No. 147 オンラインカジノファンニュースレター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        オンラインカジノファン ニュースレター

http://www.onlinecasinofan.com No.147
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。ocfです。

Yahoo!でおみくじを見つけて、ここしばらく毎日占っていました。
なにやら、ギャンブル運も占えると書いてあります。

▼Yahoo!占い おみくじ
 http://fortune.yahoo.co.jp/fortune/omikuji/

今朝占ってみると大吉でした。当然ですが、オンラインカジノへ直行です。

最初のカジノでは、なぜか即撃沈。

次もなんだかんだで粉砕されました。

その次は・・・


やはりダメ。


そして、また次・・・


と、繰り返すこと7カジノ。

結局全部負けました。


結論

「日本のおみくじでは海外が拠点のオンラインカジノのことは占えません」


───────────────────────────────────
私はこのオンラインカジノを推薦します。
───────────────────────────────────

こちらのページで見てください。
 → http://www.onlinecasinofan.com/recommend.php


───────────────────────────────────
今号の内容です
───────────────────────────────────

■Got2Betも賞を発表
■WTOでの動き
■世界最大カジノオンネットの独走態勢?
■寒い時に暖まりそうなスロット
■Thunderstruckのランドカジノ版
■Treasure Nileの携帯版
■確定申告の時期ですね
■真剣な攻略エキスパートが増加?
■巨大ハンド数のビデオポーカー
■朝日新聞がオンラインカジノ特集
■NETellerのサイトが見られない方へ
■Beat The Boss
■マイクロゲーミングの2月のゲームリリース情報


───────────────────────────────────
Got2Betも賞を発表
───────────────────────────────────

既にお知らせしたとおり、先日Casinomeisterが賞を発表しました。
ベストカジノには、32レッドカジノが選定されました。

▼Casinomeister Best and Worst of 2004
 http://www.casinomeister.com/bestworst2004.html

そして、今週、Casinomeisterと並ぶ人気ポータルのGot2Betも、
注目されていた賞を発表しました。

▼Got2Bet Online Gaming Awards 2004
 http://www.got2bet.com/2004awards.php

内容は以下のような感じです。

・Best Overall Casino (総合最優秀カジノ)
 キングネプチューンズカジノ

・Best New Casino (最優秀新カジノ)
 レイクパレスカジノ

・Most Reputable Casino (最も評判のよいカジノ)
 32レッドカジノ

・Best Support (最優秀サポート)
 トランデントグループ (キングネプチューンズ等)

・Best Website (最優秀ウェブサイト)
 ファーストウェブカジノ

・Best Casino Theme (最優秀テーマ)
 ハバナクラブカジノ

・Best Promotions (最優秀プロモーション)
 インターカジノ

ちなみに、1年前のGot2Betの最優秀カジノ賞はオールスロッツでした。

いずれにしても、マイクロゲーミング系カジノの寡占状態です。


───────────────────────────────────
WTOでの動き
───────────────────────────────────

昨年の11月にこんな動きがありました。覚えている方、いますか?

▼WTO が米国のオンライン賭博禁止にノー
 http://japan.internet.com/ecnews/20041111/12.html

このWTOの裁定に対してアメリカ側は不満をあらわしていましたが、
予想通り先月WTOで控訴しました。

▼US Launches WTO Appeal (英語)
 http://www.onlinecasinonews.com/ocnv2_1/Article/article.asp?id=7134

控訴しても裁定が覆される可能性は少なそうな雰囲気ですが、また控訴の結果
が出るまでかなり時間がかかるでしょう。

こんなニュースが我々に関係あるの?というと、実は大有りです。

もしこれでアメリカが負けるとすると、政府が海外のオンラインギャンブルで
の賭けを禁止することができなくなります。

そうなると、将来的に日本政府が日本居住者が海外のオンラインカジノで
遊ぶことを禁止しようとした場合に、アンティグアが同様にWTOで日本政府
を訴えれば、同じような裁定(禁止はダメ)が出ることになるからです。

というわけで、今後も注目です。


───────────────────────────────────
世界最大カジノオンネットの独走態勢?
───────────────────────────────────

カジノオンネットのプレイヤー数が1,000万人を超えたというニュースは、
そう古いものではありません。まだ1年はたっていません。

それが、最近の発表によると、数字が1,300万人まで膨れ上がったという
ことです。

これは、カジノオンネットが昨年からサッカーのプレミアリーグのチームや
ダーツの世界選手権のスポンサーになっていることで知名度が上がったため
と考えます。

ロンドン在住の方の話では、本当に街中にカジノオンネットの宣伝があふれて
いるということのようです。

それにしても、すごい人数です。

▼カジノオンネットの街頭広告写真はこちらで見れます
 http://www.onlinecasinofan.com/casinoonnet.php


───────────────────────────────────
寒い時に暖まりそうなスロット
───────────────────────────────────

ここのところ本当に寒い日が続いていますが、こういうときはカジノでも
暖かそうなゲームをして、気分だけでも暖かくなりたいものです。

それで、暖かくなれそうなイメージのスロットをいくつかピックアップして
みました。

■Spring Break (スプリングブレーク)

 おなじみのマイクロゲーミング系のビデオスロットです。
 プールや海岸でくつろいでいる画像はいかにもです。

 外の寒さを忘れさせてくれます。

■Tres Amigos (トレスアミーゴズ)

 プレイテック系の比較的地味な1ラインのスロットですが、ラテン系の
 暑そうなおじさんの顔を見ていれば、寒さは感じませんね。

 機能的にはなんの変哲もないスロットですが、当たると大きいです。

■Love Bugs (ラブバグズ)

 これは違う意味で熱々のスロットです。クリプトロジック系です。

 左端と右端のリールにそれぞれ男女の虫のキャラが出ると、虫のカップル
 が仲良くゴンドラに乗って、熱いボーナスステージの始まりです。


といっても、どのゲームであってもオンラインカジノで遊ぶこと自体で十分
熱くなれますね。


───────────────────────────────────
Thunderstruckのランドカジノ版
───────────────────────────────────

ロンドンのICE (1月25日~27日)からの情報ですが、マイクロゲーミング系の
超人気スロットのThunderstruck(サンダーストラック)がランドカジノに進出
するそうです。

既にスロットの実機が完成していて、デモが行われていたということです。

ラスベガス等のカジノに行ったらあの羊に会えるというのも、なかなか面白い
話です。

こういう動きはこれまでになかったと思いますが、加速していく可能性も
あります。

ランドカジノからの収益も上がるとなれば、開発にもっとお金をかけること
ができ、更に面白いゲームが増えるのではないかと期待してしまいますね。


───────────────────────────────────
Treasure Nileの携帯版
───────────────────────────────────

ランドカジノ版の次は携帯版です。

マイクロゲーミングとSpin3という会社が提携して、世界中で使われている
WAP形式のインターフェースの携帯電話で動くオンラインカジノのソフト
GameWireを開発しました。

▼GameWireのゲーム一覧
 http://www.spin3.com/games.php

これを見ると分かるのですが、プログレッシブスロットのTreasure Nile
(トレジャーナイル)も含まれています。

これはなかなかいいですね。

早速イギリスのラドブロークスが採用を決めたそうです。

日本では、NTTが頑張りすぎたせいで携帯電話の分野では日本独自の仕様の
ものを使っているという状況なので、今後こういうものがどんどん出てきても
残念ながらなかなか遊べるようにはなりませんね。


───────────────────────────────────
確定申告の時期ですね
───────────────────────────────────

2月になり、書店でも確定申告に関する本が目立つようになりました。

そうです。税金の話です。

オンラインカジノで儲けた収入も、競馬などのギャンブルの配当と同じと
考えれば、50万円を超えた場合、一時所得として申告してその分の納税を
しないといけないことになります。

ただ、申告して税金を払ったという話をこれまで聞いたことがありません。

もし実際に経験した方がいらっしゃいましたら、その貴重な体験談を教えて
もらえないでしょうか。

よろしくお願いします。


───────────────────────────────────
真剣な攻略エキスパートが増加?
───────────────────────────────────

最近気がついたことがあります。

ルーレットを中心としたオンラインカジノのゲームの実際のデータを大量に
集めて統計的に真剣に解析している人が増えているような気がします。

その関連の質問メールをたまにいただきます。

以前は、「5回連続して赤が出たら、6回目から黒に賭けはじめて、そこから
マーチンゲールをすれば必ず勝てます」という思わず微笑んでしまうレベルの
メールが結構ありましたが、大量のデータを収集してプログラムを組んで
解析する人というのは、これまであまり聞いたことがありませんでした。

どうやらカジノのゲームサーバで動いている乱数生成プログラムに一定の
パターンがあるということらしいのですが、私は難しいことが分からないので
詳しいことは聞いてもいません。

ただ、先日「これほど効果があるのに各カジノのマックスベット額が低すぎて
なかなか大金を儲けることができない。どうしたらいいか?」というメールを
いただくに至り、本当に有効な方法があるのかもという気になってきました。

とはいえ、もし同じ人が一つのカジノのルーレットで勝ち続けるようなことを
していれば、どうなるでしょうか?

カジノ側も必ず気がつくはずなので、乱数プログラムのパターンを変更したり
それなりの対応をとってくると思います。

ですから、方法を見つけたといっても、その方法で永遠に儲かるという保証は
どこにもありません。

でも、「ルーレットは他のゲームよりハウスエッジが高いから攻略は無理だ」
と最初から決め付けたりしないで可能性を追求するその姿勢には感服します。


───────────────────────────────────
巨大ハンド数のビデオポーカー
───────────────────────────────────

インペリアルカジノ等のグランドバーチャル系のカジノに50、100、それに
500ハンドのビデオポーカーが登場しています。

なかなかすごいゲームです。

インターフェースがちょっと貧しくて、どちらかと言うとRTGの100ハンド
のほうが分かりやすいのですが、ともかく思い切ったことをしたものです。

現在は10ハンドまでしかないマイクロゲーミングも、4月あたりに100ハンド
のものをリリースするという噂があります。

この方向でエスカレートしていくのでしょうか?


───────────────────────────────────
朝日新聞がオンラインカジノ特集
───────────────────────────────────

2月5日の朝日新聞朝刊の「be」に、オンラインカジノについての記事が
掲載されました。

ネットでも見ることができます。

▼ネットカジノが増殖中 海外に拠点、ゲーム画面は日本語も
 http://www.be.asahi.com/20050205/W13/0045.html

ネットでは分かりづらいのですが、実際の紙面を見ると、とても大きな
扱いです。スクリーンショットのカラー写真も大きく載っています。

アングラカジノの売上げがどんどん減少していて、その一部はオンラインへ
流れているのではないか、という考察など、初めて聞く話もあって、なかなか
読み応えがありました。

でも、クレジットカード会社に「なぜオンラインカジノで使えないのか」と
苦情を言う人が毎日何人もいるというのは面白いですね。

新聞やテレビのニュースに過去何度かオンラインカジノが登場しましたが、
それらは予断に基づいたいい加減なものが多かった印象があります。

ですが、今回の朝日新聞beのこの記事はかなり丁寧にまとめてあって、
なかなかだと思いました。

皆さんはどう読みましたか?


───────────────────────────────────
NETellerのサイトが見られない方へ
───────────────────────────────────

NETellerのサイトが開けなくなったというメールを最近毎日いただきます。

そのほとんどがocnのユーザーで、ネットカフェからは問題なくつながると
いうパターンです。

これはNETellerのウェブサイトのアドレスの情報を保管するDNSサーバーと
ocnとの間に何か問題があるためではないかと推測していますが、まだ解決
していないようです。

海外でも同様のトラブルに遭っている人がいます。

そういうトラブルにあっている人は、http://209.89.100.66/ に
アクセスしてみてください。見ることができるかもしれません。

この方法は、人気のオンラインカジノ掲示板「ひゃっほうジャパン」で
知りました。

▼ひゃっほうジャパン
 http://jbbs.livedoor.jp/game/15823/

なお、通常使っているパソコン以外のパソコンからNETellerのアカウントに
ログインすると、別人による不正使用の疑いありということで、NETellerの
ほうで一時的にアカウントをロックすることがあります。

そういう場合は、NETellerのサポートに電話すると解除してくれます。
(日本人スタッフまたは通訳がいるので問題なく話せると思います)


───────────────────────────────────
Beat The Boss
───────────────────────────────────

卓見さんのBeat The Bossですが、「遠征」のためか更新が止まっています。

▼Beat The Boss
 http://www.daha-casino.com/boss/bossmedia.htm

来週あたりは更新に期待できるでしょうか!?


───────────────────────────────────
マイクロゲーミングの2月のゲームリリース情報
───────────────────────────────────

1月は新ゲームのリリースがなかったマイクロゲーミングですが、2月の
終わり頃に新しいゲームをいくつか導入するようです。

Cabin Fever、Frost Bite、Mermaids Millionsという3つの新スロットの
名前だけ聞きました。

さらに、Aces & Eightsという新しいビデオポーカーもこのタイミングで
リリースされるという噂もあります。

今年も、日本語版ソフトの登場を含めてマイクロゲーミングには期待が
高まります。


───────────────────────────────────
キャンペーンの情報です
───────────────────────────────────

■世界のカジノオンネットが日本人限定キャンペーン

 実は、カジノオンネットに対して、過去に何度か「日本人に限定した
 プロモーションをしたらどうですか」と提案したことがあります。

 それに対する答えは、「我々は世界最大のブランドで100カ国以上に
 プレイヤーがいる。日本だけの特別扱いなどしないのだ!」という
 感じのものでした。

 なので、カジノオンネットはこういうことをしないと思っていましたが、
 初めて実施するようです。
 
 2月にアカウントを開いて初回入金した日本人プレイヤーの中から抽選で
 一人にペアで行く5日間ハワイ旅行が当たるというキャンペーンです。
 
 とりあえず、ありがたがらないと怒られるような気がしますね。

 ちなみに、既存のプレイヤーにも、日本人限定ではないですが、豪華な
 キャンペーンが続いています。
 
 http://www.onlinecasinofan.com/casinoonnet.php

■バレンタインの作文で豪華賞品が当たります

 オールスロッツでは、2月13日までの間に$100以上入金して$100以上賭けた
 人のうち、バレンタインにちなんで valentines@jackpotfactory.com 宛に
 自分の好きなもの(人、ペット、宝物など)に関する作文を送った人の中から
 抽選で以下のような賞品をプレゼントします。

 1等 1名 モバドの腕時計
 2等 10名 自分の好きなレストランでの食事(または相当額)
 3等 50名 $100の賞金

 カジノもいろいろなことを考えますね。メールするときは名前とカジノの
 アカウント番号を忘れずに書くようにしてください。

 http://www.onlinecasinofan.com/allslots.php

■インターカジノではトーナメントのキャンペーン他

 カリビアンスタッドポーカーのトーナメント(参加料$25)で、総額$5,000の
 賞金が合計13人に当たるということです。
 詳しくはインターカジノからの案内メールを見てください。

 http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php

■イングリッシュハーバーで2月は毎週$5,000が当たります

 2月は、$50を入金して、毎週の指定のゲームで$50を賭けると、抽選で
 以下のような賞金が当たります。

 $1,000 x 1名、$100 x 30名、$50 x 20名

 指定ゲームは以下の通りです。

 1~7日:FARMING FUTURES
 8~14日:KING TUT'S TREASURE
 15~21日:ACES and FACES
 22~28日:RED WHITE and WIN PROGRESSIVE

 http://www.onlinecasinofan.com/englishharbour.php


───────────────────────────────────
ウェブサイトの最近の更新内容です
───────────────────────────────────

キングネプチューンズカジノの初回ボーナスが変更されました。
http://www.onlinecasinofan.com/kingneptunes.php


───────────────────────────────────
後記
───────────────────────────────────

今回の朝日の記事はかなり大きな扱いで驚いたのですが、また来週には大手の
某雑誌がオンラインカジノの記事を掲載するということです。

そして、インペリアルカジノの情報によると、パソコン関連等の雑誌4誌に
今月中に関連記事が掲載されるそうです。

今年は、オンラインカジノの露出の機会が増えそうな感じですね。

【追伸】

家族とともにしばらく風邪をひいていました。

インフルエンザが猛威をふるいつつあるということですので、皆さんも
じゅうぶん注意してください。

カジノで遊ぶにも健康第一です。

ちなみに、「風邪予防は手洗い、インフルエンザ予防はうがい」だそうです。

───────────────────────────────────
オンラインカジノファンニュースレター No.147
発行責任者: ocf
質問、要望など気軽にメールで → http://www.onlinecasinofan.com/fmail/
購読と解除はこちらで → http://www.onlinecasinofan.com/news.php

ページトップへ