ギャンブルに人生を賭ける人々(その2)  ( 2009年06月19日 )

アシュリー・レベル part2

無事に「赤」で勝利したアシュリー・レベル氏。実は彼が「赤」を選らんだのには理由があったことをCNNのインタビューで答えています。

「・・・実は、テーブルのそばに行くまでは”黒”に賭けようと思っていたんだ。でもディーラーがスピンを始めたときになって、番組を見てくれていた人たちみんなが『僕が赤に賭けることにベットした』と言っていたのを思い出したんだ。それで最終的には赤に変更したんだけど、その後は心の中でただひたすら祈ってたよ。もしうまくいかなかったら家族や友人はひどくがっかりするだろう、なんてことも考えていたかな。」

「賭けに挑む前は負けることなど思ってもなかったけど、いまさらのようにあの時もし負けていたらどうなっていただろうかと思うときがある。改めて考えると実にクレイジーなことをしたんだなと思うよ。」

その後、彼は勝利金を元手にポーカーサイトの運営を始めています。

でも、人生をルーレットに賭けておいて、始めたのがポーカーサイトというのも興味深いですよね。




コメント

「 ギャンブルに人生を賭ける人々(その2)  」へのコメントはまだありません。

「 ギャンブルに人生を賭ける人々(その2)  」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ