ポーカー関連のセキュリティ警報 ( 2006年05月18日 )

こんな情報がありました。

ポーカーサイトでrootkit使ったバックドアに感染
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0605/17/news023.html

Virus/Trojan in Poker Software (RBCALC) (英語)
http://www.casinomeister.com/forums/online-casinos/12464-virus-trojan-poker-software-rbcalc.html

Check Raisedというポーカー関連サイトで配布されていたRakeback Calculatorというソフトに、主要オンラインポーカーでのログイン情報を密かに盗んで悪用するプログラムが仕込まれていたという話です。

上の記事の情報によると、Check Raisedの管理人はこのようなマルウェアが仕込まれていたことを知らずに配っていたということです。ソフトの制作を外注した際に仕込まれたのではと言っているようですが、本当のところは分かりません。

ちなみにこういうマルウェアはNorton AntiVirusやマイクロソフトの同様のソフトでも検出することができないということです。

オンラインポーカーのプレイヤーでこうした補助ソフトを使っている人は、十分注意してください。

オンラインカジノ関係のソフトではこういう話は聞いたことはないですが、得体の知れないサイトで配布しているフリーウェア等には近づかないほうがいいかもしれません。



コメント

「 ポーカー関連のセキュリティ警報 」へのコメントはまだありません。

「 ポーカー関連のセキュリティ警報 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ