eCOGRAとマルタの合意 ( 2006年04月13日 )

マルタはEUに属する国ですが、オンラインギャンブルの運営免許(ライセンス)を発行していることでも知られています。

そのマルタが、運営免許の発行に際し、eCOGRAの基準をパスしているソフトウェアを使用する運営者については、ソフトの公正性審査を軽くするという方針を明らかにしました。

もちろんeCOGRA認定カジノでなくてもライセンスを受けられるのですが、eCOGRA認定カジノの場合はより簡単にライセンスが取得・維持できることになります。

運営者にとっては二重の手間が省けていいことでしょう。

それだけでなく、プレイヤーとカジノの間のトラブルの仲裁にも、eCOGRAとマルタのThe Lotteries and Gaming Authority of Malta (LGA)が協力してあたるということです。

カナダのKahnawakeとeCOGRAの間でも同様の合意がすでにありますが、これはeCOGRAの基準が信用されているということの証です。

eCOGRAについて



コメント

「 eCOGRAとマルタの合意 」へのコメントはまだありません。

「 eCOGRAとマルタの合意 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ