ocf 6:50 am

通貨による差別 ( 2005年12月21日 )

オンラインカジノでは普通アメリカドル(US Dollar)でアカウントを開くひとがほとんどだと思います。
たいていは米ドルしか選べません。選べるところでもユーロかスターリングポンドくらいで、日本人にとってはあまりメリットがありません。
高額ボーナスを狙ってわざわざポンドのアカウントを開く人もいるようですが、英国居住者以外がポンドアカウントを開くとボーナス乱用とみなされる場合もあります。そして、円とポンドへの変換時には米ドルと比較するとかなり高い手数料がかかります。
ヴァージンカジノでは従来スターリングポンドしか選択肢がありませんでした。なので、私のアカウントもポンドです。
それが最近えねみさんとおっしゃるプレイヤーの方から連絡をいただき、ここで米ドル、カナダドル、ユーロも選択できるようになったことを知りました。
カジノに直接聞いてみると、カナダドルはカナダ居住者専用、ユーロはユーロ使用国の居住者専用ということで、日本居住者はスターリングポンドか米ドルのどちらかが選べます。
NETellerのアカウントが米ドルの人は多いと思いますので、ここは当然米ドルを選択してしまうところでしょう。
しかしこれもえねみさんが発見したのですが、ボーナスの条件をみるとボーナスはスターリングポンドのアカウントのプレイヤーだけ対象となっています。直接聞いてみても同じで、米ドルアカウントを開くとボーナスはもらえないということでした。
要するに、ポンド以外のアカウントは管理の手間もかかるし客に連絡するにも国際電話をしないといけないという感じで、「外人」はあまり歓迎していないということでしょう。
法的なこともあるのかもしれません。ヴァージンカジノはアメリカ居住者を受け入れていません。アメリカ以外についても、法的な事情が不明な国のプレイヤーが押し寄せて何か問題があると天下のヴァージンブランドに傷がついて困るということもあるのかもしれません。
だったら最初から米ドルのアカウントを開かせないようにすればいいと感じるのですが、その辺の思想はよく分かりません。