No. 150 オンラインカジノファンニュースレター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        オンラインカジノファン ニュースレター

http://www.onlinecasinofan.com No.150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。ocfです。

春一番が吹いたと思ったら、また寒い日が続きますね。

こう寒い日は暖房のきいた暖かい部屋でオンラインカジノを・・・、と毎回
同じようなことを書いてますが、結局好きだってことですね。

───────────────────────────────────
今号の内容です
───────────────────────────────────

■Beat The Bossでオークション
■マイクロゲーミングの新ゲームが2月28日に登場
■カジノのイントロムービーの話
■アメリカで英雄的な反逆(?)の動き
■キングネプチューンズでまた日本人がプログレッシブをヒット
■ギャンブリングフェデレーション騒動と個人情報保護
■日本円で遊びますか?
■一風変わったじゃんけんゲーム登場
■変なキャラ大賞?
■NETellerではマスターカードは使えません
■マイクロゲーミング日本語ソフトに遅れ

───────────────────────────────────
私はこのオンラインカジノを推薦します。
───────────────────────────────────

こちらのページで見てください。
 → http://www.onlinecasinofan.com/recommend.php


───────────────────────────────────
Beat The Bossでオークション
───────────────────────────────────

ご存知の通り、打破カジノの卓見さんのBeat The Bossで、Beat The Houseと
いう素晴らしい旅行記が公開されています。

▼Beat The Boss、Beat The HouseそしてBETMAN
 http://www.daha-casino.com/boss/bossmedia.htm

で、BETMANですが、特別企画としてオークションが開かれています。
BETMANコーナーの「オークション会場」です。

実は〆切が2月26日(土)の23時なので、これを皆さんが読んでいる時点で
既に終了しているかもしれません。

間に合う人がいたら、ぜひチェックしてみてください。


───────────────────────────────────
マイクロゲーミングの新ゲームが2月28日に登場
───────────────────────────────────

既にお伝えしている通り、2月28日(一部カジノは3月1日)に、マイクロ
ゲーミングの新ゲームが5つリリースされます。

(1) Vegas Craps ベガスクラップス

 クラップスの変形らしいのですが、あまりよく分かりません。
 賭け方やオッズが普通のクラップスとはちょっと異なるようです。

(2) Aces and Eights アイセズアンドエイツ

 ペイアウト率 99.08%という噂を耳にしましたが、ランドカジノでは
 それなりに人気があるマシンのようですね。

(3) Frost Bite フロストバイト

 3リール1ライン、最大ベット2コインの普通のスロットです。
 ワイルドで2倍、4倍になります。1コイン$0.25~$10です。

 なぜこんな地味な機種をいまさら導入するのか分かりませんが、たぶん
 こういうのが好きな人もいるんでしょう。

(4) Cabin Fever キャビンフィーバー

 5リール20ラインのビデオスロットです。
 Thunderstruckをベースにしているということで、ちょっと期待できます。

 フリースピンは20回で、配当は2倍になります。

(5) Mermaids Millions マーメイズミリオンズ

 Tomb Raiderをベースにした5リール15ラインのビデオスロットです。
 これもフリースピン付きで、その間の配当は3倍になります。

 さらに宝物ボーナスステージもあります。
 マーメイズミリオンズは、グラフィックとサウンドが楽しみです。

というわけで、完全な新機軸は無いので、待ちきれないほどワクワクする
ということもないリリースです。

でも、「新ゲームは開放設定の法則」を信じて、楽しみにしましょう。

▼新ゲームはマイクロゲーミングの主要カジノで
 http://www.onlinecasinofan.com/microgaming.php


───────────────────────────────────
カジノのイントロムービーの話
───────────────────────────────────

オンラインカジノの変な楽しみ方として、カジノによるディーラーの声の
違いを味わうというものがありますが、また異なる楽しみ方を知りました。

Casinomeister(カジノマイスター)の掲示板でこんな話題がありました。

▼Microgaming Intro Movies (英語)
 http://www.casinomeister.com/forums/showthread.php?t=7363

マイクロゲーミング系カジノのソフトの起動時に映されるイントロムービーは
どれがいいか?という話です。

私は普段あまり意識しないですぐにスキップしてしまうのですが、今回、
改めてざっと見てみました。

すると、結構差があることに気がつきました。

こういう部分は短期的な利益には直結しないので、カジノによってはあまり
お金をかけたくないのかもしれません。

たとえば、オールスロッツカジノはひどいです。全然ダメです。
なんだこれの世界です。

ルビーフォーチュンも明らかに手抜きです。

サンベガスもイマイチです。

逆に私が好きなのは、32レッドです。
これは多くの人が同意するのではないでしょうか。

ジャックポットシティの疾走感のあるイントロもなかなかです。

キングネプチューンズも雰囲気があって非常に好感が持てます。

▼マイクロゲーミング系カジノのインストールはこちらから
 http://www.onlinecasinofan.com/microgaming.php

ちなみに、こんなギョッとする書き込みもありました。

「イントロムービーをスキップして中断してしまうとそのカジノでは
 勝てない!」

冗談半分の書き込みですが、今後はとりあえずスキップしないで全部見ようと
いう気になりますね。


───────────────────────────────────
アメリカで英雄的な反逆(?)の動き
───────────────────────────────────

アメリカのポーカーブームはすごいことになっていて、オンラインの
ポーカールームも大盛況です。

オンラインのポーカールームで賭けることは合法か非合法か?の議論は
すっかり放置されて、まさに事実上の解禁状態になっています。

これを見ていたノースダコタ州は、オンラインのポーカーを完全に合法化
して税収を増やそうということで、合法化する法律を議会で通しました。

実は、州の法律で合法化しても、州の憲法が修正されないと実行はまだ
できないそうです。でも、修正が可決される可能性は大いにあります。

基本的に、賭博に関する法律は州ごとにまちまちです。

完全に禁止している州もあれば、合法にして推進している州もあります。
そこに連邦政府の介入はありません。

ただし、オンラインでの賭博となると、どこの州からでもアクセスできます。
なので、州ごとに勝手に決めてよろしいということにはならなそうです。
連邦政府が介入してくるのかもしれません。

実際にどう進むのか、注目です。

もしここが成功すれば、当然他の州も続くでしょう。

ちなみに、計画によれば、ノースダコタ州の州立銀行が専用のクレジット
カードを発行して賭けに使えるようにするそうです。

実現すれば素晴らしいことです。


───────────────────────────────────
キングネプチューンズでまた日本人がプログレッシブをヒット
───────────────────────────────────

キングネプチューンズカジノで、また日本人がプログレッシブジャックポット
を当てました。2月18日です。

キングネプチューンズで日本人プレイヤーが当てたのは、これで6回目です。

今回は、スロットのWowPotで、金額は$11,422.95(約120万円)でした。

▼プログレの殿堂に追加されました
 http://www.onlinecasinofan.com/progressive.php


───────────────────────────────────
ギャンブリングフェデレーション騒動と個人情報保護
───────────────────────────────────

前号でお伝えした通り、ギャンブリングフェデレーション系のカジノで、
個人情報漏洩およびプレイヤーのPCデータ無断改ざんに関する騒動が
起こっています。

これについて、当のギャンブリングフェデレーションから日本語のお詫びが
届きました。

受け取っていない人もいるかと思いますので、ここに全文掲載します。

----------------------------------------------------------------------

お詫び
お客様各位

日頃は弊社をご愛顧頂き、厚くお礼申し上げます。
この度、Casinomeisterフォーラムに掲載されました「Gambling Federation
Malware」の件に関しまして、お客様ならびにお取引先様、関係者の皆様には
多大なるご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
弊社と致しましては、本件を厳粛に受け止め、再度このような事態が発生しな
いよう一層の管理体制の見直しと徹底を図り、お客様の信頼回復に全力を挙げ
ていく所存でございますので、何卒、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し
上げます。

Gambling Federation

----------------------------------------------------------------------

私のほうからは、今回の行為に対してプレイヤーに対する何らかの補償を
考えているのかどうか、同社に質問を送りました。

それに関する直接の回答はありません。

今回のような看過できない行為を見ると、いろいろ心配になります。

特に心配なのは、オンラインカジノに登録した情報がこうして簡単に漏れて
しまうことがあるのか?という点です。

以前も、オーストラリアでライセンスを受けている有名なラセターズカジノで
プレイヤーの個人情報(名前とメールアドレス)が流出したことがありました。

なので、絶対に起こらないということは言えません。

絶対に情報を守れるという確実な方策はなさそうですが、できるだけリスクを
減らすためには、やはり、実績があって名前の通ったカジノに固執するという
ことにつきると考えます。

その意味で、このギャンブリングフェデレーション系列のオンラインカジノで
あるビデオポーカークラシックを私のサイトで以前紹介していたことについて
今回率直に反省しました。

今後は、「安心できるカジノ」の選別については、従来より更に厳しい目で
のぞみたいと考えています。


───────────────────────────────────
日本円で遊びますか?
───────────────────────────────────

と、そのギャンブリングフェデレーション系のオンラインカジノで日本円が
導入されました。

私はもうこの系列では遊ばないのでどうでもいいのですが、今後ほかの
カジノも日本円を導入する可能性があるので、これについて考えてみました。

日本円のメリットとしてはこんなことでしょうか。

・為替変動に悩まされることがなくなる。

 これは大きいです。たとえば$1が110円のときに$1,000を入金して、
 少し勝って$1,100になって全額引き出したときに、もし$1が100円に
 なっていたとすると、円単位で考えると、110,000円を入金して110,000円
 が戻ってきたことになります。全然儲かっていません。

 逆に円安になればドルの数字以上に儲かってしまうこともあります。

 いずれにしても、日本円になれば、こういう外部的な要因で収支が変動する
 ことがなくなります。

・入出金時の往復手数料負担がなくなる。

 これも大きいです。ドルの場合、両替すると、たいてい$1につき1円程度
 の手数料が発生します。クレジットカードや電信送金でも同じです。

 入金時に1円、更に出金時にも1円となれば、それだけで現在のレートで
 言うと2%程度の手数料となり、大きなマイナス要素になります。
 日本円が単位になればこれがなくなります。

・賭けている金額を実感として把握しやすくなる。

 普段、「馬鹿ベット$1,000だ!」というようなことをしている人も多い
 かと思いますが、これが100,000円という表示だったらどうでしょう。

 急に「10万円か。DVDレコーダーとPSPが買えるなあ」と現実に戻り、
 あまり無謀な使い方をしなくなるのではないでしょうか。

・ボーナスがお得に見える

 $150ボーナスというと「ああ、そうか」と思いますが、「15,000円の
 ボーナス」とか「2,500円の入金不要ボーナス」であれば、これはかなり
 お得感がありますね。

逆に日本円のデメリットもあります。

・NETellerなどの代替手段の指定通貨が円以外

 NETellerやMoneybookersでの指定通貨はたいてい米ドルになっています。
 なので、ここから日本円のアカウントに無理に入金すると、その時に、
 転換に伴い為替手数料が発生します。カジノから引き出すときも同じです。

・海外発行の円建て小切手の問題

 もし払い戻しを小切手で受け取ると、その小切手は海外発行の円建ての
 小切手となります。以前ラセターズが円建ての小切手を発行していたときに
 経験があるのですが、こうした小切手の換金手数料は非常に高いです。
 驚くような金額でした。円だから手数料が安いというのは間違いです。

というわけで、一概には言えないのですが、私は今はNETellerを愛用している
ということもあり、あまり魅力はないかもしれません。


───────────────────────────────────
一風変わったじゃんけんゲーム登場
───────────────────────────────────

グランドバーチャル系のカジノにRoshamboというじゃんけんゲームが登場
しました。

最初はカジノラックスだけだったようですが、既にインペリアルカジノにも
導入されています。

このじゃんけんには、いろいろな付帯機能があって、アンテを積むと内容に
よっては10倍の配当がついたりします。

意外とこういう単純なゲームも面白いのかもしれないな、と感じました。


───────────────────────────────────
変なキャラ大賞?
───────────────────────────────────

サンベガスカジノに日本語ウェブサイトがあることを知っていますか?

▼サンベガスカジノの案内
 http://www.onlinecasinofan.com/sunvegas.php

サンベガスのサイトを開いて、一番下に「In Japanese」と書いてあるところ
をクリックすると、日本語サイトとなります。

日章旗風の模様とともに描かれているキャラクターは何でしょうか!?

笑ってしまうしかないのですが、日本人受けを考えてここに至ってしまうと
いうのも困りものです。

サンベガスカジノの本来のイメージとは全く関係ない雰囲気になっていて、
どうかしているという感じです。

「Match Bonus」が「競技ボーナス」と訳されているのも苦笑するしか
ありません。

ちなみにこのカジノ、日本語のサポートはありません。

いいグループなだけにこういう中途半端はちょっと残念ですね。


───────────────────────────────────
NETellerではマスターカードは使えません
───────────────────────────────────

今週ある方からNETeller(ネッテラー)の入金(Deposit)のクレジットカードの
ところにVISA(ビザ)だけと書いてあるという情報をいただきました。

恥ずかしながら気がついていませんでした。

確かにVISAだけになっています。

サポートにMasterCard(マスターカード)はいつから使えなくなったの?と
質問しましたら、「昨秋」という答えでした。

いつのまにかそうなっていたんですね。

MasterCardはオンラインギャンブルには否定的なスタンスを取り続けて
いますので、これもその一環なのかもしれません。

Moneybookers(マネーブッカーズ)も、Mastercardのクレジットカードで
入金した分に関しては、オンラインカジノでは使用することはできません。

これはMasterCard側の規制のようです。

逆に言えばVISAはオンラインギャンブルに厳しくないし規制もしていないと
いうことになるので、私たちとしては、VISAが今後心変わりしないことを
祈るだけですね。


───────────────────────────────────
マイクロゲーミング日本語ソフトに遅れ
───────────────────────────────────

2月にリリース予定と伝えられていたマイクロゲーミングの日本語版ソフト
の開発が遅れているようです。

最近の噂では、3月初旬もしくは3月末という情報もあります。
おそらく3月末あたりまでずれこむのではないでしょうか。

日本語版限定のゲームがいくつかあったりすると面白いのですが、そういう
こともないようです。なので、リリースされてもとりあえず静かな船出に
なりそうな気もします。

ただ、各ゲームのルールを説明したヘルプの部分が日本語化されると助かる
人も多いと思いますので、やはり期待してしまいますね。


───────────────────────────────────
キャンペーンの情報です
───────────────────────────────────

■カジノオンネットの日本人限定キャンペーン、間もなく終了

 まだの人は最後のチャンスです。

 2月にアカウントを開いて初回入金した日本人プレイヤーの中から、
 抽選で1人に5日間ハワイ旅行(ペア)が当たるというキャンペーンです。

 http://www.onlinecasinofan.com/casinoonnet.php

■ベルロックグループでは、2月は総額10万ドル。もうすぐ終了。

 ベルロックグループ(ゲーミングクラブ、ラッキーナゲット、リバーベル、
 ジャックポットシティ、ゲーミングクラブジャパン等)では、2月は
 $2,000ボーナスが毎日1人に当たる抽選をしています。

 更に月の終わりには抽選で一人に5万ドルが当たる抽選も行われます。

 いずれかのカジノで$100以上を入金して$1,500以上を賭けるごとに
 エントリー資格がもらえます。

 ゲームによって入手できるエントリー数(抽選権)が違います。
 例えばスロットで賭けた場合は3エントリー、ルーレットは2エントリー、
 ビデオポーカーやブラックジャックは1エントリーといった感じです。

 このページで、名前とアカウント番号とメールアドレスを入れて、更に
 Your Dreamのところに$50,000で買えそうな欲しいものを書いて、
 チェック枠にチェックして、Enter Nowを押せば参加手続き完了です。
 http://www.bellerockgaming.com/indulge

■オールスロッツでは毎時間$50が当たります

 オールスロッツを含むジャックポットファクトリーグループのカジノでは
 $100以上入金して遊んでいると、1時間に一人が選ばれて$50がプレゼント
 されます。2月中ずっとなので、28日 x 24時間で合計672人です。

 http://www.onlinecasinofan.com/allslots.php

■イングリッシュハーバーで2月は毎週$5,000が当たります

 これも間もなく完了です。

 2月は、$50を入金して、毎週の指定のゲームで$50を賭けると、抽選で
 以下のような賞金が当たります。

 $1,000 x 1名、$100 x 30名、$50 x 20名

 22~28日の指定ゲームはRED WHITE and WIN PROGRESSIVEです。

 http://www.onlinecasinofan.com/englishharbour.php


───────────────────────────────────
ウェブサイトの最近の更新内容です
───────────────────────────────────

よくある質問に「これまで賭けた金額を知るには?」を追加しました。
http://www.onlinecasinofan.com/faq.php

主要カジノのペイアウト率を更新しました。
http://www.onlinecasinofan.com/payout.php


───────────────────────────────────
後記
───────────────────────────────────

先週、Got2BetのSpearmasterさんが来日していたので、会いに行きました。

▼Got2Bet
 http://www.got2bet.com

オンラインカジノに関するいろいろな話が聞けたのですが、ひとつとても
うらやましかったことがあります。

それは、マン島TTレースで有名なマン島で1月に開かれたマイクロゲーミング
の新本社移転パーティーに彼が招待された、ということです。

ちなみに、世界に星の数ほどあるオンラインカジノのポータルサイトの管理人
のうちこのパーティーに招かれたのは、彼とCasinomeisterの2人だけです。

▼Casinomeister
 http://www.casinomeister.com

「マイクロゲーミング信者」の私としては、マイクロゲーミングの本社は
いちどは「巡礼」してみたい夢の場所です。

一番奥の暗い部屋で、幹部風のおじさんがプログレッシブジャックポットの
当たりボタン(たびん赤色)を「今だ!ポン!」と押しているのでは?という
妄想がふくらみます。

【追伸】

22日(火)に発売された週刊FLASHに、オンラインカジノの記事が掲載され
ましたね。どこかで見覚えがある名前もありました。

取材協力の呼びかけに応えてくださった方々、ありがとうございました。

【追伸2】

今週は、前2週とはうってかわって不調続きで、マイナスでした。

ビデオポーカーの勝ち分を全部Tally Hoにつぎこんでしまいました。
まさに魔性のスロットです。

【追伸3】

2月19日にMoneybookersの対応の遅さについてメールを送ってくれた方
(イニシャルKさん)がいるのですが、メールアドレスが違っているらしく
メールが戻ってきてしまいます。これを読んでいたら、お手数ですが正しい
アドレスを教えてください。連絡待ってます。

【追伸4】

ウィンドウズROMという雑誌の最新号に、いくつかのオンラインカジノや
ポータルサイトとともに、私のサイトも掲載されました。

ネットギャンブルでボロ儲けという記事です。

▼ウィンドウズROM!2005年3月号
 http://book.mycom.co.jp/winrom/01863-03-05.shtml

最近オンラインカジノが取り上げられることが増えています。

初心者のプレイヤーも増えているようですので、既に1年以上遊んでいる人は
先輩風を吹かすいい機会ですね(笑)

───────────────────────────────────
オンラインカジノファンニュースレター No.150
発行責任者: ocf
質問、要望など気軽にメールで → http://www.onlinecasinofan.com/fmail/
購読と解除はこちらで → http://www.onlinecasinofan.com/news.php

ページトップへ