ステルス式?ボスメディア新ソフト登場 ( 2006年06月29日 )

前触れなしにやってきました。
gtさんという方から、ファラオズカジノのレビューのページで、こんなコメントをいただきました。

昨日か今日、ソフトのバージョンアップをしています。

さっそく見てみました。バージョンアップというよりも、完全新生という雰囲気で、インターフェースは全体が変更されています。キャッシャーも全面刷新されています。
そして、嬉しいことにいくつもの新スロットがリリースされています。なかなか面白いです。

  • Match Day
    サッカーがテーマのフリースピンとボーナス付きビデオスロット。PKのボーナスは配当は低いが演出的には秀逸。

  • Extreme Games
    エクストリームスポーツがテーマの25ラインのフリースピンとモトクロスの楽しいボーナスがついたビデオスロット。

  • Kangaroo Zoo
    オーストラリアの動物がテーマのビデオスロットで、フリースピンとともに二種類のボーナスステージ付き。高配当が期待できて、しかも見ていて楽しいボーナス。フリースピンは最大で100回。

  • Bay Patrol
    ビーチのガードがテーマのフリースピン付きビデオスロットで、フリースピンは最大100回。フリースピンはリトリガー可能で、配当は2倍。ボーナスは選択式の海のレース。

  • Honeymoon
    二種類の異なるボーナスゲームがついたハネムーンがテーマのビデオスロット。

  • Cool Fruits
    3リール3ペイラインの普通のスロット。

  • Sweetheart
    これも同じ3リール3ペイラインの通常のスロット。

これだけ面白いゲームが揃ったので、あとはマイクロゲーミングのような充実した統計表示とか、スピード調整とか、自動プレイ機能などがつけば完璧でしょう。
なお、嬉しいことにプレイヤーズエッジのシングルデッキのブラックジャックは残存しています。
ボスメディアは、以前は四大オンラインカジノソフトウェアのひとつに数えられていました(マイクロゲーミング、クリプトロジック、リアルタイムゲーミング、ボスメディア)。
ですが、最近は新ゲームリリースのペースも遅く、採用カジノの数もあまり増えずにぱっとしない印象でした。
今ではトップ3にボスメディアを数える人はあまりいないでしょう。
そんなわけで、ボスメディアはランド用の機械とかポーカーに活路を見出すのだろうと勝手に思っていました。
が、今回のバージョンアップを見ると、まだまだカジノについても本気のようです。
それにしても、今回のような大幅チェンジをファラオズカジノはサイトでも何も宣伝していません。この商売っ気のなさには笑ってしまいます。
日本語ソフトウェアがないので、遊んだことがある人は多くないと思います。まあ、新し物好きのスロットファン以外は無理に遊んでみることもないでしょう。
ファラオズカジノのレビュー
ファラオズカジノの遊び方の説明