ゲームレビュー 「THE INVISIBLE MAN」 by ゲーム仙人 ( 2015年06月24日 )


THE INVISIBLE MAN

今回はSmart Liveカジノで遊べる『THE INVISIBLE MAN』じゃ。
『透明人間』というと、いまではホラー映画、モンスター映画に分類されるキャラクターじゃが、H・G・ウェルズが1897年に小説を発表したときにはSFとして世に出たんじゃな。
はじめて映像化されたのは、1933年のユニバーサル映画。
英国人俳優のクロード・レインズ出世作としても有名な名作ホラーじゃ。
しかし、この"透明人間"というキャラクターは、どちらかというと日本で人気の設定のようじゃな。
『透明人間あらわる』とか『透明人間と蝿男』などの大映映画やいろいろなTVドラマの題材になり、極めつけはピンクレディーの名曲『透明人間』!!
そんな人気モノな透明人間なわけじゃが、やってることは覗きとかイタズラがほとんどというのがちょっとお茶目な設定。
このスロットでは、お茶目な透明人間のイタズラ放題が思わぬ大勝利をもたらすかもしれんのじゃよ。

■特徴 優れた点
5リール20ラインのスロット。
一番高い絵柄でヒロイン「フローラ・クランリー」の500コイン。
キャラ絵柄5種に文字絵柄5種。
ま、普通の20ライン機種じゃな。
入賞は左右どちらからでも同じ絵柄が有効ライン上に並べばOK。
すべてのリールが止まるまでドキドキできるところは、このBOTH WAYSタイプのグッドな点じゃな。

そして、このBOTH WAYSがもたらすのが、このスロットの爆裂契機でもあるWILDなんじゃ。
じつは、このスロットはフリースピンとボーナスを搭載しとるんじゃが、スキャッター絵柄やBONUS絵柄がない!!
WILDがすべての契機絵柄になっとるんじゃ。
まず、通常でのWILDは、もちろん他の絵柄を代替する絵柄。
ところが、その場限りのWILDではない。
WILDには2種あり、「Griffin」WILDと「Police」WILDがある。
グリフィンというのは、透明人間ことジャック・グリフィン博士じゃな。
ところで、このWILDは出現したらRE-SPINが発生する。
1リールずつ移動して、画面外へ消えるまでWILDの役割を果たす。
しかも、RE-SPINじゃからベットいらず!!
「透明人間」WILDは出現地点から右へ、「警官」WILDは左へ移動するんじゃ。
それぞれ進行方向から一番遠いリールに出現すれば、4回のフリースピンになるというわけじゃな。
もちろん、移動中にさらにWILDが出現すれば、それも移動を開始するので、タイミングが良ければ、永遠にRE-SPINが続くことも!?

■ボーナス
さて、ボーナスじゃが、これはある段階を踏むことになる。
まずは「透明人間」WILDと「警官」WILDが同一線上に出現すると大チャンス。
それぞれが移動していくと、どこかで出会うというイベントが起こるんじゃ。
すると10回のフリースピンに突入するわけじゃな。
ここで面白いことがひとつ。
滅多にあることではないが、同時に2か所、3か所でWILDが出会うなんてこともないわけじゃない。
この場合、なんとフリースピン回数が20回、30回になる!

さて、フリースピン中もWILDは出現しまくることになるわけじゃ。
すると通常と同じようにRE-SPINじゃな。
つまりWILDが出現すればするほど、フリースピン回数が増えるわけじゃ。
このフリースピン中も「透明人間」と「警官」が出会うこともある。
この場合はフリースピン回数に4回上乗せじゃ。
とにかく、フリースピン中のWILD出現がこのスロットのキモじゃな。

通常ゲーム中は、ただ移動して消えるだけのWILDじゃが、フリースピン中はそれぞれが画面外に消えた回数が最重要になる。
スロットの左右に「透明人間」と「警官」がおるんじゃが、それぞれWILDを獲得すると、画面上部のゲージがひとつずつカウントされる。
それぞれ最大で8個。
10回のフリースピンで8個!!
けっこうハードルが高そうじゃが、ここでRE-SPINが効いてくるわけじゃな。

とにかくひたすらWILDが移動して、ゲージを貯めるのがポイント。
つまりRE-SPIN時にどれだけ多くのWILDを獲得するかが勝利への鍵ともいえるじゃろう。
こうなるとWILDが出会って4回フリースピンを獲得するなんてのは、状況によってはもったいないとさえ言えるような事態じゃな。

ボーナスじゃが、左側の「透明人間」にWILDが8個貯まると「BONUS GAME」。
3ステージ構成の賞金探しじゃな。
「バー」、「屋敷」、「駅」とステージを移動しながら「コイン」、「マルチプライヤー」、「警報」のどれかを獲得じゃ。
「警報」が鳴る前にどれだけ賞金とマルチプライヤーを獲得できるかが大勝利への道じゃな。

「警官」側に8個で「POLICE SPIN」じゃ。
これは3回のフリースピンになっとる。
じゃが、ただのフリースピンじゃないぞ。
燃え盛るリールに向かって警官が拳銃を5発!!
撃った場所がWILDに変化するんじゃ。
5か所もWILDが出現するわけじゃから、ほぼ賞金獲得は確定じゃな。
出目によっては、一撃BIG WINじゃろう。

■改善点
とにかく何事もWILD出現次第。
フリースピン中もWILDが出まくれば勝ちだし、出なければ負け。
あまりにもWILD頼りなゲーム性じゃから、出ないときの単調さは問題じゃな。
ま、それもWILDが強力過ぎる反動みたいなもんじゃよ。

■総評・まとめ
フリースピンでWILDが大量に出現して、連続RE-SPIN!
これがMEGA WINへの道。
通常でもフリースピンでも、とにかくWILDで賞金への大チャンス。
NetEntらしい凝ったシステムと、運と引きで訪れる大量獲得の瞬間。
透明になるどころか、抱えきれないクレジットを持つ羽目になるかもしれんぞ。


by ゲーム仙人サイトー


■得点

スペック
ライン 数: 20
リール数: 5
プログレッシブ: なし

評 価項目 各10点
ギャンブル度: 8
ボーナス・演出度: 9
オリジナリティ: 9
グラフィック: 9
プレイの快適さ: 9
総合得点: 44


ランク


■詳細情報
タイトル:THE INVISIBLE MAN
開発元:Net Entertainment
リリース:2014年

smartlivecasino
スマートライブカジノのサイトへ

スマートライブカジノ 徹底レビューと解説
スマートライブカジノ オンラインカジノファン限定ボーナス
スマートライブカジノ  登録と入金方法
スマートライブカジノ ゲームの遊び方
スマートライブカジノ「ライブ・ブラックジャック」の遊び方(動画付き)
スマートライブカジノ「ライブ・ルーレット」の遊び方(動画付き)




コメント

「 ゲームレビュー 「THE INVISIBLE MAN」 by ゲーム仙人 」へのコメントはまだありません。

「 ゲームレビュー 「THE INVISIBLE MAN」 by ゲーム仙人 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ