バカラのルール

バカラのルール

プレイヤー側が勝つか、バンカー側が勝つかをカードが配られる前に予想するだけの単純なルールながら、カジノで最も中毒性が高く、圧倒的多数のプレイヤーから支持を受けるカードゲーム、それがバカラです。



勝ち負けの判定:
2枚、もしくは3枚のカードを合計した数が9に近い方が勝ちとなります。

カードの数え方
絵札と10のカードは「ゼロ」としてカウントします。
エースは「1」としてカウントします。
その他のカードはカードに表記されている数字がそのままカウントされます。

2枚配られたカードの数字を合計して、その下一桁の数字が使用されます。

例1:
「4」と「K」の2枚が配られたと場合「4 + 0 = 4」 なので「4」が使用される数字となります。

例2:
「3」「Q」「9」の3枚が配られた場合「4+0+9=12」なので12の下一桁の「2」が使用される数字となります。

ナチュラルとは?
ナチュラルとは最初に配られる2枚のカードの合計が8か9になることです。
それぞれ「ナチュラル8」(エイト)。「ナチュラル9」(ナイン)と呼びます。
バカラで最強の数字はナチュラル9です。

支払い
プレイヤー側の勝利=1:1
バンカー側の勝利=1:1*
引き分け(タイ)=1:8 **

*バンカーの勝利は5%のコミッションが引かれます。
**引き分けとなった場合プレイヤーとバンカーにかけられたチップはそのまま戻されます。

ゲームの流れ
1.  
すべての賭けが置かれると、プレイヤー側とバンカー側に2枚づつカードが配られます。
配られた2枚のカードを合計した数によってゲームの進行が異なります。

2.「2枚のカードの合計がナチュラルの場合」
どちらかがナチュラル(8か9)を得た場合、ナチュラルを持っていた側の勝利となります。
もし双方ともナチュラル(8か9)を持っていた場合、9を持っているほうが勝利となります。
もし双方のナチュラルが同じ数字であれば引き分け(タイ)となります。

3.「2枚のカードの合計がナチュラルでない場合」
プレイヤーもバンカーもナチュラルではない場合、ゲームは「3枚目ルール」に従って続行されます。


プレイヤー側の3枚目ルール:

2枚のカードの合計が「0」「1」「2」「3」「4」「5」の場合
→3枚目を引く

「6」「7」の場合
→3枚目を引かない

先にプレイヤーがアクションを起こし、バンカーその後にアクションを行います。

バンカー側の3枚目ルール:

2枚のカードの合計が「0」「1」「2」の場合
→3枚目を引く

「3」「4」「5」「6」の場合
→プレーヤーの数字によってバンカーが3枚目を引くか否かが決定されます。


バカラの歴史
その原型は中世のフランスかイタリアで生まれたと考えられています。当時はタロットカードを用いてプレイされていたようです。近代に入りイギリスに遊び方が伝わると「ヨーロピアンバカラ」として定着しました。その後、ヨーロッパ諸国が植民地支配を広げるにしたがって、南アメリカやアメリカまで広まります。 しかしながら、カジノの本場であるラスベガスに導入されたのは最近といってもよいくらい遅く、1950年代に入ってから。プレイ方法の変更に伴い「アメリカンバカラ」として定着しました。そして、その後は皆さんもご存知のとおり。今日ではブラックジャックやルーレットと並んでカジノのテーブルゲームの代表的なゲームとして広く認知されています。

バカラを実際に練習するには、こちらでどうぞ。
プレイをしながらルールを学べば理解も早い。ダウンロードの必要なしですぐに遊べます。チップをクリックしてプレーヤーかバンカーに賭けてください。



バカラをプレイするならこのカジノ


ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ

80InterCasino.jpg
インターカジノの詳細
インターカジノのサイトへ


コメント

「 バカラのルール 」へのコメントはまだありません。

「 バカラのルール 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ