Be The Dealerで支払い遅延 要注意 ( 2008年10月28日 )

日本の人で遊んでいる人はほぼいないとは思いますが、一応警告です。

Casinomeisterによると、Be The Dealer Casino(ビーザディーラーカジノ)では、数万ドルの支払いが数ヶ月に渡って滞り、その間カジノ側から分割支払いの提案や各支払い期日の約束などがあったものの、一回目の支払い以降支払いが行われておらず、何度かの約束もすべて破られているということです。

明らかに資金繰りの問題です。Be The Dealerについては2~3年ほど前から資金難の噂がありましたが、それでも遊んでいる人がいるということに少し驚きました。

典型的な駄目パターンに陥ったオンラインカジノで、こうなると近寄ること自体がギャンブルということになります。

プレイヤーがブラックジャックのディーラーになれるという斬新なアイデアで一時は存在感も少しはあったオンラインカジノですが、念のため注意しましょう。

11月13日追記

数万ドルの支払いが遅れていたプレイヤーに対して、その後支払いが行われ完了したということで、Meisterサイトではこの警告は取り下げられています。警告の効果があったということでしょうが、ここまで派手に警告しないと払わないというのは困ったものです。

関連記事
携帯オンラインカジノの可能性 (2008年07月21日)



コメント

「 Be The Dealerで支払い遅延 要注意 」へのコメントはまだありません。

「 Be The Dealerで支払い遅延 要注意 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ