ICEiでいろいろな動き ( 2006年01月25日 )

ロンドンでは1月24日からICE (International Casino Exhibition)が開かれており、その一部としてオンラインギャンブルに特化したICEiというコーナーも設けられています。
そのICEiについて、Online-Casinosというウェブサイト(英語)が詳しいことを速報レポートしています。
PLENTY OF ACTION AT INTERNATIONAL CASINO EXHIBITION
http://www.online-casinos.com/news/news1674.asp

  • ネットエントが新しいゲームを展示。カジノホールデム、スロットのゴールドラッシュ、5ハンドマルチプレイヤーブラックジャック、10ハンドジャックスオアベタービデオポーカーなど。2月中には2種類のボーナス機能のついた海賊がテーマのスロットやビンゴをリリース予定。
  • ボスメディアではポーカーサイドで動きが活発で、ゲームを増えて対応言語も6言語に拡大。カジノソフトについてもフリースピンやボーナス機能のついた新スロットなどが数ヶ月以内に登場予定。携帯カジノ面では特に新ゲームの予定はなし。
  • オービスオープンベットが新ソフトを展示。ダウンロード不要型で27ゲーム。毎月2ゲームを追加予定。
  • パーレイエンターテインメントは四半期ごとに2つか3つの新ゲームをリリースしていく予定。この会社はMSN UKにビンゴのソフトを提供中。
  • プレイテックは今年の半ばに携帯用ソフトを発表予定。PC用ソフトでは毎月1つ以上のゲームをリリースしていく計画。
  • リアルタイムゲーミングは4月までにスロットを含む約10のゲームを導入予定。
  • マイクロゲーミングはポーカーソフト内でカジノゲームが遊べる機能の開発を近日中に完了。毎月4つの新ゲームというスケジュールは今年も継続予定。