ロボット並みの動作をする人たちの話 ( 2006年03月22日 )

プレイテックのアクロポリスカジノで2件の支払い拒否が発生しているということです。

アクロポリスで支払い拒否
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/15823/1142959419/

拒否の理由は、規約で禁止されているロボットを使用したからだそうです。実際には、プレイヤーの方々はロボット等の自動プログラムは使用していないということです。
ロボットと間違われるくらい素早く的確なストラテジーでプレイできるというのもすごい話ではありますが、ハウスにエッジがあるゲームでロボットを使ってもプレイヤーに有利に働くわけではないので、そもそもこういうルールは不可解です。
ルールはルールなので仕方ないですが、今回のケースでは使用していないということですので、支払いを求める正当な理由があります。
こういうときにプレイヤーによる証明は困難です。さらに、「カジノの決定が最終」という伝家の宝刀を持ち出されたりすると困ってしまいます。
そういう意味で、RTGやプレイテックなどの一部マイナーカジノはリスクが高いと思いますが、今回はロンドンで上場しているグループの傘下カジノです。資金難からロボット云々の難癖をつけたRTGのハンプトンカジノの支払い拒否とは事情も違うでしょう。
最終的にどうなるのかは見ていく必要がありますが、ロボットのように正確なプレイができる人は、今後は要注意ですね。
それにしても、一部のオンラインカジノのこうした行為が優良カジノの努力を台無しにしてしまうというのは、残念なことです。
当サイトでは、アクロポリスカジノを評価中カジノのリストに入れていましたが、これをもって不掲載決定リストに移行させます(最終的に支払いが行われるとしても、それは変わりません)。



Comments are closed.

コメント

「ロボット並みの動作をする人たちの話」へのコメントはまだありません。

「ロボット並みの動作をする人たちの話」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)