No. 154 オンラインカジノファンニュースレター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        オンラインカジノファン ニュースレター

http://www.onlinecasinofan.com No.154
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。ocfです。

「オンラインカジノって不親切だなあ。もう嫌になった!」と思う人がいても
不思議ではありません。

と、最近よく思います。

オンラインカジノがこの世に出現して今年で10年が経ちます。

でも、10年経ったわりには、成熟したとは言えません。

特に最近のキャンプテンクックスのグループの騒ぎを見ていたりすると、
「こんなことがまかり通るのなら嫌になるのも当然」と思います。

オンラインカジノに関わり続けている人間として少し悲しい気もします。
でも、悲しんでいても何にもなりません。

よりよくするために、自分なりに情報発信を続けていくしかありません。

と、最初からわけの分からないことを書いていますが、春だからOKですね。


───────────────────────────────────
今号の内容です
───────────────────────────────────


───────────────────────────────────
私はこのオンラインカジノを推薦します。
───────────────────────────────────

こちらのページで見てください。
 → http://www.onlinecasinofan.com/recommend.php


───────────────────────────────────
マイクロゲーミングViperの挙動が修正されました
───────────────────────────────────

2月末の新ゲームリリースと同時にマイクロゲーミングのViperの一部の
スロットとビデオポーカーの表示がぎくしゃくしたり色がおかしくなったり
していました。

この問題が今週いつのまにか解決されていました。

ビデオポーカーファンの私としては非常にホッとしました。

一部のマイクロゲーミング系ではまだそのままになっているようですが、
一週間以内にはどこも自動的にアップデートされるのではないでしょうか。

▼マイクロゲーミングViperカジノ
 http://www.onlinecasinofan.com/microgaming.php


───────────────────────────────────
All-in Stadiumでの激闘
───────────────────────────────────

卓見さんの新企画「オールインスタジアム」がすごく面白いです。

既に二人のプレイヤーがオンラインポーカーで卓見さんに挑戦しています。
両方ともさすがという感じで卓見さんの勝利に終わりました。

といっても、二戦とも激しいぶつかり合いでした。

特に第二戦目のccさんとの駆け引きは非常にすごいものでした。

主な見せ場は上記サイトで卓見さんがその映像記録を公開されているので、
リアルタイムで見ることができなかった人はぜひ見てください。

この後も26日23:00のおるつさんなど3日連続で注目の好カードが
続きます。

▼オールインスタジアム
 http://www.daha-casino.com/boss/bossmedia.htm


───────────────────────────────────
カジノオンネットにおける注意事項
───────────────────────────────────

あるプレイヤーの方から重大な情報をいただきました。

カジノオンネットのソフトウェアをパソコンのDドライブにインストール
したところ、Dドライブの全データがきれいに消えてしまったというのです。

特別なデータ回復ソフトを使用しても半分以上は元に戻らなかったそうで、
とても大きなダメージです。

この方はすぐにカジノオンネットに連絡されて、カジノのサポートから
早急な調査を約束されたということです。

その後私も独自にカジノオンネットの複数部署に緊急調査と対策を依頼した
のですが、今のところ詳しい情報は入ってきていません。

普通にCドライブにインストールする限りは問題がないはずです。同様の
トラブルを聞いたことがありません。

そして、Cドライブ以外のドライブ(Dや他のドライブ)にインストールする
場合も、この現象が必ず起きるというわけではないようです。

と言っても現に一件起きているわけですので、これからインストールする人は
十分に注意してCドライブ以外にインストールしないようにしてください。

また詳報が入りましたらお知らせします。


───────────────────────────────────
ノースダコタ州でオンラインポーカー立法が頓挫
───────────────────────────────────

アメリカで既に規制事実化しつつあるオンラインポーカーでの賭けを合法化
しようということでノースダコタ州議会で合法化法案が通過したという
ニュースは以前お知らせしました。

この法案が残念ながら同州の上院議会で大差で否決され、法制化はいったん
失敗しました。

同様の動きをしているほかの2州もおそらく同じ運命になるでしょう。

連邦の司法省が同州に対して警告文書を出したからというのが背景にある
ようですが、なかなか難しいものですね。


───────────────────────────────────
イースター??
───────────────────────────────────

いろいろなカジノからイースター関連のボーナスオファーが来ました。

一番大きなのはスピンパレスの100%500ドルでした。かなりいいです。

イースターというのは復活祭のことでキリスト教圏では特に大きなイベント
らしいので、カジノも普段より太っ腹になるのかもしれません。

イースターは毎年日が変わります。今年は3月27日だそうです。

確か去年のイースターのときにはキャプテンクックスカジノがウェブサイト上
のイースターエッグを探せというキャンペーンをしていた気がしますが、
今年はさすがにやっていませんね。(下の関連記事参照)


───────────────────────────────────
キャプテンクックスの騒ぎと買収
───────────────────────────────────

キャプテンクックスカジノ、カジノキングダム、カジノクラシックの三つの
インテグリティグループカジノで一部プレイヤーのアカウントがロックされて
二週間以上経過しました。

その間、カジノからはあまり詳しい説明もなく、結果としていろいろな噂が
飛び交いました。

当然ながら、経営危機ではないかという声も大きくなりました。

Casinomeisterがこのグループの3カジノを認定カジノリストから外したこと
で、このような噂もかなり信憑性を帯び始めました。

そこに突然飛び込んできたのがCasino Rewardsグループがインテグリティ
グループのカジノを買収するというニュースです。

とりあえず、懸案だったアカウントロックと支払い保留はこれで解決しそうな
雲行きです。

ですが、Rewardsグループ自体、昨年変なボーナス条件(Autoplay禁止)を
導入したりと、最近は迷走している印象があるので、私としてはこれからも
プレイしないような気がします。

ちなみに、インテグリティグループもCasino RewardsグループもeCOGRAに
認証されているオンラインカジノがひとつもありません。

これは名の知れたマイクロゲーミング系カジノとしては非常に珍しいです。
今回の騒動を見て、eCOGRAの認証には意味があるんだなと改めて感じました。


───────────────────────────────────
しつこいようですが、またギャンブリングフェデレーションの話
───────────────────────────────────

もういいよ、という声が聞こえてきそうですが、またまたギャンブリング
フェデレーションの話です。

先日IGCから除名されて逆ギレしていたギャンブリングフェデレーション
が、ついにiGGBAというもう一つの業界団体から追放処分を受けました。

追放理由はiGGBA会員の行動規範を逸脱したからというもので、除名は極めて
当然といえるでしょう。

これでIGCとiGGBAの両方から追放されて、しかも直接関係のないeCOGRA
からもひどく叱られるという、不名誉グランドスラム(?)を達成してしまった
ことになります。

まだこの系列のビデオポーカークラシックなどでプレイしている人も多いと
は思いますが、こうなってくると最悪の場合そろそろ経営面にも影響が出て
くる恐れもありそうで、少し注意をしたほうがいいかもしれません。


───────────────────────────────────
InfoPowaと提携することになりました
───────────────────────────────────

オンラインカジノ業界の経営幹部などがどのように業界情報を入手しているか
知っていますか?

もちろんどの業界でも同じで、口コミとか独自のルートというのが大きいとは
思いますが、InfoPowaというオンラインギャンブル専門のニュースサービスを
重宝している人たちも多いようです。

そしてCasinomeisterやSports911といったポータルサイトもこのInfoPowaから
ニュースの提供を受けています。

私も質の高いニュースをタイムリーに届けたいと前から思っていたので、
今回このInfoPowaと提携することにしました。

InfoPowaが発信するニュースのうち、面白そうなものをピックアップして
サイトまたはこのニュースレターでお伝えできるようになります。

『BART』の「ドイツ・シュテルン誌特約」みたいでちょっと格好いい
感じがするのは私だけでしょうか。

『BART』ってすぐ潰れた雑誌でしょ、なんて言っている人は誰ですか?


───────────────────────────────────
NETellerが考えていること
───────────────────────────────────

ちょっと古い話になるのですが、昨年NETellerがThe Offshore Wireという
スポーツブックを扱った情報サイトのインタビューを受けています。

オンラインギャンブル業界で動くお金のかなり大きな部分を扱っているのが
NETellerですから、NETellerの動向には業界全体の動きが反映されて
いるようです。

このインタビューの中で興味深かった部分を抜粋してみます。

・ヨーロッパとアジアで地域事情に応じた入出金方法を可能にするための
 事前調査が続けられている。

・NETellerではオンラインギャンブルが最も大きな部分を占める。二番目は
 メンバー間の資金の移動。

・NETellerへの入金自体はオンラインカジノへの入金とは違う。なのに、
 これがギャンブル用の入金として扱われてクレジットカード会社の規制の
 対象になるのは遺憾。

 ただ、この規制はアメリカだけでなく他でも広がっている。

・NETellerにおけるカジノ側とプレイヤー側の資金は独立したトラスト
 (信託)のアカウントに入っているため、NETeller自体がこれに手を
 つけることはできなくなっている。

・国によって又は州によって異なるレベルの不正防止策を実施している。

というわけで、近日中に公開されるという日本語版にもなんとなく期待できる
ような感じです。

▼NETellerのアカウント登録方法と使用方法についてはこちら
 http://www.onlinecasinofan.com/neteller.php


───────────────────────────────────
無料で参加できるロトあります
───────────────────────────────────

スポーティングベットというのは、スポーツブック界の大手です。
ロンドン株式市場で上場しています。

先日ご紹介したeGaming ReviewのPower 25でもトップになっていました。
(ニュースレターNo.152参照)

そのスポーティングベットが参加費無料で100万ドルが当たるというおいしい
ロトのキャンペーンをしています。

エントリーは簡単です。

下にあるページでメールアドレスを入れて、1~69の中から数字を6つ
選んで(Quick Pickを押して自動的に選ばせてもOK)、Submit(送信)を
押すだけです。

結果通知が欲しい場合はSubmitの上のチェックボックスを押して下さい。

週に1回だけエントリーする資格があります。
週に2回以上エントリーした場合は、全部無効になります。

毎週月曜日に6つの数字がランダムに選ばれます。(10月末まで)

もし自分の選んだ6つの数字と完全に一致していれば賞金100万ドルが
もらえます(複数いれば分割)。

ただし毎年25,000ドルずつ40年間という支払い方法です。

当たる確率は119,877,472分の1です。
当たるはずはないのですが、応募しないと確率はゼロです。

毎週1回エントリーできます。

更に、最後の週(10月30日)の後、最終特別抽選があります。そのときには
自分が2月末から10月末までの間に選んだ数字の組み合わせすべてが対象に
なります。

最終特別抽選の数字と自分の過去の数字が一致すると賞金1,000ドルです。

手間はかからないので毎週20秒だけ時間を割いてみるのもいいですね。

▼エントリーページ
 http://www.sportingbetusa.com/lotterypromo.php


───────────────────────────────────
オリジナルグッズ計画は無期延期です(泣)
───────────────────────────────────

前回、オンラインカジノファンオリジナルグッズに興味がある人はいますか?
とちょっと問いかけをしたことを覚えている方はいらっしゃいますか。

数日間反応ゼロだったのですが、一人だけ「欲しい」という人がいました。
それは、「錬金皮算用俺式」のPU-MANさんでした。

▼錬金皮算用俺式 (独特の雰囲気がなんとも面白いです)
 http://blog2.fc2.com/puman/

結局PU-MANさんだけだったのでロゴ入りグッズの件はお蔵入りです。

でもいつの日か作ることになったらPU-MANさんには無抽選でプレゼント
しますね。


───────────────────────────────────
RTGで起こっていることの背景は?
───────────────────────────────────

悪質カジノ産出元として広く知られていたリアルタイムゲーミング(RTG)
に何か起こっているようです。

InfoPowaの情報によると、RTGは評判が悪いオンラインカジノとのソフト
ウェア供給契約を更新しない姿勢をみせはじめているということです。

つまり悪質カジノとの縁切りです。

おそらくこのことがここ数ヶ月ほど続いていた低人気カジノの再編や閉鎖に
つながっていたのでしょう。

更にRTGは最近TST(Technical Systems Testing)という外部の機関に
乱数発生プログラム(RNG)の試験をしてもらって、公正であるという認証を
受けたそうです。

イメージアップのための布石を着々と打っているという印象です。

RTGのソフトは意外と固定ファンが多いようですが、こういう動きによって
RTG系でも安心して楽しめるカジノが増えるといいですね。

▼RTGについて
 http://www.onlinecasinofan.com/rtg.php


───────────────────────────────────
インターカジノのボーナス条件変更
───────────────────────────────────

カジノメモさんで知ったのですが、インターカジノのボーナス条件が変更
されていました。

従来のボーナス条件は、ボーナス額の25倍を賭けるまではボーナスは
引き出すことはできないというものでした。

これが今回、ボーナス額の25倍を賭けるまでは入金額以上は引き出せないと
いうように変わりました。

つまり、以前であれば例えば90ドルを入金して90ドルのボーナスをもらい
1000ドル分賭けた結果500ドルに増やしたとして、ボーナス額の90
ドル以外の410ドルについては引き出し可能でした。

今後は、上記のように条件(90ドルの25倍=2,250ドル)を満たしていない
場合は、入金額である90ドル以外は引き出し不可能になるということです。
2,250ドル分を賭けて初めて自腹分90ドルを上回る分にも手をつけられると
いうことになります。

今までが甘すぎたという話だと思いますが、ともかく少し厳しくなったのは
残念ですね。

VIPカジノでも初回ボーナスの条件が同様に変更されています。

▼インターカジノの詳細
 http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php


───────────────────────────────────
ある攻略法
───────────────────────────────────

アホマチュ・レコードという奇妙な名称のブログを知っていますか?

▼アホマチュ・レコード
 http://blog5.fc2.com/ahomatyu/

こちらの3月23日のところにオリジナルのベット方法が二つ紹介されて
いました。

店またぎマーチンゲールというのは結構目からウロコです。

他にも面白い視点がいくつか説明されていて参考になります。
ぜひ読んでみてください。


───────────────────────────────────
オンラインカジノ業界の注目を集めている国といえば・・・
───────────────────────────────────

いま、オンラインカジノ業界から注目を浴びている国があります。

世界最大のボーナス乱用者産出国のデンマークでも、オンラインポーカー
ブームに沸くアメリカでもありません。

日本です。

イギリスでオンラインカジノが予想を超える人気を集めていることで、
各カジノは「他の国でもいけるのでは?」とイケイケムードになっている
ようです。

その結果、世界有数の経済大国&ギャンブル大国である日本に白羽の矢が
たったということらしいです。

そのため、昨年末あたりから大手オンラインカジノ関係者の日本訪問が
相次いでいます。

マイクロゲーミングの日本語ソフトウェアのリリース後も、今年は日本向けに
いろいろなことが始まるような予感がします。


───────────────────────────────────
キャンペーンの情報です
───────────────────────────────────

■ベルロックグループの3億円キャンペーンがいよいよ終了へ

 残るはあと数日です。
 といっても1日1万ドルが10本ですのでチャンスは十分でしょう。

 1日につき10人に各1万ドルが31日間当たり続けるプロモです。
 詳細はオンラインカジノファンのトップページのニュースの欄(3月2日)
 を参照してください。

 日本人プレイヤーでも1万ドルを獲得した人がいます。

 http://www.onlinecasinofan.com/

■トライデントグループで毎月100ドルx12ヶ月が当たります

 キャッシュカードという面白いシステムも導入されています。
 詳細は、キングネプチューンズのサイトのプロモーションページで。

 http://www.onlinecasinofan.com/kingneptunes.php

■カジノオンネットの感謝ボーナスは総額100万ドル

 恒例の感謝ボーナスが3月も配られます。

 プレイ実績に応じて5ドルから1,000ドルのボーナスが配られます。
 前回は1,000ドルをもらった人が95人もいました。

 http://www.onlinecasinofan.com/casinoonnet.php

■フォーチュンラウンジでも巨額キャンペーン

 現金5万ドルが1名、ラスベガスへの招待旅行が25人という豪華景品が
 用意されています。

 3月14日から6月4日まで行われる各種トーナメント(適宜案内が
 送られてくるので、メールの中の参加ボタンを押します)に参加すると、
 抽選資格が得られます。

 http://www.onlinecasinofan.com/platinumplay.php

■インターカジノでルーレットキャンペーン

 $25の参加費でトップの人に3,000ドルなど合計5,000ドルの賞金が
 当たるルーレットキャンペーンが行われています。

 詳しいことはインターカジノのサイトを見てください。

 http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php


───────────────────────────────────
ウェブサイトの最近の更新内容です
───────────────────────────────────

リンクページに「石田日記」、「カジってウマー!」、「新!BJでコツコツ
貯める!オンラインカジノブログ」を追加しました。
http://www.onlinecasinofan.com/ex.php

インターカジノのボーナス条件が変更されました。
http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php


───────────────────────────────────
後記
───────────────────────────────────

年度末で忙しくてカジノどころじゃないよ!という人も多いでしょうね。

やらないといけないことが山積みになっているときに限って現実逃避で
オンラインカジノで遊びたくなるのですが、私の場合はそういうときは
まず間違いなく負けています。

今週も、火曜日にはたった20分で四箇所で$500ずつ負けてしまいました。

ちょっと5分だけのつもりが全然勝てないとすぐに熱くなってしまい、
泥沼でした。

幸い今日までにすっかり取り戻せたものの、どうしたら冷静になれるんで
しょうね。

深呼吸がいいということは知っているのですが、熱くなっているときは
「深呼吸なんてしてられるか!」という感じで、どうにもなりません。

いいアイデアがある方はぜひアドバイスをお願いします。

と言いつつ、アドバイスを受けてもその通りに実行できないのが一番の
問題だということはよく分かっていたりします・・・。

【追伸】

今月はマイクロゲーミングの新ゲームのリリースはなかったですね。

RTGの新スロット3種類が28日(月)頃に出る予定なので、いまはそれが
とても楽しみです。特にRonin (浪人)には期待大です。

浪人といっても代ゼミがテーマではありません。
(それはそれでRTGらしくていいような気もしますが)


───────────────────────────────────
オンラインカジノファンニュースレター No.154
発行責任者: ocf
質問、要望など気軽にメールで → http://www.onlinecasinofan.com/fmail/
購読と解除はこちらで → http://www.onlinecasinofan.com/news.php

ページトップへ