ocf 8:06 am

ブラックジャックゴールドにバグ(その4) ( 2006年08月18日 )

続報です。
その後、32レッドカジノやスピンパレスカジノから、「詳細データを把握できたので、それにしたがって影響を受けたプレイヤーへの払い戻しを進めます」という連絡がありました。
そして、すでに実際にプレイヤーへの連絡は行われているようです。
ただ、バグの影響を受けたことを自分の目で見て記録していたプレイヤーに対して、「あなたの場合は今回のエラーによる不利益は発生していない」というようなメールがカジノから送られたケースもあるということを聞きました。
残念ながら、お粗末な対応であると言わざるを得ません。
ストラテジー通りにプレイしないということ以外にもブラックジャックゴールドシリーズには不具合があるという報告もあり(こちらの8月17日のcashさんのコメント)、どうも困った感じです。
このままでは、ビデオポーカーのダブルに関するイングリッシュハーバーの対応と比較しても、劣っているという印象です。(参考記事: イングリッシュハーバーとWizardの声明)
そして、当然ながら「他のゲームは大丈夫なの?」という疑問を持つ人もいるでしょう。
マイクロゲーミングはオンラインカジノソフトウェアの「王者」として、系列オンラインカジノとともに王者らしい対応をしてほしいと考えます。
関連記事

  1. ブラックジャックゴールドにバグ? (8/ 8)
  2. ブラックジャックゴールドにバグ(続報) (8/13)
  3. ブラックジャックゴールドにバグ(その3) (8/16)


Comments are closed.

コメント

「ブラックジャックゴールドにバグ(その4)」へのコメントはまだありません。

「ブラックジャックゴールドにバグ(その4)」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)