$50という絶望的な状況から+$1000
にまで膨れ上がったのですから。

それでも止めませんでした。

そして、全部なくなってしまいました。

今考えると、あんな状況から、どうやってそんなに増やせたのだろうと、自分
でも疑問に思ってしまいます。確かに$2000まで増えたのです。$300
を超えてからはずっと$100ベットは続けていましたが。

僕は一度のプレイで$2000を超えたのは2度目です。前回はインター
カジノのBJでした(その時も反省のメールを送ったと思います)。

前回は$200ベットや$300ベットの危ない橋を何度もくぐり抜けて
たどり着いた$2000でしたが、今回はそんな感じもあまりなく、とんとん
拍子に$1500を超えました。ゲーミングのドントパスにはマックス
$100しか賭けられませんので。

しかし、2度ともその日のうちに全てなくなってしまいました。
もう自分が、バカジャンキーとしか思えません。
悲しいことですが、ギャンブルには向いていないということです。

誰かの格言に「ギャンブルで勝つためには、ギャンブルをしないことだ」
みたいなニュアンスのものがありましたが、本当にその通りです。僕は
ギャンブルに向いていないのですから。

しかし、止められません。僕の人生からギャンブルをとることは考えられ
ません。そこで、被害を最小限に抑えるための策を考えなければなりません。
考えてみようと思います。

今回のこともそれを講ずるためには重要なサンプルになると思います。

僕は、バカベットは否定しません。ちなみに僕はバンクロールに対して
あまりにも大きなベット額をバカベットと呼んでいます(心の中で)。
なぜなら、バカベットをすることにより、大勝を望めるからです。また
それ以外に大勝は望めません。

全額ベットは負けたらどうしようもありませんが、元手$100くらいでも、
$30ベットくらいだと何度か続けても、運がよっぽど悪くないと、すぐに
全てなくなるということはありません。逆に運がよければ、すぐに$300
くらいまで増えます。

ただ、問題であり、最も危険なのは、バカベットで連敗してしまった時と、
勝っている時の止め時です。

僕の心理状態から言いますと、例えば元手$100の場合。

最初は$1~$5ベットをチマチマしています。順調に増えている時はいい
のですが、どうも少しずつ負けてきているという時、どうしてもバカベットに
走ってしまいます。$100から$75くらいまで減ってしまったところで、
一気に取り返そうと$30ベットをしてしまいます。

そこで勝てば、心理状態もそれなりに落ち着き、またチマチマベットが
始まるわけですが、負けてしまった時です。問題は。

$75あったのが、そもそも、もともとは$100あったのが、あっという
間に$35に・・・。どうやって取り返せば。あー・・・・。

心理状態は炎上です。もうすでにコントロール不能です。$100を超える
まで意地でもバカベットを続けてしまい、終わりです。○●○●○●○●が
なぜか続きます。一度連勝してくれれば、$100は超えるのですが、
連勝($35→$75→$105)する前に連敗($75→$35→$5)
してしまいます。これは何度も経験しています。もう嫌になるくらい。

ですから、止め時は最初のバカベットで負けて$35になってしまった時
でしょう。

こうなってしまったら取り返そうとするのは諦めるべきなのでしょう。
むしろ、負けが$65で済んだことを喜ぶべきなのかもしれません。

ですから、バカベットをする時に、そこで負けてもコントロール不能状態に
ならないようにしなければなりません。

そこで、チマチマをしていて、減っているときに、次は最後という形で
バカベットをしたらどうでしょう。勝っても負けても最後。これで止める。
そういう心理状態に持っていってやれば、負けても炎上でコントロール不能と
いうのを少しは予防することも可能かもしれません。

「どうも今日は悪いようだから、次の$30ベットで最後にしよう。
勝てば取り返せるし、負けても$35残る。どれ、深呼吸して、最後の
勝負に挑もうか。」

こんな感じでしょうか。

次に順調に勝っている時ですが、これも一歩間違えれば、全てなくして
しまいます。

やはり、危険はバカベットに潜んでいます。大勝しているとき($100→
$700)なんかは、それまでに何度もバカベットを繰り返した結果、流れが
よく、大勝という結果に結びついているわけですが、この時は、バカベットで
2連敗した時が止め時になるのかもしれません。

バカベットで続けて負けた時は、その減少額の大きさ(例えば$700→
$300)に愕然としてしまい、コントロール不能になってしまうという
のが、今までの僕でしたが、そこで止めても元手は$100であり、
プラス$200なのですから、満足しなくてはいけません。

先ほど述べたような心理状態に出来るかどうかが、ポイントでしょうか?

とにかく、今回のことは深い戒めにして、次に生かしていこうと思います。

----------------------------------------------------------------------

いかがでしょうか?

fuminorさんと全く同じような結果、心理状態に心当たりがある方がほとんど
ではないでしょうか。

カジノというのは、どのゲームでも長く続けてプレイすればするほど
プレイヤー側が基本的に損をするゲームなので、どこでどうやって止めるかと
いうのが、勝っている時も負けている時も最大の課題になると思います。

皆さんもご自分なりの方法を模索していたり、既に確固たる方法を確立して
いたりすると思いますが、もし、「私はこの方法を使うことによって、
後悔することはほとんどなくなりました」というような方法があれば、
ぜひ教えてください。

私自身は、何度も書くようですが、卓見さんに教えていただいたハーフ
ストップ方式かその応用の2割ストップ方式を使っています。

 → http://www.onlinecasinofan.com/moneysystem.php

======================================================================

 NETellerを使っていない人、まだいますか?

 → http://www.onlinecasinofan.com/neteller.php

======================================================================


■ eCOGRAが初めて非マイクロゲーミングのカジノを認定しました

eCOGRAと言えば、オンラインカジノのプレイヤーを守るためということで
英国で設立されて活動を続けているNPOですが、従来、39のオンラインカジノ
に認定マークを発行していました。

その39のオンラインカジノの全てがマイクロゲーミング系でした。

そして、マイクロゲーミングがeCOGRAに資金援助していることもあり、eCOGRA
はマイクロゲーミング系カジノの単なる提灯持ちではないか?という疑いを
持つ人も多いです。

そのeCOGRAが、最近、カジノオンネットとリーフクラブという二つのカジノを
認定しました。この二つはマイクロゲーミング系ではありません。

ちなみに、これら二つのカジノの経営母体も、実は設立当初からeCOGRAに
資金を提供しています。なので、「やはりeCOGRAは資金提供元の提灯持ちに
すぎない」という見方もあります。

ただ、私としては以下のような理由から、eCOGRAはただの提灯持ちではないと
判断してします。

(1) マイクロゲーミングカジノは80以上あるのに、いまだにその半数以下の
  39カジノしか認定されていない。

(2) カジノオンネットは資金を提供していたにも関わらず、認定されるまで
  かなりの時間がかかった。

(3) 当初から他のソフトウェアプロバイダーにも広く参加を呼びかけている。

(4) プレイヤー側にたってカジノとプレイヤー間の紛争を解決してくれる
  ので、カジノ運営側と利害が一致するわけではない(長期的には
  オンラインカジノ業界のクリーン化に繋がるので利害は一致すると
  思いますが、短期的にみれば必ずしも利益になりません。)

(5) eCOGRAは理事の名前や経歴を公開している。理事はみな既に社会的に
  認められている人物ばかり。eCOGRAがインチキだとすると、これらの
  理事にとってeCOGRAに参加することは名声を失うリスクが大きすぎる。
  そう考えると、彼らのような人達がeCOGRAに参加していることは
  意義がある。

(6) オンラインカジノの認定の基準が明確になっている。

このうち、(6)については私も深く調べたことはなかったのですが、過去に
かなり問題を起こしていた印象がある某カジノが認定されているのを見て、
興味をもったので、eCOGRAのサイトで調べてみました。

認定の基準はeGAPという名称で明確にまとめられています。そのeGAPは、
項目の羅列だけで24ページもある膨大なものです。もし自分がオンライン
カジノの運営者であれば、こんな審査を受けたいとは思わないでしょう。

詳細な内容に興味がある方は、以下のページをご覧ください。
 → http://www.ecogra.org/eGAP/

大きな項目だけを抜き出してみました。

 プレイヤーのプロテクション

 101 最低限必要な保管すべき情報
 102 最低限必要なセキュリティ
 103 ギャンブル依存症に対する対策
 104 資金力
 105 プレイヤー情報の保護

 公正なゲーム

 106 ソフトウェアの開発とメンテナンス
 107 ゲームの公正性
 108 サーバー接続に関する基準
 109 ゲームのルール
 110 障害時の復旧能力
 111 障害時のプレイヤー保護

 責任ある運営
 
 112 マネーロンダリング防止
 113 広告宣伝
 114 運営従事者の犯罪歴チェック

プレイヤーにとっては重要な項目ばかりですが、特に104の「資金力」の
項目は重要です。この項目の中の基準には、「プレイヤーへの支払いに十分な
流動資産を保有していること」とか「プレイヤーへの支払いに支障がない
ような最大ベット規定にすること」といったものがあります。

このあたりにひっかかるカジノは多そうです。

さすがにこれだけチェックしていれば、eCOGRA認定カジノだったら遊んでも
大丈夫だという気にさせますね。

ちなみに、これらの審査は自己判定、自己申告ではなく、第三者の監査法人が
担当しているので、審査自体は公正だと考えられます。

ちなみに、eCOGRA認定カジノの一覧は以下のページで見ることができます。

 → http://www.ecogra.org/About/Casinos.asp

======================================================================

 マイクロゲーミング系カジノで遊ぶときは、Norton Internet Securityを
 一時的に無効にしましょう。有効のままだとうまくソフトが動きません。

======================================================================


■ カジノに嫌われるプレイヤーは誰?

カナダで今年行われたオンラインカジノ業界の国際会議では、悪質な
プレイヤーをどうやって排除していくか、という点が最重要の議題になった
そうです。

プレイヤーとして、私たちは悪質なカジノの情報を交換して、そういうカジノ
で自分の貴重なお金を失わないように気をつけています。それと同じように、
オンラインカジノ運営側も「悪質なプレイヤー」の情報を交換して、リスクを
減らそうとしています。

そして、その情報交換は今後ますます活発になると思います。

Online Casino Newsに掲載された記事 "What is Expected of the Player"
(http://www.onlinecasinonews.com/ocnv2_1/article/article.asp?id=5466)
によると、「カジノから嫌われるプレイヤー」とは、こんなプレイヤーだと
いうことです。

・チャージバックするプレイヤー(※)
・チャージバックするぞと脅すプレイヤー
・他人名義のクレジットカードを使うプレイヤー
・ソフトの改変をしようとするプレイヤー
・一つの世帯で複数のアカウントを開くプレイヤー

(※) チャージバックとは、クレジットカード会社に対して「こんな買い物
   には記憶がない。誰かに不正に使用された。請求しないでくれ」と
   偽りの申告をして、請求を逃れる不正行為のことです。

さらに、評論家の話では、オンラインカジノ業界では、以下のような二つの
データベースが既に共有されているそうです。

(1) ボーナス乱用プレイヤーのデータベース
(2) ボーナスプロモーションの時しか遊ばないプレイヤーのデータベース

そして、各カジノは、こういったデータベースに入っているプレイヤーを
遊ばせないように工夫をしているということです。

クレジットカード業界にもブラックリストがありますが、それと似たような
感じです。

ただ、数あるプレイテック系の悪質カジノのように、やたらと人をボーナス
乱用者扱いするオンラインカジノがあったとして、そのカジノが他の例えば
マイクロゲーミング系などのカジノとデータベースを共有することにでも
なった場合、「無実」のプレイヤーがほとんどのオンラインカジノから
締め出されるような悲劇も起こりえます。

こうしたデータベースは相当慎重に運用してもらいたい気がします。

もしブラックリストに入れられてしまうと、現状ではプレイヤー側がそれに
対して抗告する手段はありません。いちどリストに載ると、事実上、永遠に
載り続けることになります。

が、オンラインカジノが「ボーナス乱用者」認定を「乱用」することや、
その結果の「乱用者リスト」を盲目的に共有することは、最終的には
オンラインカジノの首を絞める結果になるのではないかと思います。

いまのところ、プレイヤーとして私たちが気をつけるべきことは、上記の
ような不正をしないのは当然ですが、ボーナス狙いの露骨な賭け方や
入出金をできるだけしないということでしょうか。

ただ、その辺りの明確な基準が全くないのが嫌ですね。

クレジットカードであれば、支払いの遅延など、ブラックリストに載る
規準は誰の目にも分かりやすいですが、オンラインカジノのボーナスの
もらい方、賭け方は客観的な基準がありません。

対策としては、できるだけ広く情報交換、情報収集をすることで、ボーナス
乱用者認定を「乱用」しているカジノを避けるということくらいしか
ありませんが、初回ボーナスをもらった後で次のボーナスのオファーが
来るまで一度も入金しないというような態度は、十分疑いを招きます。

ボーナス拾い、ボーナスハンティングは、以前は簡単に儲けを生む方法でした
が、カジノ側の姿勢が今後はますます厳しくなって、しかもデータベースを
共有することになれば、いくら新しいカジノに登録して入金しても、
「あなたはボーナス対象外です」と言われるという事態になりかねません。

長期的にみれば、これはプレイヤーにとってかなり損です。

ですので、もしそのカジノや同じグループのカジノ、同じソフトのカジノで
今後も遊び続けたいという場合は、初回ボーナスをもらった後、ボーナスが
もらえなくても二度目、三度目の入金をすることは大切だと思います。

======================================================================

 よくある間違いに注意しましょう

  → http://www.onlinecasinofan.com/mistake.php

======================================================================


■ メジャーミリオンズの2億円ジャックポット

マイクロゲーミング系のプログレッシブスロットのメジャーミリオンズは、
ジャックポット金額が最近急速に上昇して、注目を浴びていましたが、
6月1日についにジャックポットが当てられました。

場所はジャックポットシティカジノです。

ジャックポット金額は史上最高の1,453,610.18ユーロ($1,779,827.44)です。
110円換算で約1億9,580万円ということで、これまでの記録($1,683,526.64)を
かなり上回りました。

当てた人は国籍は不明ですが、Joaquim Mという名前からして、ポルトガル系
かスペイン系でしょうか。日本人でなくて残念でした。

これまでの100万ドル超のジャックポットは獲得者のインタンビューが発表
されていましたが、今回についてはまだ発表されていません。

ただ、当てる20日前にジャックポットシティでアカウントを開いて、まだ
3回しかプレイしていなかったプレイヤーだということです。

ちなみに、ジャックポットシティカジノは、プログレッシブジャックポットの
当たりに$5,000の上乗せをしてくれる(10万ドル以上の当たりの場合)ので、
この人はラッキーです。

私はこのニュースレターのNo.111で、「次のメジャーミリオンズのジャック
ポットは、ゲーミングクラブかジャックポットシティで出るでしょう」と
予告していたので、その予想だけは見事に当たったことになります。

「なぜそういう予想だったのか?」と誰も聞いてくれないのですが、勝手に
書きます。自慢が読みたくない方は次の記事へどうぞ。

そもそも私はベルロックゲーミンググループはマイクロゲーミングそのもの
が所有していると考えています(ベルロックは否定していますが)。

そして、高額ジャックポットはカジノにとって大いに宣伝になります。

過去の100万ドル超のジャックポットはキャプテンクックスとゴールデン
タイガーで出ていますが、マイクロゲーミングは、これらのジャックポットが
出た後の両カジノの売上げの上昇ぶりに驚いたと思います。

なので、マイクロゲーミングにしてみれば、どうせ高額ジャックポットを
出すなら、自らが保有するベルロックゲーミングのカジノで出そうと
思ったに違いありません。

特に今回は世界記録ですから、宣伝効果はとても大きいです。

といっても、過去に何度もメジャーミリオンズのジャックポットが出ている
ラッキーナゲットやリバーベルは既に人気が出ていて宣伝効果も薄いので、
ここは比較的知名度の低いジャックポットシティか、老舗で知名度抜群ながら
最近他のカジノに押され気味のゲーミングクラブで出そうと考えるのでは
ないかと推測しました。

単なる偶然かもしれませんが、かなり当たっている気がします。(もちろん
この説だと、プログレッシブスロットは完全なランダムではなく恣意的に
決められているということが前提になってしまいます。その点は議論が
あるところかもしれません)

次の100万ドル超ジャックポットは、大手グループでマイクロゲーミングへの
貢献度が高いのに、まだ出していないフォーチュンラウンジグループでは
ないでしょうか。果たしてこの予告は当たるでしょうか?

======================================================================

 悪質オンラインカジノには注意してください。

  → http://www.onlinecasinofan.com/scam.php

======================================================================


■ カジノ解体新書 勝ち組の条件 (特別投稿・卓見氏)
■ 番外編 『デジャビュ』

 残念ながら、皆さんお待ちかねの「カジノ解体新書」の連載再開はまだ
 なのですが、読者のプレッシャーに負けた(?)卓見さんから、ありがたい
 ことに、ニュースレター読者限定公開の番外編として、「フィクション
 日記」についてお知らせをいただきました。

 ヨヨケンさんの「代々木健介のギャンブル必勝法実験室」(URL下記)の
 ギャンブル日記に微妙に(?)似ています。

 卓見さんからは「ヨヨケンさん、すみません」という率直なコメントを
 いただいています(笑)。

 代々木健介のギャンブル必勝法実験室
  → http://www.yoyoken.net/casiohp/

 それでは、卓見さんの文章をお楽しみください。本当に読ませるのが
 うまいなぁと感心してしまいました。


 フィクション日記「デジャビュ」
  → http://www.daha-casino.com/djvu.mht


 どうでしたか?

 フィクションにしてはリアルすぎる気がしたのは私だけでしょうか?(笑)

 ところで、ニュースレターの新しい読者の方のために、過去のニュース
 レターの圧縮版をまだ公開しています。

 卓見さんの連載を読んで、ぜひ勉強してみてください。Yahoo! Japanの
 オークションで売りに出ている怪しげな「オンラインカジノ必勝法」とは
 比較になりませんよ。

 ニュースレター圧縮版 (No.001 ~ No.110)
  → http://www.onlinecasinofan.com/archive.zip

 なお、卓見さんの連載以外の部分は古い情報が多いので、あまり参考には
 なりませんので、注意してください。

======================================================================
     卓見さんのサイト『打破カジノ』に掲示板ができています。
       無料でアドバイスを受けられる貴重な機会です。

          http://www.daha-casino.com/
======================================================================


■ キャンペーン情報

★クラブダイスでは、毎月の上位10人に計$1,500が当たります

 クラブダイスカジノでは、毎月の賭け金合計が多い上位10人に$350から
 $75のボーナスが当たるキャンペーンをしています。途中経過がクラブ
 ダイスカジノのウェブサイトに掲載されています。

 賞金以外にも、クルーズやポータブルDVDプレイヤー、ホームシアター
 システムなどが当たるらしいです。

 http://www.onlinecasinofan.com/clubdice.php

---------------------------------------------------------------------

★ゲーミングクラブのMagical Questで$10,000

 http://www.gamingclub.com/promo/magicalentertainment
 このページのClick hereでエントリーをして、6月に$100以上入金して
 $100以上賭けると、$10,000が当たる抽選に参加できます。

 さらに上のページの下の方の「今週のゲーム」で$100以上賭けると、
 $1,000が当たる抽選に参加できます。

 両方ともに$100を賭けるごとに抽選の権利が増えます。
 http://www.onlinecasinofan.com/gamingclub.php

---------------------------------------------------------------------

★ラッキーナゲットのFinders Keepersでも$10,000

 http://www.luckynugget.com/promo/goldcoast/
 このページのClick hereでエントリーをして、6月に$100以上入金して
 $100以上賭けると、$10,000が当たる抽選に参加できます。

 さらに上のページの下の方の地図のある部分をクリックすると現われる
 今週のゲームで$100以上賭けると、$1,000が当たる抽選に参加できます。

 両方ともに$100を賭けるごとに抽選の権利が増えます。
 http://www.onlinecasinofan.com/luckynugget.php

---------------------------------------------------------------------

★リバーベルのMISSISSIPPIキャンペーンでも$10,000

 http://www.riverbelle.com/promo/mississippicruise/
 このページのClick hereでエントリーをして、6月に$100以上入金して
 $100以上賭けると、$10,000が当たる抽選に参加できます。

 さらに上のページの下の方の今週の部分をクリックすると現われる今週の
 ゲームで$100以上賭けると、$1,000が当たる抽選に参加できます。

 両方ともに$100を賭けるごとに抽選の権利が増えます。
 http://www.onlinecasinofan.com/riverbelle.php

---------------------------------------------------------------------

★ジャックポットシティのVacation Giveawayでも$10,000

 http://www.jackpotcity.com/promo/bahamas/
 このページのClick hereでエントリーをして、6月に$100以上入金して
 $100以上賭けると、$10,000が当たる抽選に参加できます。

 さらに上のページの下の方の今週の部分をクリックすると現われる画面で
 今週のゲームを解明してください。かなり凝った仕組みです。これほど
 手間のかかるものは見たことがないです。そのゲームで$100以上賭けると、
 $1,000が当たる抽選に参加できます。

 両方ともに$100を賭けるごとに抽選の権利が増えます。
 http://www.onlinecasinofan.com/jackpotcity.php

---------------------------------------------------------------------

★ベルロックゲーミンググループの特別スロットで高額賞金

 ベルロックグループのカジノでしか遊べない5リール9ラインのBelle Rock
 というスロットがあります。フリースピン15回が当たったりするなかなか
 面白いスロットです。上記4つのキャンペーンのいずれかにエントリーを
 すると、この高額キャンペーンにも自動的にエントリーされます。Belle
 Rock Slotで6月に$100以上を賭けると、抽選で5人に$1,000が当たります。

 さらに、6月にこのスロットで$5,000以上の当たりを出すと、抽選で1人に
 $10,000が当たる抽選にエントリーされます。

---------------------------------------------------------------------

★32レッドでスロットの競争です。最終週は上位 5人に賞金

 32レッドでは、5月は毎週スロットのキャンペーンをしています。

 7日現在まだ最終週のMajor Millionsの競争が続いていますが、途中経過
 には日本人プレイヤーの名前はありません。

 賞金は1位$1,000、2位$500、3位$250、4位$150、5位$100です。

 対象期間は日本時間の6月1日午前9時から6月8日午前9時までです。
 その間に、メジャーミリオンズで100スピン以上まわして、そのなかで
 何回ペイアウトしたか、その回数の比率が最も高い人が入賞です。期間内に
 最低$50以上を入金することが条件になっています。

 ちなみに賞金はボーナスではなく純粋な賞金です。そのまま払い戻せます。
 
 http://www.onlinecasinofan.com/32red.php

---------------------------------------------------------------------

★イングリッシュハーバーでまたばらまき

 6月9日までの間にプレイした人にランダムに$500までのボーナスが当たり
 ます。合計$10,000の豪華キャンペーンです。

 http://www.onlinecasinofan.com/englishharbour.php

---------------------------------------------------------------------

★ラッキーナゲットでは貯めたポイントでオークションに参加

 ラッキーナゲットカジノでは、Bucks to Bidと称する仕組みを作って
 います。

 これに登録すると、普通もらえるコンプポイントとは別に、$10を賭ける
 ごとに1 Buckもらえます。このBuckでDVDプレイヤーなど様々なアイテムの
 オークションに参加できます。

 http://www.buckstobid.com/
 Bucks to Bidの専用サイトで、まずは登録(Sign Up)してください。
 登録すると、定期的に自分の現在のBuckの数の通知が送られてきます。
 
 http://www.onlinecasinofan.com/luckynugget.php

---------------------------------------------------------------------

★ ダイアモンドクラブでは毎週計$2,000が。

 毎週合計$2,000が当たるキャンペーンですが、先週は日本人の当選者が
 3人もいました。$100を賭ける毎に1エントリーです。手続き不要です。
 
 http://www.onlinecasinofan.com/diamondclub.php

---------------------------------------------------------------------

★ カジノオンネットはプロモーションだらけです

 ほぼ毎日何かプロモーションをしています。60人以上に各$1,000が当たる
 というものもあります。世界最大オンラインカジノの実力発揮です。
 
 http://www.onlinecasinofan.com/casinoonnet.php

======================================================================

 オンラインカジノ入門のページは一度は熟読してください。
 http://www.onlinecasinofan.com/novice.php

======================================================================

【今週の後記】

前号で書いた禁カジノですが、10日間の禁が解けて、やっと復帰しました。

復帰日は一気に10以上のカジノでいろいろなゲームをしました。

全然勝てませんでしたが、自己負担なしで、先月のコンプだけを使って
遊んだこともあって、熱くなることもありませんでした。

その翌日、翌々日は以前と違って猛烈にオンラインカジノで遊びたくなると
いうこともありませんでした。あるある大辞典の10日間理論が有効だという
ことがよく分かりました。

これからは、毎日毎日オンラインカジノで深夜まで遊ぶということはたぶん
少なくなると思います。

ただ、新しいゲームが出たりすると血が騒ぐのは仕方ないですね。それは
自分で許します。

禁カジノ中に、新潮社から出た『ザ・カジノ 完全ガイドブック』という
本を書店で見つけました。感動するほど面白い本でした。

カジノの歴史、国ごとのカジノ事情、カジノ史上の偉人伝、ゲームごとの
攻略法、マネーシステムの概観など、とても網羅的なのですが、とても
深い本です。そして、本当に新しいデータが満載です。知らなかったことや
意外な事実が沢山書いてありました。

著者の黒野十一氏のカジノに対する愛情が全編にあふれていて、読んで
いてかなり幸せな気分になりました。

次号でもう少し詳しく内容を紹介したいと思います。待ちきれない方は
買って読んでみてください。

『ザ・カジノ 完全ガイドブック』 黒野十一著
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104188026/

【追伸1】

 dionのメールアドレスの方から、ラッキーナゲットカジノの件でメールを
 いただいたのですが、どうしても返信がうまくいきません。「何日も
 経つけど返信がないぞ」という心当たりのある方は、お手数ですが、
 他のアドレスから再送していただけると助かります。

【追伸2】

 ウェブサイトのトップページにミニアンケートを設置しました。好きな
 ソフトウェアは?という質問です。マイクロゲーミングが独走状態ですが、
 もしよかったら、一票をお願いします(カジノ関係者の組織票はやめて
 くださいね!)。

  → http://www.onlinecasinofan.com/

【追伸3】

 前号でご紹介したCasino Robotの価格が改定されると同時に、デモ版が
 ダウンロード可能になりました。さらにサイトにFAQも追加され、また、
 支払い方法もWestern Unionだけだったのが、PayPalも可能になりました。

 ちょっと試してみて、面白かったら次号で取り上げたいと思います。

  → http://www.casinorobots.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「オンラインカジノファン ニュースレター」
 配信数: 合計 2,995
 (まぐまぐ 2,245 + メルマガ天国 649 + Melma! 69 + Macky! 32)
 無断転載・無断引用はしないでください。
 発行責任者: ocf メール: ocf@naver.co.jp
 購読・解除はこちらから → http://www.onlinecasinofan.com/news.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ