新ボーナスシステムは結局破綻か ( 2007年06月01日 )

ゲーミングクラブカジノなどのベルロックグループから、新ボーナスシステムの条件が変更されるという連絡がありました。

ボーナスシステムでは、プレイされるゲームの種類で全体の賭け金(wager)額条件へカウントされる割合が異なりますが、バカラ、クラップス、及び ルーレットが対象から外されることになりました。今後この3種のゲームをプレーされても、全体の賭け金(wager)額条件へはカウントされません。

今後は以下のようになります:

=賭け金(wager)額の100%が計算されます:スロット、ビデオスロット、シックボー、キノ、スクラッチゲーム

=賭け金(wager)額の67%が計算されます: 3 Card Poker、Cyberstud Poker、Casino War、Poker Pursuit、Poker Ride

=賭け金(wager)額の10%が計算されます:ブラックジャック、ビデオポーカー

また、お引き出しの前には賭け金条件をクリアしていただかなくてはならず、これをクリアせずにボーナスを引き出すことはできません。

こうした動きはマイクロゲーミングのいくつかのグループで最近広がっていましたが、最大グループのベルロックにまで波及したとなると、もはや「新」ボーナスシステムは風前の灯火でしょう。

(ベルロックと同じCarmen Media系列のトライデントグループのカジノでも、同様に6月1日から変更されます)

そもそも新ボーナスシステムの何が新しかったかというと、この二点です。

  • 条件を完全に満たさなくても、10ドル単位で純粋キャッシュに換金され、好きなときに引き出してもよい。(ただしその場合はボーナス残額はゼロに)

  • ボーナスをもらっても、ルーレット、バカラ、シックボー、クラップス、ルーレットなど従来除外ゲームとなっていたゲームで自由に遊ぶことができる(ただしゲーム毎のカウント率は異なる)

この二点が消えたわけですから、もはや新ボーナスシステムではなく、ただの旧来型のボーナス条件です。

結局ハンター系のプレイヤーに思いっきり利用されて、我慢できなくなったということだと思います。

まだ全カジノが切り替わったわけではありませんが、大手が切り替えれば中小グループはボーナスハンターが押し寄せてくるのに耐えられず、早晩変更することになるでしょう。

高い実験代だったということかもしれません。



コメント

ゲーミングクラブジャパン(GCJ)については、問い合わせしたところ、以下のような返答を得ています。

「お問い合わせの件ですが、他のカジノと同様にGaming Club Japanでも6月1日付けで変更になりました初回ボーナス条件を適用しております。

変更は下記のようになりましたので、ご確認下さいませ。

* ボーナスシステムではプレイされるゲームの種類でプレー条件へカウントされる割合が異なりますが、バカラ、クラップス、及び ルーレットが対象から外されることになりました。

今後この3種のゲームをプレーされても、プレー条件へはカウントされません。

*払戻しの前には最少プレー条件を完全にクリアしている必要があり、これをクリアせずにキャッシュアカウントの残高を払戻すことはできません。」

なぜかウェブサイトは更新されていないようですが、早急に最新情報に更新してもらいたいところです。

by ocf ◆Ild2A5E.P. : 2007年06月02日

これっていつからなんですか?っていうかゲーミングクラブカジノのホームページでF&Aのとこではスロット以外除外ってなってるかと思えば、初心者の方へっていうとこのボーナスの説明には新ボーナスの説明が載ってるし・・・。どっちが本当ですか?

by けい : 2007年06月02日
「 新ボーナスシステムは結局破綻か 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ