プレイテック vs クリプトロジック ( 2006年08月11日 )

イギリスで人気のあるスポーツブック&カジノのUkbetting Plc.という会社があります。

オンラインカジノとポーカーでクリプトロジックのソフトを使っています。今年の1月には、クリプトロジックとの契約を2008年まで延長したというニュースがありました。

でも昨晩飛び込んできたニュースによると、カジノについてはプレイテックに変更するということです。

Contract Win (Playtech)
http://www.playtech.com/html/main.php?page=41&id=99

プレイテックというと、他のソフトを使っているオンラインカジノを次々と「誘惑」して成功していることで有名です。古くはサニーグループやキウイカジノ、最近ではBet365やアクロポリスなどがプレイテックに変更しています。

またか、という印象です。

そんな中、プログレッシブジャックポットだけはクリプトロジックがミリオネアズクラブの400万ドル弱で独走中だなと思っていましたが、ここでもプレイテックが健闘中です。

まず、ゴールドラリーが147万ドルを超えています。ゴールドラリーとしては歴代4位の水準です。

それから、ダイヤモンドバレーが過去最大額に達していて、現在約42万ドル弱です。

いずれも、いつ出てもおかしくない水準に見えます。

ただ、クリプトロジックもミリオネアズクラブだけが注目される中、ひそかにRags to Richesで過去最大額に迫る38万ドル弱というジャックポット額になっています。

これも、もうそろそろ出るのではないでしょうか。



コメント

「 プレイテック vs クリプトロジック 」へのコメントはまだありません。

「 プレイテック vs クリプトロジック 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ