10万超の現金の振り込みが不可に ( 2006年12月26日 )

いろいろなところでお知らせを目にしますが、来年の1月4日から、銀行や郵便局での現金の振り込みについてのルールが変更になります。

1月4日以降は、10万円を超える額の現金の送金については、現金自動預け払い機(ATM)を使った振り込みができなくなります。

そして、窓口で振り込む場合でも、本人が確認できる書類(健康保険証や運転免許証など)の提示が必要になります。

これまでNETELLERやマネーブッカーズに現金を使って銀行振込で入金していた人は、注意してください。

10万円以下であれば、従来通りです。

金融機関等による顧客等の本人確認等および預金口座等の不正な利用の防止に関する法律(金融庁ホームページ)



コメント

「 10万超の現金の振り込みが不可に 」へのコメントはまだありません。

「 10万超の現金の振り込みが不可に 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ