ブラックジャックゴールドにバグ(その5) ( 2006年08月24日 )

マイクロゲーミングのブラックジャックゴールドシリーズの自動プレイ機能が正常に動かなかった問題で、トライデントグループから連絡がありました。
すべてのカジノで同じように対応しているのかどうかは確認できていませんが、おそらく同様の対応になると思います。(カジノによっては、調査が完結していない初期の途中段階でプレイヤーに「これで完了」というような連絡をしたところもあったようですが、後から正されるはずです)
トライデントグループからの連絡を以下のとおり引用します。

マイクロゲーミングにて、新作ゲームGold Series Volume 1のブラックジャックゲームのオートプレイに問題があることを確認いたしました。
対象となったゲームは以下の通りです:
Atlantic City Blackjack Gold Series
Vegas Downtown Blackjack Gold Series
Vegas Strip Blackjack Gold Series
European Blackjack Gold Seriesゲームには影響はございません。
対象ゲームにおきましては、ディーラーがディーラーのアップカードを正確に読みこまない問題がありました。現在この問題は修正されております。
私どもではマイクロゲーミングと共に該当ゲームにてベット額を失った可能性のあるプレイヤーの方の会計調査を行いました。お取引の日付は2006年7月31日から2006年8月12日の間となっております。
以下の仮定と分析が結論の算出法として使用されています:
– オートプレイが不正確な「降参」(注: サレンダー)を行った場合: プレイヤーにはベットの残りの金額が支払われる。
– オートプレイが不正確な「ヒット」を行いプレイヤーが負けた場合:プレイヤーにはそのベットの全額が支払われる。
– オートプレイが不正確な「スタンド」を行いプレイヤーが負けた場合: プレイヤーにはそのベットの全額が支払われる。
– 正確なストラテジーではダブルのところを、オートプレイがヒットあるいはスタンドにした場合: プレイヤーはそのベットの初期額が支払われる。
私どもの会計調査のレポートでは、影響を受けているおそれのある全てのプレイヤーをリストアップしており、今回の問題から発生したお客様への損失の負担額と、ご迷惑をおかけしましたお詫びを添えまして、お支払いさせていただきました。
今回のケースは単独のゲームにおきまして発生した出来事であり、マイクロゲーミングでは問題を早期に認知し修正しております。お客様にはご安心いただきますようお願い申し上げます。

あとは8月30日にリリースされるブラックジャックゴールドシリーズの第二弾にバグがないことを祈るだけです。



Comments are closed.

コメント

「ブラックジャックゴールドにバグ(その5)」へのコメントはまだありません。

「ブラックジャックゴールドにバグ(その5)」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)