台湾でカジノ条例草案が承認 がんばれ日本!! ( 2013年05月08日 )

数日前、台湾の閣議にて『観光カジノ管理条例』草案なるものが承認されました。
カジノの合法化の第一歩です。

日本でもアベノミクスになってから、ここぞとばかりにカジノ合法化が再度表舞台に上がってきたようで、カジノ議連の新しいメンバーも決まりました。

昨年、マカオを行われたランドカジノのカンファレンスに行ってきましたが、その際にも日本、韓国、台湾の合法化が話題となっており、聴衆に3カ国の中で一番カジノ合法化が早いのはどこ?というアンケートをその場でとったのですが・・・1番が台湾で2番が韓国。そして日本はやっぱり最後。
ま、こんなものなのででしょうが、再熱したのはありがたいことです。

カジノ法案が承認されたからといって、すぐにカジノができるわけではないのですが、台湾では早ければ2019年にはできるといううわさが流れています。
カジノ候補地は馬祖島(Matsu Island)。こちら去年台湾政府がすでに島民にカジノ設立に対しての可否の投票をおこなっており、賛成が1,795票(有効投票数の57%)と反対1,341票(同42%)と結果となっています。
台湾カジノ第一号は馬祖島になるのはほぼ間違いないと思われます。
昨年の時点では他に2つ、合計3つの場所が候補地としてあげられており、3か所ともすべて中国大陸に近い離島。台湾政府が中国からの集客を見込んでいるのがあからさまです。
が、現在中国政府は国民に対し台湾での賭博行為を禁止(以前パチンコがあった際も)、しているのでこれから中国政府との交渉という大きな問題を抱えています。

いずれにせよ、カジノ合法化で約8万人の雇用を生み出すといわれており、経済効果が大いに期待されています。

また開業後約20年間は勝利金に税金はかからず、カジノ運営者は地方税7%と中央政府に7%(のちの9%まで引き上げ予定)を収めるということになっているようです。

尚、台湾人の入場には2千元(約6千円)の入場料がかかります。これはシンガポールの80シンガポールドル(約5600円)と似たようなものですが、現在シンガポールでは自国民への入場料を上げることを検討しているので、いずれは台湾もそうなるのかもしれません。
 またカジノ経営者の場合は、4親等から5親等までの親族に対する信用調査も行う、業者への審査基準もかなり厳しものになるということです。

でも実際カジノの運営という言うのはこのくらい厳しくするべきで、日本も、コネとか利権とかに振り回されないようなカジノづくりをしてもらいたいものです。




コメント

「 台湾でカジノ条例草案が承認 がんばれ日本!! 」へのコメントはまだありません。

「 台湾でカジノ条例草案が承認 がんばれ日本!! 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ