ヴァージンカジノの増強計画 ( 2006年08月19日 )

Wheel of FortuneやMonopoly、それにThe Price is Rightなどの面白いゲームで知られるウェイジャーワークスのソフトウェアを採用しているヴァージンカジノで、新しい動きが見られるようです。

  • 数ヶ月以内

    Wheel of FortuneとMonopolyの新ヴァージョンを現在開発中。数ヶ月以内にリリース予定。

    Cleopatra(クレオパトラ)という新スロットもリリース準備中。これはランドカジノに置いてあるIGTの同名スロットの移植か?

  • 8月末?

    8月中に、Pyramid Slotというビデオスロットを導入予定。

  • 8月20日予定

    8月20日に一気に7種類のビデオポーカーをリリース予定。新ビデオポーカーの種類と名称は不明。

ウェイジャーワークスは昨年IGTの傘下入りしています。

それを生かして、IGTのランドカジノ用のスロットやビデオポーカーを、どんどんオンライン用に移植してほしいと思います。

特に見てみたいのは、ノリのいいLobster Mania(ロブスターマニア)、アメリカで自分で大当たりしたことがあるTabasco(タバスコ)、ロンドンのICEで見かけて面白かったShinobi(忍)、それとMulti-Strikeシリーズのビデオポーカーです。

参考: IGTのウェブサイト / ゲームのデモのページ

ついでに、IGTの日本用パチスロ機種(信長の野望など)も、ウェイジャーワークスのオンラインソフトに移植して、ヴァージンカジノあたりで提供してくれると面白いことになりそうですが、それは簡単にはいかないかもしれません。

参考: IGT Japanのウェブサイト

いずれにしても、他のオンラインカジノソフトとは一味違うゲームが出てくるという意味で、ウェイジャーワークスには今後も期待できそうです。

ヴァージンカジノのレビュー



コメント

「 ヴァージンカジノの増強計画 」へのコメントはまだありません。

「 ヴァージンカジノの増強計画 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ