ボードッグの資産をアメリカ政府が押収 ( 2008年07月31日 )

Bodog(ボードッグ)に関連するアメリカ国内の銀行口座の残高2,400万ドルが、アメリカの連邦政府によって押収されたとのニュースが入りました。

Feds Hound Bodog (Forbes)

この記事によると、ボードッグに対しては違法な賭けをアメリカ国内で受け付けていたという嫌疑がかかっていて、それに関連して、Wachovia、Bank of America、SunTrust Banksなどの銀行にあった複数のボードッグの口座が凍結されたようです。

また、創業者のCalvin Ayre氏に対する訴追も視野にはいっているのではないかとしています。

この件に関し、Bodogはまだコメントを発表していません。

なお、今回の資産はアメリカのプレイヤーから受け取ったもの又はこれから支払い予定のものだったと考えられ、アメリカ以外のプレイヤーには直接の影響はない可能性もあります。が、

相当な混乱も想定されるため、当面はボードッグで遊ぶのは控えたほうがいいように思います。

8月1日追記

本件につきボードッグに問い合わせをしていたところ、以下のような回答がありました。

  • Forbesに掲載された金額は正確ではない。
  • 押収されたのは最近ではなくかなり前である。
  • 押収された金額の中には他のオンラインゲーミング会社のものも含まれている。
  • 今回の件はプレイヤーへの支払いには一切影響しない。

ということですが、一定の注意は必要だと思います。

関連記事
ボードッグのCalvin Ayreが引退を発表 (2008年04月22日)
カジノで億万長者になった人たち (2006年03月13日)
BodogのCalvin Ayre、家宅捜索を受ける (2006年03月12日)



コメント

「 ボードッグの資産をアメリカ政府が押収 」へのコメントはまだありません。

「 ボードッグの資産をアメリカ政府が押収 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ