チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ 「レアル・マドリード」対「バルセロナ」戦を予想してみませんか? ( 2011年04月26日 )

4月20日にスペイン国王杯の決勝戦が行われました。カードは"エル・クラシコ"。ご存知の通り"伝統の一戦"と呼ばれているレアル・マドリード対バルセロナの一戦です。実はこの両チーム、4日前の16日にもリーガ・エスパニョーラ第32節で対戦しており、1-1の同点に終わっていました。今シーズン1個目となるタイトルを掛けた試合は、当初の予想通り自慢のパスサッカーを軸にボールポゼッションで圧倒的に有利に立ったバルセロナが有利に進めて行きます。ところが、シャビ・アロンソ、ケディラ、ペペのトリプルボランチを敷き、ゴール前に"白い壁"を築いたレアル・マドリードがバルセロナの攻撃をことごとく跳ね返していきます。そして攻撃面では、前線で虎視眈々と待つC・ロナウド、そして後半から投入したアデバヨールに向けロングボールを送るカウンターで一発を狙い続けます。結局意地のぶつかり合いとなった試合は90分でも決着は付かず、延長戦へと突入します。バルセロナは、相変わらずシャビ、イニエスタ、メッシ、アウベスの細かいパス交換に前戦のペドロやアフェライが絡みゴールを狙いますが、低い位置で守るレアル・マドリーの牙城をどうしても崩すことができません。苛立ちと疲れがから足が止まり始めたバルセロナに対し、レアル・マドリードもようやくC・ロナウドとアデバヨールにボールを繋げるようになり始めます。そして延長前半13分、マルセロとのワンツーから左サイドを抜け出したディ・マリアのセンタリングをC・ロナウドがヘディングで決め、ついにレアル・マドリードが先制します。結局、この1点を死守したレアル・マドリードがスペイン国王杯18度目の優勝を勝ち取ると共に、2シーズン続いていた無冠に終止符を打ちました。

バルセロナの司令塔シャビは、「ピッチの中でサッカーをしようとしていたのは、僕らバルセロナだけだった」と、モリーニョ監督の採用したトリプルボランチを「守備的」と批判するコメントを残しています。確かに、バルセロナのパスサッカーは華麗ですし、見ていて面白いことは紛れも無い事実です。しかし、「それ以外のスタイルがサッカーではない」と一蹴するのは単なる負け惜しみに過ぎません。モリーニョ監督もスペイン国王杯決勝後の記者会見で「『ボールポゼッションこそ最高のサッカー』と主張する人もいるが、それが正しいとは思わない。スペースを上手く消す守備とカウンターを上手く機能させるチームプレーも素晴らしい試合を構成する要素となり得る」との自論を述べています。何シーズンも同じメンバーと指揮官でプレーを続けているバルセロナならまだしも、選手の入れ替わりが激しいレアル・マドリーにあって、しかもシーズン1年目となれば、バルセロナと対極のスタイルを目指すのも、ある意味必然だったのかもしれません。バルセロナのグアルディオラ監督も言ったように、サッカーは勝ったチームが常に正しいのです。と言う訳で、レアル・マドリーの勝利にベットした僕の予想は見事に的中しました!

スペイン国王杯で激闘を演じた両チームは、4月27日(ファーストレグ)と5月3日(セカンドレグ)に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でも再び顔を合わせることとなります。そして今回の予想は、4月27日に"サンチャゴ・ベルナベウ"(レアル・マドリードの本拠地)で行われるCL準決勝ファーストレグです。4月16日(リーガ・エスパニョーラ第32節)と20日(スペイン国王杯)に続く"エル・クラシコ"3戦目となる訳ですが、この試合でも熱い戦いが予想されるはずです。国王杯決勝でバルセロナに勝ち勢いに乗るレアル・マドリードですが、CLファーストレグでは守備の要であるカルバーリョが累積警告によりこの試合を欠場するという頭の痛い問題を抱えています。おそらく攻撃面については、これまで通りカウンター狙いでくることは間違いないまずですので、彼の不在をどれだけカバーし、失点を防げるかが勝利の鍵となるでしょう。体力のある前半は高い位置からのプレスを生かしてレアル・マドリーがバルセロナ相手に互角の戦いを見せるでしょうが、疲れの見え始める後半を如何に戦うかが重要になってくると思います。前半にレアル・マドリードが先制点を奪えれば、勝機を見出せるかもしれません。その一方で、これまでぺぺの執拗なマークに手を焼き満足にプレーをさせてもらっていないメッシもそろそろエンジンを掛けてくるかもしれません。しかも、レアル・マドリードにとっては、ファーストレグをホームで戦わなければならない状況は残念ながら有利とは言えません。雰囲気的にはバルセロナに分がありそうですが、レアル・マドリーには是非とも8年振りに決勝進出を果たして欲しいということで、僕はレアル・マドリードの勝利にベットしたいと思います。

ウィリアムヒルの現在のオッズは「レアル・マドリード」の勝利が2.62倍。
「バルセロナ」の勝利が2.60倍。
同点が3.40倍となっています。

ウィリアムヒルサッカーオッズページへ↓

・・・ということで、スペイン在住のサッカー通、H氏からの試合予想でした。




ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法





コメント

「 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ 「レアル・マドリード」対「バルセロナ」戦を予想してみませんか? 」へのコメントはまだありません。

「 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ 「レアル・マドリード」対「バルセロナ」戦を予想してみませんか? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ