カレーはどこに消えた? ( 2006年02月12日 )

なまった英語の新フルーツマシンということで、ラドブロークスカジノで導入された新ゲームCash 'n' Curryについて数日前にお知らせしました。

ノリが良くて楽しいため、「デモモードで遊んでみるか」と今日ラドブロークスカジノを開いたところ、あるはずのこのゲームがありません。

チャットサポートに質問してみると、「今はいったん停止しているが、できるだけ早く復帰させます」ということでした。

さすがにあのバカにしたような絵とボイスにはインド人からクレームがついたかな、と思いました。クレームがついたからには、毒が抜かれたような無難なゲームに変身して再リリースか、と少し残念に感じました。

その後、いつものようにCasinomeisterの掲示板を眺めていると、まさにこのゲームCash 'n' Curryについての投稿がありました。

Ladbrokes Alert!!
http://www.casinomeister.com/forums/online-casinos/11118-ladbrokes-alert.html

ここに書かれているのは、けっこう驚くようなことです。つまり、元手3ポンドでプレイを始めて、2分の間に何度も大きな勝ちが続いてそれが230ポンドになり、さらにその後、予測できるようなパターンでの勝ちが何度も続いたというのです。そして、このプレイヤーは昨日ゲームが消えていることに気がついたということです。

おそらくパターンに気づいた人が殺到して攻略しまくったのでしょう。

イギリスのパブにあるフルーツマシンの中には、そうした攻略法が存在するものもあるそうです。そして、フルーツマシンのコミュニティでは、そうした濃い情報がやりとりされているということです。「オンラインにこんなおいしいのがあるぞ!」と情報がかけめぐった可能性は大きいです。

もしかしたらオフラインのフルーツマシンプレイヤーの目をオンラインに向けるための意図的な試みだったのかもしれません。

いずれにしても一度リリースされたゲームがこういう理由で撤回されるのはとても珍しいことです。そして、こういうことがあるのであれば、とりあえず新ゲームはいろいろやってみるというのも一つの手かもしれません。

(ただし、忘れていけないのは、多くのカジノでは「ソフトの異常等の場合、結果は無効とする」とか、または伝家の宝刀の「いかなる件も最終決定権はカジノが持つ」という条項がTerms & Conditionsに含まれていることです。さすがにラドブロークスほどの懐の深いブランドであれば、ケチなことをしないとは思います。が、マイナーブランドではそうした条件の乱用も起こり得ると思います。)



コメント

Ladbrokesのデモモードを何度かプレイし、
よく出るので調子にのって32redでリアルプレーしました。
初回どうにか勝ち越すも2回目に大負けしてしまいました。
その後も何度かLadbrokesでデモプレイするのですが
Ladbrokesのデモモードはよく出ます(笑

by tom : 2006年03月05日
「 カレーはどこに消えた? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ