カジノのアカウント通貨を間違えると危険 ( 2008年03月30日 )

オンラインカジノのアカウント通貨の話です。

先日、あるオンラインカジノで新規アカウントを開く時に通貨としてユーロを選択して、ユーロでボーナスをもらった人から「アカウントが閉鎖されてしまった」という相談がありました。

調べてみると、そのカジノではユーロ圏以外の人がユーロのボーナスをもらったり、英国以外の人がポンドのボーナスをもらったりすることが規約で禁止されていました。

明解に禁止されていたので、文句をいえないケースです。

たとえばカジノシェアでは以下のように条件に明記されています。

プロモーション、あるいはボーナス・オファーに参加するためには、登録した住所およびプレイをされている場所がある国の主要通貨を使用してプレイを行う必要があります。この条件に反した通貨での購入があった場合、カジノはボーナスおよび勝利金を保留にする権利を保有します。ただし、米ドルはその例外とします。

この場合は、ボーナスさえもらわなければセーフです。

違うパターンもあります。たとえばミニベガス(ベガスVIPラウンジ)です。

All accounts opened not according to our Account Currency Policy (i.e. Euro accounts opened from a non-EU country) will be locked: should you have made a deposit before the account is locked, the Casino cannot be held responsible for any action taken afterwards.

ここでは、上記のようにボーナスをもらうか否かに関係なく、ユーロ圏以外の人がユーロアカウントを開くことは禁止されています。

従い、パターンとしては以下の三通りがあることになります。

  1. どの通貨で開いてどの通貨でボーナスをもらってもOK
  2. どの通貨で開いてもいいが、ボーナスをもらえる通貨は限定される
  3. 在住国によってアカウント通貨が決まってしまい、それ以外の通貨では開けない

過去には何度も、アカウント通貨条項違反で支払いを拒否されたケースが報告されています。

ボーナス目当てでなくても、メガムーラーのような複数通貨対応のプログレッシブスロットのジャックポットをポンドで狙いたいというような目的の人もいるかもしれません。

せっかくプログレッシブを獲っても、通貨規約違反で没収となったら悲劇です。十分注意してください。

最近はヨーロッパでオンラインカジノの人気が高まっているため、米ドルだけでなくユーロやポンドが選択できるカジノが増えています。

ですが、日本に住んでいる人は基本的には米ドルアカウントを開くほうが安全でしょう。

どうしてもユーロかポンドで開きたいという場合は、事前に条件をよく確認するか、アカウント登録の前にサポートに確認しておくようにしてください。

なお、言うまでもありませんが、上記1のパターンにあてはまるカジノであっても、ドルとユーロで合計二つというように一人で複数のアカウントを開くことは禁止されていることがほとんどです。注意してください。



コメント

「 カジノのアカウント通貨を間違えると危険 」へのコメントはまだありません。

「 カジノのアカウント通貨を間違えると危険 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ