Time誌でオンラインギャンブル関連記事 ( 2005年11月22日 )

米Time誌でこんな記事がありました。

How the U.S. Is Getting Beat in Online Gambling

オンラインギャンブル(特にポーカー)がブームになっていること、PartyGamingがどのようにシェアを伸ばしてその創業者たちがいかに大きなお金を手にしたかという点、それにアメリカ司法省はオンラインギャンブルは違法だというスタンスを変えていないこと、それでも大手メディアはオンラインカジノなどの宣伝を続けていること、イギリス政府は違ったアプローチをとっていることなどが書かれています。

特に新しいことがないという意味ではCBSの番組「60 Minutes」での特集と同じですが、これから先はこんな感じでもっと注目を浴びるようになっていくのだろうと思います。



コメント

「 Time誌でオンラインギャンブル関連記事 」へのコメントはまだありません。

「 Time誌でオンラインギャンブル関連記事 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ