オンラインカジノ 2007年の展望と希望 ( 2007年01月02日 )

あけましておめでとうございます。

年賀メールをくださった方、どうもありがとうございます。

新年と言うことで、恒例の(?)1年の展望について書いてみます。予想と希望がごっちゃになっていますので、割り引いて読んでください。

  • 決済手法の改善

    ネッテラーで更に便利な入金方法が導入され、出金についてもデビットカード関連の手数料が下がる。MoneybookersがATMカードを導入し、出金も簡単になる。さらにMoneybookersも日本語サービス開始。ついでにPaySparkも日本語サービス開始。

  • 優良カジノの日本語サービス開始

    ラドブロークスカジノとベット365カジノの優良英国勢が日本語のサポート、ウェブサイト、ソフトウェアの提供を開始。日本語プラス驚速支払いの嬉しいコンビネーションが実現。

  • 大手ポーカーの日本市場進出

    パーティーポーカー(PartyPoker)とポーカースターズ(PokerStars)が日本に進出し、日本語サービスを開始。さらに日本で大々的なイベント等を主催し、ポーカーが一気に人気に。

  • 新ソフトウェアの台頭

    マイクロゲーミング、クリプトロジック、プレイテック、RTGといった従来勢力の枠の外で沢山の動きが始まる。理想はOrbis Openbetのオープン思想と既存オンラインゲームメーカーのすぐれたゲーム創造能力が合体する形。

  • カジノ合法化議論でオンラインも俎上に

    日本のカジノ合法化についての政治家の議論・準備の中で、オンラインカジノの位置づけや扱いをめぐる議論が始まる。米国やヨーロッパでの活発な動きをうけたもの。

  • パチスロ、パチンコの充実

    プレイテックの第二弾だけでなく、他社からも新しいものがリリースされる。

あとは言うまでもなくM&Aが激しくなって、淘汰が一気に進むでしょう。

どう転んでも日本のプレイヤーにとっては楽しみな1年になるのではないでしょうか。



コメント

真鍋かおりがオンラインカジノの
プロモーションに関わると噂されていましたが
ジパング系列だったんですね。

by bonz : 2007年01月03日

ocf様

謹賀新年

昨年もいろいろとお世話になりました。本年もまたよろしくお願い申し上げます。

早速ではありますが、たいへん失礼ながら、お書きになられた内容は、少し楽観過ぎるのではないかと思いました。

私もニュースレター及びサイト上で今年の予測を書かせていただきましたが、客観的にみて昨年はよいことがありませんでした(起こったことについては、いわずもがなと)。

そうなりますと、今年は良いことが起こると予測する根拠が見当たらないのです。

日本におけるカジノ合法化法案が仮に可決されても、サイバーカジノは禁止になるでしょう(サイバーカジノを運営することを禁止するのみなのかプレイまで禁止するのかは分かりませんが)。

私も自分の予測が外れることを期待していますが、現実は厳しい気がしています。

もしご不快でしたら、この書き込みは削除していただいて構いません。

最後になりましたが、本年もまたよろしくご指導・ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

by ダークネス : 2007年01月02日

そうなったらいいですね。ついでにオンラインカジノを合法化して欲しいです。それと、本当にベット365カジノが日本語サービスを始めたら、ぼくはこのカジノでプレイします。

by 新生マン : 2007年01月02日
「 オンラインカジノ 2007年の展望と希望 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ