ブラックジャックのルール

■概要
バカラとならんでカジノのカードゲーム中、最も人気の高いゲームがブラックジャックです。各プレイヤーはディーラーを相手にプレイします。自分の意思判断で勝ち負けを左右することができることがこのゲームの醍醐味。ゲーム名のブラックジャックとはAと10(絵柄)のカードの組み合わせの21のことを言います。もちろんこのゲームで最強の手です。

■カードの数え方
2、3、4、5、6、7、8、9、10は額面どおりの数字として数えます。

絵札K、Q、Jは10と数えます:
 2+K=12
 2+Q=12
 2+J=12

A(エース)は1か11として数えます:
 A+10=21
 A+7=18または8

■ゲームの流れ

1.

まずはプレイヤーとディーラーの交互に1枚ずつ、合計2枚のカードが配られます。プレイヤーのカードは2枚とも表向きに配られます。ディーラーのカードは1枚目が表向きに、2枚目は裏向きに配られます。上図のケースだとプレイヤー側のカードは2と4、ディーラーの表向きのカードが10です。

2.
プレイヤーは自分の2枚のカードの合計と、表向きになっているディーラーのカードを見たうえで、3枚目以降のカードを引くかどうかを決定します。プレイヤー側のカードは2と4でまだ6です。もう1枚引いてもバーストする可能性がないので3枚目を引きます。

3.

プレイヤーの3枚目のカードは10。これでプレイヤーは4+2+10=16となりました。もう一枚引くかどうか、迷うところです。ベーシックストラテジーの表に従えばここはヒットなのですが、ヘタレなのでステイします。

4.

プレイヤーがもうこれ以上カードを引かないので、ディーラーは2枚目のカードを表向きにします。すると、あらら7がでてしまいました。これでディーラーは10+7=17。

5.
プレイヤーの数は16
ディーラーの数は17
ということで、このゲームはディーラーの勝利となりました・・・。

さぁ、習うより慣れろです。すぐにプレイできる下のテーブルで、ベーシックストラテジー表を片手に練習プレイしてみましょう。

■フラッシュ版ゲーム
プレイをしながらルールを学べば理解も早い。ダウンロードの必要なしですぐに遊べます。チップをクリックしてDealをヒットすればゲームが始まります。



■ベーシックストラテジー表

<クリックで拡大します>

■プレイヤーのアクション選択肢
ヒット:
追加のカードを引くときにこのアクションを選択する。

スタンド:
もうこれ以上カードはいらない場合にこのアクションを選択する。

プレイヤーはヒットやスタンド以外にも、以下のアクションを状況に応じて選択することが可能です。

スプリット:
手札の2枚が同じ数字の時にできるアクション。
ベットした金額と同額を追加して賭けることで、手を2手に分けることができる。
*AAをスプリットした場合、追加で引けるカードはそれぞれの手で1枚だけのルールが一般的。

ダブルダウン:
手札の合計が10もしくは11の場合に可能。
ベットした金額と同額を追加して賭けることができる。ただし引けるカードは1枚のみ。
10や11の場合、次のカードで絵札やエースを引くと21が完成する確立が高いため、勝つ可能性の高いときに通常より多い金額を賭けることによってハウスのエッジを低くできる。(手札の合計が9でもダブルダウンが認められるカジノ、もしくは合計の数字がどれでもダブルダウンできるカジノがある。)

サレンダー:
手札の数が弱く、ディーラーに勝てないと予想したときに、全額失う代わりに、降参(サレンダー)して半額を自分に戻すこと。

インシュアランス:
ディーラーのフェイスカードがAの場合に可能。どうやらブラックジャックを持っていそうだと思ったらベット額の半額を"保険"としてベットすることができる。予想どおりにディーラーがブラックジャックを持っていた場合は、保険として賭けた分に倍になって戻ってくるので、元々のベットで負けたとしても損をしなくてすむ。しかし、予想に反してディーラーがブラックジャックを持っていなかった場合は、保険として賭けた分は没収となり、その後は通常通りゲームが進行します。

■オンラインカジノにおけるカウンティングの有効性
映画や本で取り上げられるケースが多い「カウンティングによる必勝法」。残念ながら、オンラインカジノでは有効な手段ではありません。と言うのも、ほとんどのカジノでは連続シャッフルを行っています。つまり、1ゲームもしくは何ゲームか終わるごとに使用したカードをデックに戻し、再びシャッフルしてから次のゲームが開始されるのです。このため、ほとんどのオンラインカジノではカウンティングはまったく機能しません。加えて、連続シャッフルのおかげでランドカジノでは見られないような大きな偏りや波が発生するようで、マーチンゲール法(倍々賭け)なんかでプレイしていて、気がつかないうちにその大きな波に飲まれたら二度と浮かび上がってくることはできないでしょう。(かくいう私はもう何度もおぼれています・・・)ただ、逆にプレイヤーに極端に有利な流れも発生するわけで、そんなときに勝ち分を積み上げていけば、すごい金額を稼ぐことも可能なはずです。

■その他
ソフトハンドって?

エースとの組み合わせで、まだヒットしてもバーストする危険性がない組み合わせのことです。
例:
ソフト17=Aと6
ソフト18=Aと7
ソフト19=Aと7

ディーラーのプレイ制限
ブラックジャックのテーブル上にはDEALERMUST STAND ON ALL17sと記載されています。
これはディーラは17(ソフト17も含む)を引いた時点でそれ以上カードを引くことができないことを示しています。言い換えるとディーラーはソフト17以下のカードはすべて引くことが義務づけられています。一見カジノ側が不利に聞こえますが、ディーラーはすべてのプレイヤーがカードを引き終わって(何人かがバーストするのが常)からカードを引けるアドバンテージがあるのでこのシステムが成り立っているように思えます。ディーラーにとってもシステマティックに何も考えずにカードを処理できるので、実にカジノにとってに都合の良い合理的なシステムですね。


ブラックジャックの実戦に望むならこのカジノ(波も穏やかです)
80InterCasino.jpg
イン ターカジノの詳細
インターカジノOCF限定ボーナス詳細
インター カジノのサイトへ


ダウンロード不要のフラッシュバージョンですぐにもBJが出来るのはこちら


ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ


コメント

「 ブラックジャックのルール 」へのコメントはまだありません。

「 ブラックジャックのルール 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ