11月のペイアウトがもっとも高かったカジノ ( 2010年12月27日 )

信頼できるオンラインカジノはその公平性を証明するため、「eCogra」や「TST」などの外部審査機関による審査を導入しており、毎月のペイアウト率
(払い戻し率)を公表しています。

当サイトで上位に推薦しているカジノにおける2010年11月のペイアウト率は以下のとおりです:

1位

ラドブロークス
期間: 2010
年11月
全体: 96.86%
スロット: 95.42%
テー
ブルゲーム:
97.85%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

2位

32 Red
期間: 2010
年11月
全体: 96.80%
スロット: 96.36%
テーブルゲーム: 97.29%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

3位

ウィリアムヒル
期間: 2010
年11月
全体: 96.58%
スロット: 93.96%
テーブルゲーム: 96.88%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

4位

スピンパレス
期間: 2010
年11月
全体: 96.38%
スロット: 95.91%
テー
ブルゲーム:
98.29%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

—位

ベット365
期間: 2010
年11月
全体: —–%
スロット: —–%
テー
ブルゲーム:
—–%

ベット365の11月のペイアウト率はまだ公開されていません。

11月は日数が少ないせいか、カジノのペイアウトが全体的に平均的な印象でした。ほぼ、どのカジノも96%中盤辺りといったところで、10月の凄まじさと比べるとちょっと惜しい気がします。

ですが、考え方を変えれば12月と1月上旬がチャンス時期となるかもしれません。残り日数もあとわずかですが、ペイアウト率は期待大。年の瀬に一勝負するのも面白いかもしれません。

なお、現在のところ(12/25現在)、前回1位だった「ベット365」のペイアウト率がまだ公開されていません。ちょっと気になるところです。

スロットの率が高かったり、テーブルが得意だったり、とカジノにはそれぞれのタイプがあります。全体の率を見るのはもちろん、こういったそれぞれのペイアウト率に注目するのも立ち回りに有効な手段となります。また、定期的にペイアウト率をみていくことによって、カジノの特徴がつかめてくることもあります。お気に入りのカジノがペイアウト率を公開しているようでしたら、過去にさかのぼり何ヶ月間かおってご覧になることをオススメします。

ここで紹介しいるペイアウト率は、カジノ全体のほんのわずかです。ほかにもペイアウト率を公開しているところはありますので、違うカジノで遊んでいる方も、一度カジノのペイアウト率をチェックしてみてはいかがでしょうか?


80LadBrokes02.jpg
ラドブロークスの詳細
ラドブロークスのサイトへ