ゼロがないルーレットが存在します ( 2006年10月17日 )

かなり驚いたニュースがありました。

最大手ベットエクスチェンジのBetfair(ベットフェア)が、オンラインカジノのBetfair Casino(ベットフェアカジノ)をオープンしました。

Betfair Casino

驚いたのは、ゼロラウンジ(Zero Lounge)と呼ばれるコーナーです。

このゼロラウンジ内には、以下のようなzero game(ゼロゲーム)というゲームがあって、独自のルールになっています。

  • zero baccarat

    通常5%になっているバンカー側のコミッションが2.75%になっています。

  • zero blackjack

    このブラックジャックでは、suitedのナチュラルブラックジャックにおよび5カードの21に対し、2 to 1の配当がもらえます。

  • zero jacks or better

    ロイヤルフラッシュの配当が通常のジャックスオアベターより約22%高くなっています。

  • zero roulette

    ウィールにゼロ(0)が存在しません。ハウスエッジがゼロで、期待値は100%です。

ということで、いずれも非常にプレイヤーに有利になっています。

ベットフェアカジノにはゼロラウンジとは別にメインラウンジというコーナーがあります。メインラウンジでは普通にハウスエッジがあるテーブルゲームやビデオポーカーやスロットで遊ぶようになっています。

残念ながらベットフェアでは日本にいる人は登録も、プレイもできません。ソフトバンクが出資して以来、そうなってしまいました。

関連ニュース: ソフトバンクがネットギャンブルに出資 (2006年02月28日)

日本以外に住んでいる人にとっては朗報ですね。(アメリカ、中国、マルタ、オーストラリアもダメですが)

あとは、ソフトバンクが他のオンラインカジノ会社に出資したり買収したりしないことを祈るしかありません。



コメント

私も以前 betfair にアカウントを開こうとしてはねられました。

非常に残念です。

ocf さんの力で何とか betfair に日本人を受け入れる様説得してもらえないでしょうか。

by dummy : 2006年10月19日

卓見さん、コメントありがとうございます。

テロ対策が厳しくなって以来、自由の国という言葉がウソっぽくなっていたようですが、私たちにとっては今回それが更に強まった気がします。

ベットフェアはソフトバンクの出資直後から日本在住者禁止になったはずなので、ソフトバンクが日本をベースにしている限り、これは続くのだと思います。

出資しているだけで胴元とみなされるのかどうかは分かりませんが、胴元(ソフトバンク)とプレイヤーが両方日本にいて日本国内での賭博であると解釈される心配があるということでしょうね。

by ocf ◆Ild2A5E.P. : 2006年10月19日

ocfさん、ご無沙汰してます。
ギャン禁法も困ったものですね。
アメリカ以外の国ならこんなにも話題にならないとは思うのですが、自分の国の法律が世界に与える影響も考えてみて欲しいものです。

「自由の国」なんですから・・。

さて、私もbetfairのZero Loungeは話題になる度に気になって気になって仕方ありませんでした。

betfairはスポーツブックでも最高オッズをつけることで有名ですし、ポーカーにしてもフロンティア精神があり、現在アジアを最重要としているようです。

ただ、日本在住だとアカウント開けなくないですか?

私が開こうとしたら・・

「あなたの国ではギャンブルは禁止でしょ。やめときなさい。」

とのメッセージが表示されました。

日本にギャン禁法ってありましたっけ?

by 卓見 : 2006年10月19日
「 ゼロがないルーレットが存在します 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ