代替決済手段の雪崩現象 ( 2007年01月21日 )

アメリカでNETELLER(ネッテラー)の幹部が逮捕されてNETELLERがアメリカ人のオンラインギャンブル決済を止めましたが、それ以降、他の代替決済会社も次々とアメリカから引き上げているようです。
数日前にお伝えしたCitadelとInstaDebitに加えて、これまでのところ以下のようなことが起こっています。

  • Click2Pay (クリックトゥペイ)
    アメリカ居住者による新規アカウント登録を停止した模様。既存アカウントについても連絡無しでロックするなど混乱が続いている。

  • PaySpark (ペイスパーク)
    アメリカ居住者による新規アカウント登録を停止した模様。既存アカウントについては現在は稼働中。

  • Tadserve (TADサーブ)
    アメリカ居住者の入金取り扱いを取りやめた模様。

  • Western Union (ウェスタンユニオン)
    マイクロゲーミング系カジノがアメリカ居住者からのWestern Union経由の入金取り扱いを止めた模様。

NETELLERがカジノやポーカーへの入金に使えなくなって、沢山のアメリカ人が他の代替決済会社に殺到しているためか、サポートの反応がどこも非常に遅くなっているようです。
そういう意味で、多少はアメリカ以外の人にも影響が出ています。
あとは、こういうことが自分の国で発生したらどう行動すべきか、という点から今回の騒動を観察する必要もありそうです。
ちなみに、Mansionのように、カジノやポーカーの中にも今になってアメリカから撤退するところもちらほら出てきています。RTGも撤退するのではという噂もあります。
関連記事
代替決済会社のアメリカ撤退相次ぐ (2007年01月19日)



Comments are closed.

コメント

「代替決済手段の雪崩現象」へのコメントはまだありません。

「代替決済手段の雪崩現象」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)