チェリーカジノがペイアウト監査を変更 ( 2006年06月26日 )

望ましい動きです。

チェリーカジノは、従来OPA(Online Players Association)というところにペイアウト率のチェックをさせてレポートを公開していました。

これを、PricewaterhouseCoopersによる監査に変更することが決まったそうです。

OPAは設立当初は名だたるメンバーが複数で運営する組織でしたが、内部対立の末に分解し、現在は一人でやっているという状態です(分解前のOPAと区別するために、通常、OPA IIと呼ばれます)。

ペイアウトを的確にチェックするような能力は実際にはないのではないかという見方もあります。

ですので、上場企業のチェリーグループのチェリーカジノがOPAに監査をさせているというのには違和感がありました。これが正常化されるということでしょう。

プレイヤーにとっては歓迎すべきことです。

チェリーカジノのレビュー



コメント

「 チェリーカジノがペイアウト監査を変更 」へのコメントはまだありません。

「 チェリーカジノがペイアウト監査を変更 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ