ゲームレビュー 「ウィリアムヒル カジノ」のルーレットあれこれ」(2) byゲーム仙人 ( 2012年07月15日 )


ウィリアムヒル カジノ」のルーレットあれこれ
今回はアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルに注目じゃ。
ルーレットは1~36に区切られた盤面でプレイすることになるんじゃが、それ以外に「0」があるじゃろう。
基本的には「0」の数というか、「0」と「00」のあるアメリカンスタイルと、
「0」 がひとつだけのヨーロピアンスタイルの2つに分別される。
厳密に言えば、ここに「000」のあるメキシカンスタイルってのもあるわけじゃが、オンラインカジノではまず目にしないじゃろう。
つまり、オンラインカジノで遊べるルーレットは、37に仕切られたホイールと38に仕切られたホイールになるわけじゃ。
単純に考えると、1/38を当てるよりも、1/37を当てる方が、やや簡単じゃが、ことはそう簡単なわけでもなさそうじゃよ。

アメリカンルーレットの特徴
まず「0」と「00」のあるルーレット盤でプレイするのが、このアメリカンスタイル。と「00」は"偶数"や"奇数"には含まれないので、もし、「0」や 「00」で勝ちたいなら、つねに1点賭けをすることになるわけじゃ。
1/2や1/3の確率を狙う低投資賭けのプレイヤーには、ほぼ関係のない数字ってことになるな。
ただし、たとえば黒か赤かの2択の場合、いわゆるハズレが、この「0」「00」になる。
すると2/38、つまり1/19がハズレじゃ。
この確率は、けっして低くはない。
ちなみに、「0」は「2」と「28」の間に、「00」は「1」と「27」の間にある。
そして、盤面の対角上に、それぞれがある。
この並びで勝負したいなら、ベットしておいても不都合はないじゃろう。

ヨーロピアンルーレットの特徴
そして、「0」がひとつだけなのが、このヨーロピアンスタイルじゃな。
ひとつだけというか、たぶん、こっちのほうが、いわゆる"普通の"ルーレットって印象が強いじゃろう。
赤でも黒でも、偶数でも奇数でもない数字がひとつだけ。
つまり、1/37が「0」じゃな。
ウィリアムヒルカジノの「プレミアムヨーロピアンルーレット」では「0」は、「26」と「32」の間にある。
ここでアメリカンスタイルとの明確な違いがある。
アメリカンスタイルでは、1/3確率の大中小賭けをした場合、「0」と「00」は、ホイール上の小と大に挟まれた場所にあった。
しかし、ヨーロピアンスタイルでは、大の数字に挟まれている。
3マスも大数字が並んでいるのは、ここだけじゃ。
つまり、基本的には大中小均等に可能性のあるはずのルーレット盤で、ここだけが、大に偏りやすい部分になるということじゃな。
もし、大中小賭けが好きであるならば、大を外して賭けるのは、ほんの少しだけリスクが高くなるという理屈にもなる。

どっちがお得か!?
いまでは主流のヨーロッパスタイルじゃが、もともとのルーレットは「0」と「00」の38区分だったそうじゃ。
のちに37区分のルーレットが考案されて、ヨーロッパで広まったのが、現在のヨーロッパスタイルのルーレット。
良く言えば、洗練されたルーレットとも言えるかもしれんな。
じゃが、もっとも大きな差といえばハウスエッジ(控除率)じゃろう。
基本的にプレイヤーとディーラー側の対決しかないルーレットでは、このハウスエッジが高いほど、カジノ側に有利になるわけじゃ。
37区分のヨーロッパスタイルでは、期待値97.3%になり、ハウスエッジは2.7%になる。
対して、アメリカンスタイルは38区分になるので、ハウスエッジ5%じゃ。
当然、プレイヤー側の期待値が大きいヨーロッパスタイルが有利ということじゃな。
しかし、数字的には大きな差に見えるかもしれんが、実際にはそれほど大きな差も感じないわけじゃ。
所詮、最大で36倍レートは同じだし、当たる数字は1回にひとつ。
38区分のほうが、より複雑な作戦を組み立てやすいという御仁も多かろう。
その作戦じゃが。
ウイリアムヒルカジノの「プレミアムヨーロピアンルーレット」と「プレミアムアメリカンルーレット」には、明確な違いが存在する。
「プレミアムヨーロピアンルーレット」のゲーム画面には、"Tier"、"Orphelins"、そして"Voisins du Zero"の3種類のベット法が表示されとるんじゃ。
これは、リスクを最小限にして、36倍配当を勝ち取るために考案されたベット法の一部じゃな。
この中でも注目は"Voisins du Zero"。
17か所にベットする中に、ちゃんと「0」も含まれとる。
もちろん、「プレミアムアメリカンルーレット」でも、まったく同じ賭け方自体は可能じゃが、クリック一発でできるところが、この「プレミアムヨーロピアン ルーレット」の利点じゃろうな。

総評・まとめ
もちろん、ルーレットといっても所詮はオンラインゲーム。
本物のルーレットのようにディーラーが意図してボールを投入することもできないし、ベットしたところをわざと外されることもない。
リールを回すタイミングはプレイヤーに委ねられているし、プログラムが誠意をもって確率論的に出目を算出しとるわけじゃ。
その意味では、確率の高いスロットとさえ言えるかもしれん。
じゃが、結局のところ、どちらを選ぶかはプレイヤー次第。
多少の確率は違うが、要はヒキだったり運だったりする。
家に居ながらにしてカジノ気分を味わえるオンラインカジノ。
アメリカンな雰囲気に浸りたいなら「プレミアムアメリカンルーレット」、ヨーロッパ貴族な気分なら「プレミアムヨーロピアンルーレット」。
それで良いんじゃないかのう。


by ゲーム仙人サイトー



詳細情報
タイトル:プレミアムアメリカンルーレット
     プレミアムヨーロピアン ルーレット
開発元: プレイテック


プレイ可能なカジノ

ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ
ウィリアムヒルカジノの登録方法
OCF限定ボーナス





このゲームが遊べるところ
FUN88(ファンハチハチ)でOCF限定ボーナスがスタート!
FUN88(ファンハチハチ) 徹底レビューと解説
カジノの秋スタート! ジパングカジノ9月後半のプロモーション

コメント

「 ゲームレビュー 「ウィリアムヒル カジノ」のルーレットあれこれ」(2) byゲーム仙人 」へのコメントはまだありません。

「 ゲームレビュー 「ウィリアムヒル カジノ」のルーレットあれこれ」(2) byゲーム仙人 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ