スロットの「ゴールデンルール」 ( 2005年12月30日 )

先日も同じような記事が載っていたように思いますが、ゲーミングクラブジャパンで知られるベルロックグループの会員誌COOL HANDに、またスロット関連のノウハウ的なことが掲載されていました。題して、Slots 5 Golden Rules (スロット 5つの黄金法則)です。

内容的には例のごとく目新しいものはないのですが、この雑誌が届かない人も多いと思うので、勝手に概要を紹介します。

  1. ロスリミットの設定

    いくらまで負けてもいいのか、プレイ前に限度額を必ず設定すること。その金額まで負けたら止めて、絶対に追いかけない。

  2. スカの回数

    スカ(配当なしのハズレ)のスピンが何回続いたら台を変えるというルールを作っておくこと。7~14回が標準。

  3. ベッティングシステム

    最初は2コインベットで開始。勝ち越してきたら3コインに。ハズレが出たら2に戻す。勝ち越しが続いたら最大でスピンあたり5コインまで増やしながら続ける。

  4. バンクロールの分割

    バンクロールを分けること。100ドルあるなら10機種に10ドルずつ、または20機種に5ドルずつなど。

  5. 勝ち目標の設定

    ゴールを設定すること。バンクロールの30%増し前後というのが現実的な線。その金額に達したら絶対に止めること。簡単ではないが、長期的にみればこの方が勝てる。

カジノ経営側とすれば、「勢いと感情にまかせてぶんまわせ!コインサイズ最大でドカンと大きいのを狙おうぜ!」と煽ったほうがいいようにも思いますが、これは良心的な内容ですね。

でも、私自身は目標額は入金額の10倍、そしてNETeller残高が無くなるまで追いかけてしまうタイプなので、到底実践できそうにありません。



コメント

「 スロットの「ゴールデンルール」 」へのコメントはまだありません。

「 スロットの「ゴールデンルール」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ