ICEiについてのInfoPowaレポート ( 2006年01月27日 )

1月26日まで3日間ロンドンで開催されていたICEiに関するレポートをオンラインギャンブルニュースサービスのInfoPowaが発表しています。

InfoPowa ICE report Day 1 by Brian Cullingworth
http://mb.winneronline.com/showthread.html?t=22968

InfoPowa ICE Report Day 2 by Brian Cullingworth
http://mb.winneronline.com/showthread.html?t=22971

InfoPowa ICE report Day 3 by Brian Cullingworth
http://mb.winneronline.com/showthread.html?t=22984

1日目の報告の内容はこちらの記事と同じですが、2日目と3日目のレポートにも面白いことが書かれています。主なものを抜粋します。

  • スウェーデンの新興ソフトメーカーTAINは勢力を拡大中で現在12のオペレーターがある。

  • スカンジナビア諸国を主な対象とするソフトサプライヤーEGETは現在5つのランセンシーを持つ。今後も拡大の傾向。

  • 今年も淘汰やM&AやIPOが進んでいくという予測については、どの関係者にきいても共通していた。

  • カジノとプレイヤーの間のトラブルを解決するための仕組みの構築については、ライセンス発行機関、ソウトウェア会社、業界団体、第三者機関などが従来以上に真剣に取り組んでいる。

  • 騒がれていた携帯カジノについては「失望」というのが一般的な見方。



コメント

「 ICEiについてのInfoPowaレポート 」へのコメントはまだありません。

「 ICEiについてのInfoPowaレポート 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ