No. 167 オンラインカジノファンニュースレター

カジノオンネットの6月25日のポルシェが当たるキャンペーンには
参加しましたか?

私はしばらくカジノオンネットでは遊んでいなかったのですが、
今回は参加しました。

5000ドルを賭けないといけないので、
いろいろなゲームで次々と遊んでいました。

すると、あれよあれよという間に残高が膨れ上がり、キャンペーンはどうでも
よくなってしまいました。

入金額が減らなければいいや、という感じで欲がなかったのが
良かったのでしょうね。

───────────────────────────────────

     オンラインカジノファン ニュースレター No.167

───────────────────────────────────

■ マイクロゲーミングのGolden Gooseに期待
■ Moneybookersの電信送金の新ルールについて
■ 攻略法 Oscar's Grind
■ クレジットカードの情報漏えい事件
■ 意外と知らないRNG
■ ペイパルの対抗馬はオンラインカジノで使えるか?
■ ゴールデンリビエラなどが吸収されました
■ 投稿攻略法 1ドル持ってカジノへ行こう!
■ Macky!経由で購読されている読者の皆さんへ
■ プログレッシブジャックポット獲得者「あの人は今」は頓挫?
■ キャンペーン情報


───────────────────────────────────
マイクロゲーミングのGolden Gooseに期待
───────────────────────────────────

6月29日(水)にマイクロゲーミングが4つの新ゲームをリリースします。

そのなかでGolden Goose (ゴールデングース)の名前がつく2ゲーム
(Golden Goose Totem TreasureとGolden Goose Winning Wizard)は、
既にあるビデオスロットに追加機能をつけたものです。

ということで、もしかしてつまらないのかなと思っていました。

ただ先日行ったGIGSEで会ったマイクロゲーミングの幹部が

「今度の新スロットは面白い」

と自信ありげに言っていたので、気になっていました。

今週手にはいった情報によると、確かに面白そうです。

あと数日で分かることなので、ここに詳しく書くことはしません。
が、最大50のフリースピンとか、フリースピン中は最大で配当6倍という
仕様を見ると、かなり面白そうです。

というか、ハマること間違いなしという雰囲気です。


───────────────────────────────────
Moneybookersの電信送金の新ルールについて
───────────────────────────────────

前号で書きましたが、Moneybookersで電信送金で出金するときの
手続きが変更されています。

初回の出金は15ユーロ(ドルの場合は相当額)以下に限られます。

その初回出金の受け取り時についてくる認証コードを使って認証を済ませると
出金額の上限がなくなります。

マニュアルを更新しましたので、参考にしてください。

Moneybookersマニュアル
http://www.onlinecasinofan.com/moneybookers.php

なお、既に電信送金で高額を受け取っている人は新たな手続きの必要は
ないようです。


───────────────────────────────────
攻略法 Oscar's Grind
───────────────────────────────────

GIGSEでいろいろなオンラインカジノ雑誌が配布されていたので
何冊かもらってきました。マニアなので当然です。

そのうちの一冊「Online Gambler」に攻略法の記事がありました。

今まで知らなかったベッティングシステムがひとつだけ掲載されていたので
ここで皆さんにも紹介します。

もちろんベッティングシステムなので長期的にはハウスエッジには
勝てません。でも、このOscar's Grind (オスカーズ・グラインド)には、
発案者のオスカー氏がカジノで無敗だったという逸話も残っているそうです。

方法は簡単です。

配当2倍のゲームで、負けた場合は次も前と同じベットサイズで
賭け続けます。

勝った場合、賭け金を1ユニット増やします。
(ただしその時点で累計損益がプラスマイナスゼロの場合は
 賭け金を増やさず、1ユニットだけを賭けます)

それを続けて、1ユニットの利益が出た時点でセット終了です。

セットが終われば必ず1ユニットプラスになっています。
1ユニットプラスになってセットが完了したら、そこで止めるか
または新たなセットを始めます。

50連敗したとしてもマーチンゲールと違って賭け金が異常にふくれ
あがることがないので、穏やかな方法といえるでしょう。

例を書きます。1ユニットを10ドルとします。

 1回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -10ドル
 2回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -20ドル
 3回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -30ドル
 4回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -40ドル
 5回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -50ドル
 6回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -60ドル
 7回目 ベット 10ドル 結果 負け 累計損益 -70ドル
 8回目 ベット 10ドル 結果 勝ち 累計損益 -60ドル
 9回目 ベット 20ドル 結果 勝ち 累計損益 -40ドル
10回目 ベット 30ドル 結果 負け 累計損益 -70ドル
11回目 ベット 30ドル 結果 勝ち 累計損益 -40ドル
12回目 ベット 40ドル 結果 勝ち 累計損益   0ドル
13回目 ベット 10ドル 結果 勝ち 累計損益  10ドル

5勝8敗でも11回で利益が出て終わります。最大賭け額は40ドルです。

同じ勝敗でマーチンゲールだとこうなります。

 1回目 ベット  10ドル 結果 負け 累計損益  -10ドル
 2回目 ベット  20ドル 結果 負け 累計損益  -30ドル
 3回目 ベット  40ドル 結果 負け 累計損益  -70ドル
 4回目 ベット  80ドル 結果 負け 累計損益 -150ドル
 5回目 ベット 160ドル 結果 負け 累計損益 -310ドル
 6回目 ベット 320ドル 結果 負け 累計損益 -630ドル
 7回目 ベット 640ドル 結果 負け 累計損益-1270ドル
 8回目 ベット1280ドル 結果 勝ち 累計損益  +10ドル

8回目で完了して10ドルの利益が出るのはいいですが、最大賭け額が
1280ドルになってしまい、かなり度胸が要ります。


───────────────────────────────────
クレジットカードの情報漏えい事件
───────────────────────────────────

相当大きなニュースになっていますが、アメリカでクレジットカードの情報が
不正な手法で持ち出され、それを元につくられた偽造カードが買い物などに
使われるという被害が日本でも出ています。

クレジットカードを使うオンラインカジノでも、ロシアの人などが偽装カード
や盗難データを使って不正に入金して配当を獲得しようとしたりといった
ことが最近はかなり起こっているようです。

私はオンラインカジノやNETellerなどの代替決済サービスでクレジットカード
を使い続けていますが、自分自身が被害に遭ったことはありません。

ただ、アジアの某国を旅行したときにカードで買い物した後で、
全く覚えのない意味不明の小額請求が何度か来て、カード会社に連絡して
請求を取り消してもらったことがあります。

そのときは「この国では最近こういうのが多いのですよ」と聞かされました。

オンラインカジノでカードを使っても大丈夫なのか?
オンラインカジノにカードの表と裏のコピーを送っても大丈夫なのか?

というのは当然の疑問ですが、私としては、オンラインカジノだから危ないと
いうことはないと思います。

逆に普通の店とちがって現金決済がない分、クレジットカードで不正を
したりすれば、お金が入ってくるルートを自ら絶ってしまうことになるので、
普通の店以上にセキュリティに注意をする部分ではないかと思います。

といっても、数千あるオンラインカジノの中には当然おかしなところが
あっても不思議はないので、やはり評価の定まったオンラインカジノに
固執するというのが最大の防御になるはずです。


───────────────────────────────────
意外と知らないRNG
───────────────────────────────────

またGIGSEで拾った雑誌からのネタですが、RNGとは何かという
記事があり、面白かったのでちょっと紹介します。

RNGはRandom Number Generatorの略で、乱数生成プログラムまたは
乱数生成機ということになります。

オンラインカジノのゲームソフトの基礎をなす部分です。

このRNGによってカードはあたかも手でシャッフルしたようにシャッフル
され、またルーレットの回転も決まります。

RNGの質が低いと、それが解析されてしまい、カジノが大損害を受ける
ということもありえます。

そのRNGですが、二つの種類があるそうです。

ひとつはソフトRNGといわれるもの、もうひとつはハードRNGです。

ソフトのほうはその名の通りソフトウェア(プログラム)で、
人によって書かれたものです。

これの利点は、簡単に複製・配布できるということ、
そして時間がたっても劣化しないということです。

逆に欠点はプログラムなので常に解析される危険があることです。

もうひとつのハードRNGは文字通りハードウェア(機械)です。

たとえば温度や湿度や磁気をセンサーで読み取って、それを電気的に
処理してある数値を導きます。

これの長所はプログラムではないので結果を解析しても未来の乱数を
予測することが難しいということです。

短所は、機械なので壊れたり劣化したりする心配があることと、
セッティングなどが面倒だという点です。

オンラインカジノはおそらく両方を組み合わせて使ったりしている
のではないかと思います。

某ソフトの開発者にこの点について聞いてみたのですが、秘密の場所にある
複数のガイガーカウンターを使って、さらにソフト面でもいろいろ工夫して
いるから解析は無理無理ということでした。


───────────────────────────────────
ペイパルの対抗馬はオンラインカジノで使えるか?
───────────────────────────────────

グーグル(Google)がPayPal(ペイパル)のような汎用の電子決済サービスを
開発していることが明らかになりました。

グーグルのサービスは検索エンジンから始まってメールや広告のAdWordsなど
どんどん拡大し、それぞれがとても素晴らしいものです。

なので、この新決済サービスにも大いに期待できます。

問題はオンラインギャンブルで使えるのかということですが、
PayPalのようにギャンブルは対象外になる可能性も高いです。

アメリカの会社なので、なおさらです。

ただし、Yahoo!がイギリスではオンラインポーカーやスポーツブック事業を
しているように、アメリカ以外ではもしかしたら別の基準でサービスをして、
オンラインカジノでも使えるようにするかもしれません。

オンラインギャンブル業界の代替決済手段の分野では、いまはNETellerが
ほぼ独占している状態です。でも、手数料がちょっと高すぎる気がします。
はやく有力な対抗馬が登場してほしいと感じます。


───────────────────────────────────
ゴールデンリビエラなどが吸収されました
───────────────────────────────────

噂通り、ベガスパートナーラウンジグループが、ゴールデンリビエラカジノ
などいくつかのオンラインカジノを買収して吸収しました。

ちょっと聞いた話ではコストカットのためにサポートを共通化する以外は
当分そのままでやっていくということです。

ゴールデンリビエラやマイアミパラダイスは吸収前はあまり好きなカジノ
ではなかったのですが、これを機に良い方向に変わることを期待します。

と言いつつ、ベガスパートナーラウンジと同じように日本を「特別扱い」
するようになる恐れもあるので、なんともわかりませんね。


───────────────────────────────────
投稿攻略法 1ドル持ってカジノへ行こう!
───────────────────────────────────

300ドル活用アイデアコンテストで入賞されて300ドルのボーナスを
獲得したTyamaさんから、ある日こんなメールが来ました。

「我々オンラインゲーマーの永遠の課題はいかにハウスエッジを克服するかと
 いうのがあると思います。
 
 現在それを打破する方法を研究中ですが、ほんの少し明かりが見えてきた
 ので今度まとめて報告させていただきます。恐らくオカルトだと批判される
 かもしれませんが..

 大論文になるかもしれませんが読んでみてください。
 ヒントはやはり、以前ニュースレターにでていた"streak"をうまくかつ
 大胆に利用するしかないと思います。」

「おっ!」と楽しみにしていたのですが、ついに送っていただきました。

了解をいただいたので、ここで紹介します。
題して「1ドル持ってカジノへ行こう!」です。

ボーナス抜きでウン千ドルの利益を出しているそうで、ご本人はオカルトと
おっしゃいますが、かなり有効な方法であるように見えます。

----------------------------------------------------------------------

(冒頭省略)

さて我々企業が利益を上げるために必須なことは売上を伸ばすことはもちろん
ですが、無駄なコストをいかに減らすかにあります。これはオンラインカジノ
にも大いに当てはまります。
さて以前ストリーク(うねり)の話がニュースレターで出ましたが、これを
参考にさせてもらいました。
ではまずスロットから説明します。
1)スロット、一番説明しやすいのがGood to Go (シークレット
アドマイアラーも同じ)です。
まず最初にプレーするにあたりフルラインではなく1ラインに設定し、
なんと賭け単位を最小の$0.01にします。
これで数十回まわし、第1リールにタコメーターが出現するのを待ちます。
(本当は第2リールも注目すべきですが,,,.) 要するに第1リール上に
タコメータのストリークがあるか確認するのです。
海のものとも山のものともつかないその日のコンディションを確認するには
1プレイ1円で上等です。
もしメータが出現すればすかさず自分の希望するベットに引き上げ
フルラインに切り替えます。これで20から30回まわしてフリースピンが
かからないようであればその日は止めます。フリースピンのストリークが
ないとの判断です。
(無理やり数百回まわしてフリースピンに入っても2個か3個どまりになる
でしょう。)
もちろん当たればガッツポーズでもしてください。(シャンペンを開けたり
クラッカーを鳴らすのは少し恥ずかしいのでやめたほうがいいと思います。)
私は大体$1.5~2に引き上げますが(せこい)これは0.01の150~200倍にも
相当します。何が言いたいかと言えばフラットベットにくらべて最大にうまく
いったタイミングでメーターが5個出現した場合、だいたい賭け金の200倍
くらいになりますから、もとの150倍以上、つまり30,000倍の配当に相当する
わけです。なかなかそううまくはいきませんが、ずっとフラットでかける
よりはかなりハウスエッジを克服してるはずです。
($1でスロットを回していて、調子がいいと判断したら$150にベット
アップするのと同じことです。そんな台はないけど...)
かつてキングネプチューンズで70回連続で第1リールにメーターが来ないとき
がありました。(やりすぎだよ!)でも被害は$0.7です。チロルチョコ
約3個分です。でももしビッグフラットでやってたら火の車です。
もちろん試しベット中にフリースピンに入ってしまうこともごく稀に
ありますが、決して大損したわけではないのです。
不調の時はフリースピンに入らない日が続きイヤになりますが$0.01での
はずれの山を積み上げることで次の当たりのポテンシャルはかなり上がって
いきます。(これだけでもハウスエッジを大きく変えているのです。)
ライブBJでカウントが上がっていくのと似てます。
この方法によりこのゲームはかなりの収入源になっています。
ただしマーメイドミリオンが出た頃から少しフリースピン突入率が落ちた
ように思います。
もちろん似た方法でバケーションステーションやチャイニーズキッチンを
最初ミニマムの$0.08で回して当たりのストリークを探すなどもいいです。
ただGood to Goが注目すべきストリークがただ1点なので分かり易いのです。
 
次にBJです。
2)これも同じような方法です。
まずハウスエッジ99.6%のゲームを考えた場合、1000個中、498個の当たり玉と
502個のはずれ玉が入った福引と考えます。
(ただし玉を引いた後、元に戻します。)
ただはずれの値段と当たりの値段は我々プレーヤーが決定権があります。
とはいうものの当たり外れを予測するのは卓見さんでもない限りそんなに
簡単にはいきませんが負けの連続はある程度わかるのではないでしょうか?。
要するに今日はえらいディラーが強い日と思う日はとにかくミニマムベットで
嵐が過ぎるのを待つことです。負けのストリークに入っているのです。
カツとしてベットアップするのは絶対厳禁です。
ベットアップして負けこんだ場合、次の機会で更にベットアップし勝ち
越さなければトータルで通算プラスにならないので非常にタフです。
逆に調子の良い日は自然とベットをあげますが、ここで一番注目したいのは
ダブルです。
ダブルがストリークの波を変えるターニングポイントになると思います。
ダブル時にTカードが何割来たか?を覚えておき、例えば極端な例ですが、
A)ダブルでTカード(もしくは場合によってはAカード)が殆ど来ないのに、
なぜか勝ってる場合→絶対ベットアップします。そのうちTカードの
ストリークに入ったら更に勝ち進みます。
まったく逆の場合で、
B)ダブルでTカードが来てるのに、ディーラーがイカ21を引きまくって
勝てないとき→ミニマムまで下げます。Tカードのストリークが終わると
更に悲惨です。
よく「ダブルで信じられないくらい負けまくり..」という日記コメントを
見ますが殆どがBパターンに近い悪循環にはまってるときだと思います。
意外とダブル時のTカード発生率はストリークはあるものの比較的収束
しやすいと考えます。
また数あるカジノのBJで一番ストリークがきついのはプレイテックだと
思います。USAカジノで14連敗を食らったことがありましたが3連敗めから
ミニマムの$0.1に下げたため被害は$2.5ですみました。
チロルチョコ12個分です。(こればっか!)
0.1で負けるのも$5で負けるのも同じ外れ玉1個なのです。当然安く負けて
勝ちのポテンシャルをあげていくことが鉄則だと思います。繰り返しますが
ついてない日はミニマムフラットで毒抜きをすることです。
また勝ち、負けのストリークの間で勝ち負けが交互にくる現象が本当に
あります。
(ルーレットでも赤、黒のストリークの間にこの現象が必ずおこる。
 バカラでも同じ。)
そこはかつて、ほーほーさだお氏が使ったイチゴ作戦(1ドルベットと
5ドルベットを交互に行う)が有効です。
またシングルデッキではなくマルチプレーヤーデッキでプレーすることです。
もしディーラーに勝ちのストリークが入ったら、そこは他のプレーヤーに
お任せし、風呂にでも入ってからまたプレーすればよいのです。
(ヨヨケンさんがよく行くほうのお風呂でもいいと思います。どちらの風呂か
でその後のプレーにはたぶん影響しないと思います。)
なかなかうまく説明できませんでしたが、とにかくストリークに逆らわずに
ベット額を決めることです。

以上長々と書きましたがこれらのやり方は非常に時間がかかります。
ビッグベットを続け、短時間でボーナスをもらいまくった方が効率的だとの
反論もあるかと思います。ただしノーボーナス種まき時や、サインアップ
ボーナスは一生に一回しかもらえないので大切に行きたいとお考えの人、
また将来完全ノーボーナス時代が到来した場合には有効と思います。
なおBJに関してはまだ書きたいことがあと倍くらいあり、
(特にカウンティングとストリークについて)またルーレットのストリークに
ついても書きたかったのですがこれ以上になるとOCFさんも忙しいのに
大変です。
あと私のことですがOCFさんのおかげで昨年10月からオンラインカジノを始め、
殆ど毎日プレイし先月までボーナス抜きのペイアウト率は100%を
上回れました。スロット、ポーカーもかなりやってます。ただこれだけ
工夫しても1%前後のプラスだったのでいかに1%上げるかは大変なことです。
当然ボーナスは殆ど丸儲けですが、始めてから通算、約$7,000-の利益です
から巷のビッグプレイヤーに比べると全く大したものではないのです。
また一時が万事こんな鉄板プレーですからオンゴーイングボーナスとかは
あまり来ません。カジノにとっては本当に嫌な客だと思います。また吉村氏
とかCC氏のような派手な立ち回りは一生できないと思います。
(キングネプチューンズの$300ボーナスはポーカーとスロットを使い
$320でキャッシュアウトしました。まさに鉄板です。ありがとうござい
ました。)
今ペイアウトは99.8%になりましたが、これはゴールドラリーとウイールオブ
ウェルスを追っかけすぎ$900近く逝った為なのです。(これらはミニマムが
固定なので玉砕しました)でもFor Funとして結果、負けたのだからこれは
これでいいと思います。

たまには利益度外視で遊ぶことも必要と思います。
とにかくこんなプレースタイルで行くとこまで逝って?みたいと思います。
最後に小生は必ずウイスキー、それもロックでダブルを5~6杯飲みながら
プレーします。
そうするとボーナスステージになかなか入らない時などは退屈でほどよく
眠くなりバカベットせずに寝ちゃいます。  でもこれは人によりますね....

----------------------------------------------------------------------

どうでしょう。

なかなかすごいですよね。私もよくスロットで50スピンしてボーナスに
突入しなければコインサイズを一段階上げるという方法をしますが、
1セントのプレイで波を判断するというのは目からウロコでした。

Tyamaさん、ありがとうございました。

この攻略法に関する感想や実践報告などもしありましたら、この号のページを
設置していますので、そちらでコメントとして自由にお書きください。

 ニュースレター No.167
 http://www.onlinecasinofan.com/167.php
 (コメント欄は一番下です)

───────────────────────────────────
Macky!経由で購読されている読者の皆さんへ
───────────────────────────────────

前回の繰り返しになります。

このニュースレターは4つのメルマガ発行スタンドを使って発信していますが
そのうちの一つがMacky!です。

そのMacky!が今月末にサービスを停止することになりました。
その後は新しい発行スタンドに変わるようです。

が、新しいところでトラブルがあるといけませんので、
実績のあるまぐまぐへの切り替えをおすすめします。

7月以降はMacky!の後継スタンドでは発信しませんので、ご注意ください。

購読手続きはこちらにて
http://www.onlinecasinofan.com/news.php


───────────────────────────────────
プログレッシブジャックポット獲得者「あの人は今」は頓挫?
───────────────────────────────────

前号で、

「プログレッシブジャックポットを見事に獲得した日本人プレイヤーが
 その後どのようなオンラインカジノライフを送っているのかを知りたい!」

という趣旨で、過去に当てた人からの声を募集したのですが、反応は
ゼロでした。

なぜゼロでしょうか。

・既にこんなニュースレターは読んでいない。

・勝ち逃げ作戦で、もうプレイしていない。

・ジャックポットの後、二匹目のどじょうを追いかけすぎて失敗した。

・男はだまってオンラインカジノ?

というわけで理由は分かりません。

でも、なんとなく反応はないような気もしていました。

もしゼロは気の毒だからちょっと協力してやるかという方がいらっしゃれば
いつでも構いませんので、メールにて連絡をお願いします。

「あの人は今」という題名が良くないという声も聞こえますが・・・。


───────────────────────────────────
キャンペーン情報
───────────────────────────────────

■キングネプチューンに意見を!

 こちらを見てください。
 http://www.onlinecasinofan.com/24jun05b.php

■ゲーミングクラブジャパンの豪華プロモ

 ブランドものか最新ソニー製品のどちらかが選べる今月のプロモは既に
 最終週に入っています。これまでの当選者は既に発表されています。

 詳しくはカジノのウェブサイトで。参加は簡単です。

 今月は一等はソニーのWegaの32インチですが、日本人プレイヤー限定の
 プロモーションなので当たる確率は非常に高いはずです。

 http://www.onlinecasinofan.com/gamingclubjapan.php

■インターカジノでは招待制の秘密キャンペーン

 特定ゲームをプレイした人にこっそり招待状が来るプロモーションを
 しているようですね。

 今週はルーレットのようですが、詳細が分からないとなんとなく
 気になります。

 http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php

■ハワイに行きたい人はカーニバルカジノへ

 4泊5日のペアで行くハワイ旅行があたるキャンペーンをしています。
 カーニバルカジノ開設二周年記念です。

 抽選権をたくさん獲得したプレイヤーの一覧に日本人も複数入っています。
 詳しいことはカーニバルカジノのウェブサイトにて。

 http://www.onlinecasinofan.com/carnival.php

■クラブダイスカジノで6月は日本人限定特別ボーナス

 スティッキーではなく金額も結構大きいです。

 詳しくはクラブダイスのウェブサイトの「プロモーション」のページから
 「今月のイベントをチェックしてください! 」をクリックで。

 http://www.onlinecasinofan.com/clubdice.php

■ラドブロークスの特別ボーナスはもうすぐ終了

 6月30日までに50ドル(または50ポンド)を入金して除外ゲーム
 以外でその4倍を賭けると50ドル(ポンド)のボーナスがもらえます。

 4倍賭けた後、プロモーションのページで申請します。ブラックジャック、
 バカラ、3カードポーカー、ビデオポーカー、レッドドッグで賭ける場合は
 1回最低5ドル(ポンド)を賭けないとカウントされません。ボーナスを
 受け取った後、さらにその4倍を賭けると引き出し可能になります。

 http://www.onlinecasinofan.com/ladbrokes.php

■32レッドで遊ぶなら木曜日

 木曜日はRed Letter Dayということで、木曜日に遊んでいると抽選で
 5人が選ばれて1000ドルまでのボーナスを受け取れます。

 http://www.onlinecasinofan.com/32red.php

■チェリーカジノも6月は頑張ってます。

 チェリーでは6月は一週間に100ドル以上賭けた人のなかから
 抽選で毎週MP3プレイヤーなどをプレゼントしています。

 そしてランダムに選ばれたプレイヤーには240ドルが贈られます。

 http://www.onlinecasinofan.com/cherry.php


───────────────────────────────────
ウェブサイトの最近の更新内容です
───────────────────────────────────

Moneybookersのマニュアルを更新しました。(初回電信送金出金の部分)
http://www.onlinecasinofan.com/moneybookers.php

ペイアウト率一覧を更新しました。
http://www.onlinecasinofan.com/payout.php

格付けを一部変更しました。
http://www.onlinecasinofan.com/rating.php


───────────────────────────────────
後記
───────────────────────────────────

Casinomeisterのニュースレターの最新号はGIGSE特集だったのですが、
そこに私のサイトの名前がちょっと出てきていました。

 GIGSE特集号
 http://www.casinomeister.com/newsletter.html

ちょっと感動です。

と嬉しいことがあった一方、リニューアル後のウェブサイトに追加した
コメント欄にアダルトサイトの宣伝がしつこく何度も投稿されて、
ちょっと悲しい一週間だったりしました。

コメント乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

───────────────────────────────────
オンラインカジノファンニュースレター No.167
発行責任者: ocf
質問、感想など気軽にメールで→ http://www.onlinecasinofan.com/mail.php
購読と解除はこちらで → http://www.onlinecasinofan.com/news.php


【追伸】

前回ここで、GIGSEでもらってきたPartyPokerのキャップとTシャツが
欲しい人はいますか?と書いたのですが、反応はゼロでした。

外国のイベントでよく会社名やブランド名の書いてあるTシャツを配って
いますが、ああいうのはあまり着ませんよね。

サイズがぴたっりでもあまり着ないと思います。

オンラインカジノファンTシャツを作ってはいけないということが
分かって、まあ良かったかもしれません。

【追伸2】

インターカジノの7月のキャンペーンで15人の中に選ばれてしまいました。

ちょっと狙っていたので、いつもより沢山プレイはしていたのですが、
本当に選ばれるとは驚きました。

オンラインカジノウィズダムさんがメルマガ「外伝」最新号でこの
キャンペーンの攻略法を紹介されていました。参考にさせてもらいます。

 オンラインカジノウィズダム外伝
 http://www.onlinecasinowisdom.com/news.html

それと、インターカジノのニュースレター Vol.104にあるように、
ゲストプレイヤーのおるつさんに勝てば特別ボーナスという新ルールも
できたようで、なかなか面白いことになってきました。

 おるつ帳簿
 http://blog.livedoor.jp/orz_abuser/

恥をかかない程度に頑張ります!

 インターカジノのニュースレターはこちらから
 http://www.onlinecasinofan.com/intercasino.php

コメント

回数をやれば勝てないけど、勝ったところでやめればそこそこ儲けられます。

by 匿名 : 2005年06月30日

必勝法.....勝ったら増やす、勝ったら減らすと両方ある。
意味無い。w
2倍戻しの、仮にペイアウト率が100%だとすれば2回に1回は当たって、賭金は元になるからこんな噂話が多いんだろうね。
基本的に、ペイアウト率に沿って独立事象です。
ソフトに不正の無い限りは、長期で遊んでいると絶対に勝てないよ。
また、仮に、超仮にカジノソフトに不正があった場合は、波があるとすれば、それは貴方のアカウントに対する波の確率が高いとは思わないかい?w
因みに、ぱちんこには波があります。
ですが、台の移動は自由であり、誰が打ってるなんてコンピューターは識別していません。
だから、打つ前に波を判断したり、打ち方を変えて「投資」出来るのです。
だからこそ、それらを解析して利潤をあげる梁山泊のようなプロ集団がいて、尚かつ、そんなパチプロ集団の企業がナスダックに上場出来るのです。
必勝法みたいなので、一番信用できないのは月当たり数万円の儲けって情報だ。
本人は確実に勝てると言っているのに、なぜ最低金額をベットするのかw...ヤフーでも多い「カジノで月数万円の収入」。
皆さん要注意ね!
カジノは沢山のゲームがあって面白いけど、不正が無いとするならば、回数をやれば100%確実に勝てない。
だから、ゲームセンターに行くと思ってやった方が良いだろうね!!
ただ、ジャックポット系は宝くじを買うよりは良いと思います。

by dakara : 2005年06月30日

オンラインカジノを始めてもうすぐ4ヶ月ですが、
私も最初は小さく勝ち続けて一気に負けるパターンを繰り返していました。

そのうち負けが続くようになってしまったので、初心に返り
あらゆるサイトの必勝法、攻略法、ベッティングシステムを
読みあさりました。

私の敗因は「迷い」でした。
たくさんのゲーム、いろいろなベッティングシステムに目移り
してしまい、ダラダラと負けてしまいました。

今は自分なりのベッティングシステムを模索しながらも
少しずつ取り戻しています。
実績ができて、みなさんに報告できたらいいなと思ってます。

by tom : 2005年06月28日

いろいろなやり方があるのですね~。
何も考えずに(最初は冷静だけど・・・。)つい、7連敗した後からマーチンを始め、いつの間にか撃沈。(T^T)。

好調な時は、すぐにやめるけど、負けているときには歯止めが利かずにいます。

ネッテラーのカードを作ったけど、まだ一度も引き出したことがありません。

負けがすでに100万を越えてしまいました。

これを参考にもう一度はじめから勉強して、こつこつ勝てるように頑張ります。

(^^)/~~

by パセリ : 2005年06月28日

>>こんなコメントでもいいのでしょうか?

こんなコメント大歓迎です(笑)

何でもかんでも9ドルとか22.50ドルとかマックスベットで開始する自分が愚か者に思えてきました・・・。

by ocf : 2005年06月27日

投稿攻略法 1ドル持ってカジノへ行こう!を見て驚いていしまいました。

私もvacation station で同じようなことをしていたからです。

私がやっていた方法は、数十ゲーム0.08$で回し、徹底的に外れることを期待して回します。仮に100連敗しても損失は8$。チロルチョコ約31個分です。(Tyamaさんパクってすいません)

その数十ゲームの出目から当たりの周期を算出し、平均して何ゲーム後に約が揃うかということを計算します。その後は、当たりが出ると推測されるゲームは最低金額でプレイし、当たると判断したら思いっきりBET額を上げて、数ゲームほど回して当たらなかったら最低金額に戻し、当たってもすぐ最低金額に戻します。

ただし、私の場合(Vacation stationの場合)様子見で高額配当が当たったときは、すぐやめるか様子見のままずっとプレイし続けます。理由は高額配当が当たったらストリークは絶対変化すると思うからです。心理的に「高額配当当てたんだから、もうしばらくは出さんよ。」モードに変わるはずと自分の中で思っています。

Tyamaさんの方法とは違いますけど、相似している所は様子見を必ずするということ。当りを線で捕らえるのではなく、点で捕らえることだと思います。

例えるなら、"全球種を見極めてから、球種を絞って それ以外の球が来たら見逃し 狙い球が来たら思いっきり振りぬく"そういう感覚に似ていると思います。

BJにも私の感想を書かせてください。

>ダブルがストリークの波を変えるターニングポイントになると思います。

これに私はAのスプリットもターニングポイントになると思います。何故かは知らないですけど、ディーラーのアップカードが何であれ負ける可能性が高いなぁと感じます。私の場合ストラテジーではスプリットですけど、Aのペアが来たときはヒットかスタンドにすることがほとんどです。どうせ負けるのなら被害を少なくするべきだと思っているからです。

>よく「ダブルで信じられないくらい負けまくり..」という日記コメントを
見ますが殆どがBパターンに近い悪循環にはまってるときだと思います。

ストリークの変わるパターンを勝手に推測しますと、ベーシックストラテジーでチャンスである場面(ダブルやAスプリットなどが)ターニングポイントになるのではないでしょうか?

>また数あるカジノのBJで一番ストリークがきついのはプレイテックだと思います。

これも同感です。プレイテックでBJをするときは私はミニマムでBETし続け、ディーラーのブラックジャックが出た後に、ビッグベットを仕掛けます。オカルトかも知れませんけど勝率は高いです。(普通のときの勝率とディーラーがブラックジャックを出した後の勝率を比べたら、3%ほど高かったです 自分調べですが)

例えるなら、「完璧な必殺技は発動した後にわずかな隙ができる」といった感じでしょうか。

Tyamaさんと私はおそらくですけど"徳川家康"タイプの人間ではないでしょうか?

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」

このスタイルが嫌いな人間はやらないほうがいいのではいいかと思います。これはあくまで一つの方法ですから自分のスタイルに合わせてプレイしたほうがいいと思います。

長々とかいてしまい申し訳ございません こんなコメントでもいいのでしょうか?

by BTL : 2005年06月27日
「 No. 167 オンラインカジノファンニュースレター 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ