32レッドも情報共有サービスEthocaに加入 ( 2008年01月24日 )

不正をするプレイヤーを排除するための情報共有サービスEthoca(エソカ)に、32レッドカジノ(32Red Casino)も参加すると発表されています。

32Red Hedges Its Bets with Collaborative Fraud Management Technology from Ethoca

すでにEthocaとは、ウィリアムヒル、カジノオンネットの888 holdings、ビーウィン(bwin)、ラドブロークスといったオンラインギャンブル企業が提携しています。

こういう情報共有は参加企業が多いほど役に立つ半面、変なところが入ってくると、おかしな情報がまぎれてしまい意味がなくなるリスクもあります。(優良プレイヤーが他のオンラインカジノで遊べなくなるように、わざと自分のところのVIPプレイヤーを「不正プレイヤー」として登録するなど)

その意味では、加入に当たっては厳しい審査があるのだと推測しますが、逆に言うとEthocaに入れるということは、それなりにしっかりしたオンラインカジノなのだということになるのかもしれません。

32レッドカジノについて

関連記事
オンラインカジノの不正対策が新段階へ (2007年08月06日)



コメント

「 32レッドも情報共有サービスEthocaに加入 」へのコメントはまだありません。

「 32レッドも情報共有サービスEthocaに加入 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ