カジノの祭典「G2E ASIA」レポート その3 ( 2016年06月13日 )

前回までの記事はこちらから。

G2E ASIA レポート その1
G2E ASIA レポート その2

最終回の今回はG2Eの会場の様子をご案内します。
第1回でも触れましたが、G2Eにはお祭りの要素もあり、会場は大賑わい。
様々なイベントや催し物なども開催されていました。

まずはメインステージの模様を。

メインステージ

ここではカジノに関する講演会が開かれていました。
G2Eでは展示会のほかにセミナーも多数用意されていて、そちらでは有料で講義が受けられるのですが、こちらは無料。
客席はいっぱいで、関係者のみなさんが熱心に耳を傾けていたのが印象的でした。

では、続いて楽し気なものを。

変なキャラ

こちらは「BOLLER」のメインキャラクター。
単なる着ぐるみと思ってはいけません。なんとこの状態で激しいダンスを踊っていたのです。すごい。
まだまだありますよ。オンラインカジノではおなじみの「MicroGaming」にいたのがこちら。

ターミネーター

等身大(?)のターミネーター。とても精巧に作られていて、ちょっと驚いてしまいます。
かと思えば「Fusion」のブースでは、ブラジルのサンバさながらの恰好をした女性が激しいダンスを披露。

サンバ姉さん

これには会場も大盛り上がり。お祭り気分も最高潮といった感じですね。
また、カジノの祭典ならではの様子もあちらこちらで見られました。
例えば、こんな感じ。

カードゲーム

カジノテーブルを出しているブースはかなり多く、美人ディーラーを相手にカードゲームを楽しむ人々の姿が多かったです。
そんななか、個人的に面白いなぁと思ったのがこれ。

ライブカジノ

一見するとカジノテーブルのディーラーのように見えますよね。
でも、よーく見てください。ディーラーさんの視線が上に向かっているでしょう。
しかも、このテーブルにはお客さんはいないのです。
これ、何かと言うと、じつは「ライブカジノ」の実演中継。

ライブ画面

ディーラーさんの視線の先にはこのようなモニターがあって、実際のライブカジノの画面が表示されています。
画面を確認しながら、ディーラーさんはゲームを進めていたわけです。
普段、なかなか見かけない場面だけに興味をそそられますね。

では、そのほかに目を引いたいろいろを一挙にご紹介。

西遊記

西遊記? でしょうか。孫悟空と猪八戒の姿が見えます。ちょっと作りが中国風ですね。

ボディ・ペイント

こちらはボディ・ペイントをしたほぼヌードのコンパニオンさんたち。

格闘家

何のイベントなのかは謎ですが、檻の中でウォームアップする格闘家もいました。

コンパニオン

美人コンパニオンさん。目の保養にどうぞ。

コンパニオンさんたち

はい、またもや目の保養。美人コンパニオンさん集団。

美女

はいはい、美女をまた見つけました。とことん満喫してください。

というわけで、3回に渡ってお送りしてきた「G2E ASIA」のレポート。
いかがだったでしょうか。OCFでは今後もこういうイベントを続々報告していきたいと思います。

前回までの記事はこちら。

G2E ASIA レポート その1
G2E ASIA レポート その2



コメント

「 カジノの祭典「G2E ASIA」レポート その3 」へのコメントはまだありません。

「 カジノの祭典「G2E ASIA」レポート その3 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ