セーフティネットについて考える ( 2005年11月22日 )

ココカジノの「一時停止」以来、オンラインカジノをきちんと選ぶことの重要性について、今さらながら再認識しました。

もちろん下手な選択をするとマズいということは自分自身の経験からもよく分かっていたつもりでしたが、最近は優良カジノが増えていることもあり、少し警戒心が足りなくなっていたかもしれません。

そんなわけで、選択は重要なのですが、それでも不払いなどの被害にあった場合はどうするのか、いわゆるセーフティネットについて考えてみました。

オンラインカジノの場合、顔の見えない世界なので逃げられたらおしまいというイメージもありますが、実際そうでもありません。

  • ソフトウェアプロバイダー

    マイクロゲーミングのように、その関係カジノが破綻した場合、独自の基金を活用してプレイヤーへの支払いを完璧に完了させるソフトウェアブランドもあります。実際過去にそうした措置が発動したこともあります。

    残念ながらマイクロゲーミング以外にそうした完全な安全網を用意しているところはありません。「カジノが潰れてもうちは関係ない」というところがほとんどです。普段はあまり意識しないことですが、マイクロゲーミングはそういう意味で非常にパワフルです。

  • eCOGRAなど第三者機関

    eCOGRAに代表されるような調停・仲裁を請け負う機関があると、もしものときに案件を持ち込むことができます。他にもSafebetのようなエセ機関がありますが、いまのところ信頼できるのはeCOGRAだけです。実際にeCOGRAでは多くのケースを解決しています。

  • ライセンス発行元

    ココカジノの「一時停止」で一つの焦点になったのはライセンス元の対応です。もともとカジノでのトラブルに対して事後的にきっちり対応してくれるライセンス発行元というのはほとんどないので、セーフティーネットとしての役割を期待するのは難しいかもしれません。

  • チャージバック

    これはまったくおすすめしませんが、本当に悪質なカジノの場合、たとえば勝ったとたんに消えたという場合は、財産を守るためにチャージバックをすることもできます。ただし、チャージバック歴は残ってしまうので、やはりそれは最後の手段として、最初からそういう危ないところには近づかないというのが一番でしょう。

  • ポータルサイト

    これは意外と使えると思います。私自身、自分でこのサイトを立ち上げる前は英語圏の大手ポータルサイトに何度かお世話になったことがあります。ただ、そもそもまともなポータルサイトは悪質なカジノを最初から紹介していませんから、セーフティネットとしてはあまり意味がないかもしれません。

    それと、たとえば悪質なカジノを平気で紹介しているサイトなどの場合、連絡しても返事が来なかったり、または最初から連絡先が不明なことも多いです。

  • マーケット

    最近は株式市場への上場を狙うカジノも増えてきました。上場準備中や上場後にトラブル情報があっては株価に響きます。もしひどいトラブルがあったら株式市場を管轄する機関などや関係メディアに報告するというのも被害の続発を防ぐためには有効かもしれません。

と、書いてみて気がついたのですが、やはり事後に助けてもらえる仕組みというのはあまりありません。オンラインカジノはどう選ぶかというところがやはり重要になりそうです。



コメント

セーフティネットとは話が異なりますがカジノアカウントを開設する際にかなりの個人情報を皆様はカジノ側に提出していると思います。

カジノで勝ちたいゆえに、または信頼できるであろうサポートをされたから自分の情報を提示しているのだと考えますが果たしてこれはどうなんでしょうか?

プレイ中は上記のことをあまり気にしていませんでしたが、アカウントの閉鎖を希望したカジノより「個人情報は今後もカジノ側が持ち続ける」という旨の連絡をもらいました。

システム上削除は出来ないと言うのです。
かなり怖いです。

日本の個人情報保護法は適用されないのでしょうね・・・
「ジパング」とは言っても・・・

by いむ : 2005年11月23日

僕がオンラインカジノをはじめてプレーしたのは2001年頃でした。
PCの初心者で、もちろんインターネットもしたことも無かったです。
たまたま、Yahoo.comでCasinoと調べたら不払いで有名なWindows Casinoがスポンサーで一番上に出てきているではありませんか。
ですので、サーチエンジンすら信用してはいけないんだとその当時から自己防衛策として身に付きました。

ちなみに僕は、スポーツブックはしないので、ココカジノなんて聞いたこともなければ、サイトに訪れたこともなかったです。知らなくて幸せでした。

やはり、信用できるソフトウェアプロバイダーを選ぶのが一番でしょう。

今や、NETellerへの支払いが数分から、金額を入力して決定ボタンを押した瞬間に入金されている時代にかわりつつあるので、
VIPプレーヤーにしか45分以内に支払いませんではもはや遅い時代なのです。

支払いにオートマティック化を取り入れる。
オンラインカジノの時代はそこまで進化してきています。

そうなれば、支払い状況が悪いなんてすぐに分かります。
実際にオートマティック化している所もありますので、あと、しばらくの辛抱ですかね。

全てのカジノで支払いのオートマティック化が実現すれば、このような問題は起こらないようになるのでは。
そうなれば、資金力のないカジノは潰れていくだけですからね。

by Harry : 2005年11月23日
「 セーフティネットについて考える 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ