GCJがトリビューンを侵略 ( 2006年08月15日 )

トライデントグループのトリビューン8月号が発行されています。

トライデントトリビューン8月号

チームにスポットライトのコーナーには、ゲーミングクラブジャパンのマネージャーのヒロミさんが登場しています。

カルメンメディアとトライデントのグループの合併については頭ではわかっていますが、トライデントトリビューンにGCJ関係者が出てくるとまだ違和感があります。そのうち慣れるのでしょうが。

(関連記事: トライデントとカルメンメディアが合併へ)

それからGOM(Gambling Online Magazine)の人が、GOM賞の「裏側」をインタビューで語っています。3万から4万の票が集まるということです。

このタイミングでトリビューンに出すというのは、「GOMに行ってキングネプチューンカジノに投票してね」ということでしょうね。期待にこたえてもいいよ、という人は投票してみてください。

(関連記事: GOMのプレイヤー投票開始)

あとは、8月16日から日本人プレイヤー限定で実施される「ライブディーラーがやって来た!ヤァヤァヤァ」というプロモーションの予告もされていました。これは楽しみです。

それにしても、今月のジョークはほとんど意味がわかりませんでした。

トライデントトリビューン8月号

追記:

ゲーミングクラブジャパンの最新ニュースレター(Vol 08-2006)には、キングネプチューンカジノの日本語マネージャーのセツコさんが登場してインタビューを受けています。それと、しばらく前に実施していたGCJワールドカッププロモで2位を獲得したNODYさんの言葉も掲載されています。

届いていない人は、こちらのゲーミングクラブジャパンのウェブサイトで。
(ページ下部の「ニュースレター」をクリック)



コメント

「 GCJがトリビューンを侵略 」へのコメントはまだありません。

「 GCJがトリビューンを侵略 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ