ボーナスに関して、改めてkwsk ( 2009年11月22日 )

業界ニュースなど、マニアックなネタが多い(売り?)な当サイトですが、改めてオンラインカジノ初心者のかゆいところに手の届くコンテンツの作成を心がけて見ることにしました。
ということで、まずはボーナスに関する情報から・・・。

【ボーナスとは?】
カジノから贈られるプレイ時にリアルマネーとして使用できる金額のことです。通常のランドカジノでは考えられない太っ腹サービスですが、オンラインカジノではすべてのカジノが何らかのボーナスをプレイヤーに提供しています。ボーナスの金額や種類はカジノによって異なりますが、大まかに以下のような種類に分けることができます。

【ボーナスの種類】

「アカウント開設ボーナス」
ソフトをダウンロードしてアカウントを開設するだけでもらえるボーナスです。

「初回入金ボーナス」

初回入金時に入金額に対して一定の割合でもらえるボーナスです。
*100%マッチ(マッチアップ)ボーナスであれば、入金額と同額のボーナスがもらえます。もり50%マッチであれば、入金額の半額(50%)がもらえます。

「マンスリーボーナス」
毎月、カジノに入金するたびにもらえるボーナスです。定期的にプレイするプレイヤーにとってはありがたいボーナスですが、最近では一部の優良カジノが提供するのみになっています。

「通常ボーナス」
入金額に対して一定の割合の金額がもらえるボーナスです。
*100%マッチ(マッチアップ)ボーナスであれば、入金額と同額のボーナスがもらえます。もし50%マッチであれば、入金額の半額(50%)がもらえます。

「スティッキー・ボーナス」(Sticky Bonus)
賭け金としては使えるが、引き出し時の金額からは差し引かれるボーナスのこと。ボーナス引き出し条件(MWR)をクリアして、口座から全額を引き出そうとした場合でも
スティッキー・ボーナス分は引き出し金額から差し引かれます。

スティッキー・ボーナスの例:
100ドルを入金して、100ドルのスティッキー・ボーナスをもらったとします。(口座残高200ドル)

自分で入金した分の100ドルを負けてしまいました。

入金額を使い切ったことでスティッキー・ボーナスを賭け金として使用することが可能になります。

さて、そのボーナス分を賭けているうちに、運よく勝利を重ねて残高を200ドルまで戻すことに成功!

負け分は取り戻したので早速、200ドルを全額引き出すことにしました。

しかし、引き出される金額は「200ドル」からスティッキー・ボーナス分の「100ドル」が指し引かれた「100ドル」となります・・・。

あまり釈然とはしませんが、ボーナスがなかったら引き出されるお金はゼロだったわけで、文句はいえないですよね。

「代替決済ボーナス」

入金方法にNETellerや電信送金を使用すると一定の比率で追加でもらえるボーナスです。

「新しいタイプのボーナスシステム」
2006年ごろからマイクロゲーミング系のカジノで採用カジノが増えた制度。カジノグループによって名前は違いますが、新ボーナスシステム、またはezBonusと呼ばれたりします。いちいちボーナス引き出し条件を気にしなくてよいので、非常に便利。
特徴:
* 除外ゲーム・禁止ゲームが存在しない。
* ボーナスはボーナスアカウントに入り、プレイした金額に応じてリアルアカウントに移される。リアルアカウントにある分はいつでも出金可能。MWR(最低賭け金額条件)を全額満たさなくても出金ができる。
* ボーナスアカウントに残高がある状態で出金すると、ボーナスアカウント残高はゼロとなります。

「その他のイロイロなボーナスがあります」
上記の他にも、急に遊ばなくなったりした場合に入金不要でもらえるボーナス、抽選などで突然もらえるボーナス、誕生日やクリスマスにプレゼントしてくれるボーナスなど、本当に実にさまざまなボーナスがあり、手を変え品を変えプレイヤーのプレイに誘い込もうとします。(・・・まったく)。


【ボーナス引き出し条件】(MWR)
実は、ボーナスとしてもらったお金は一定の金額をプレイしない限り引き出すことはできません。ほとんどカジノでは「入金額」と「ボーナス額」の合計金額の30倍程度を賭けることが「ボーナス引き出し条件」となっているのです。

具体例:
$100の初回入金に対して$100のボーナスをくれるカジノがあったとします。

ボーナス引き出し条件が「入金額とボーナス額を合計金額の10倍に値する金額をかける」だったとします。

「入金額の$100」+「ボーナス額の$100」x 10倍=$2000

すなわち「2000ドル」がボーナス金額を引き出すために必要な賭け金額(MWR)となります。

注意:
ボーナス引き出しを満たすためにはカジノが指定した「ボーナス対象ゲーム」をプレイする必要があります。かつてはボーナス引き出し条件を最も簡単に満たすためには、上記の例なら「2000ドルを一発で賭け」てもOKだったのですが、最近では複数回の賭けに分けなければならないカジノが増えているので注意が必要です。もしボーナス引き出し条件を満たしていない状態にもかかわらず、無理にボーナスを払い戻そうとしたり、注意されても同じことを繰り返した場合、最悪のケースではアカウントが凍結され、以後プレイできなくなりますので注意してください。「MWR」とはMinimum Wager Requirement(最低賭け要求金額)の略です。

【ボーナス受け取りによる元金に対する縛り】
ボーナスを受け取ってしまうと、後で「元金として入金した分だけでも引き出したい状況になっても(ほとんどの場合)ボーナス引き出し条件を満たすまで引き出しはできません。少しでも浮いたら引き出したい(ヒットアンドウェイ戦法)を好まれるプレイヤーは、あえて各種ボーナスを”辞退”することでこの縛りから逃れることが可能です。ボーナスを辞退したい場合は、入金の前にカジノのサポートにメールにて、「ボーナスはいりません」と伝える必要があります。

【ボーナス対象ゲーム】
プレイすればボーナス引き出し条件に反映されるゲームのことです。

【ボーナス対象外ゲーム】 

いくらプレイしても、ボーナス引き出し条件に反映されないゲームのことです。ボーナス対象外ゲームでプレイするかぎり、どんな大金をかけても引き出し条件を満たすことはできません。代表的なボーナス対象外ゲームとしては「バカラ」、「ルーレット」、「クラップス」があります。最近ではボーナス対象外ゲームが増えており、ひどいところではスロット以外はすべて除外ゲームになっていたりもします。(まったくもって世知辛い世の中なのです。)

【禁止ゲーム】(Restricted games)
この規則を適応しているカジノでは、たとえ意図的でなくても禁止ゲームをプレイしてしまうと、ボーナスおよび勝利金が没収となり、最悪の場合は口座が凍結されてしまいますので注意してください。

【ボーナス乱用】(Bonus Abuse)
具体的には以下の項目に当てはまる行為がボーナス乱用とみなされます:
■ボーナス条件(MWR)を満たした瞬間に引き出す
■複数のアカウントを開いて初回ボーナスを二回以上もらう(同一世帯、同一PCからのアクセスによる複数アカウント開設も含む)
■ブラックジャックやビデオポーカーなどハウスエッジが低いゲームでだけボーナスを使う
■自動プレイ(Autoplay)機能を使ってひたすら条件を消化する
■フラットベット($1など同額を賭ける)を続ける
■ボーナスがもらえるときにしか入金しない

「ボーナス乱用者」(Bonus Abuseer)に認定されてしますとペナルティが課されてしまいます:
■以後ボーナスを一切もらえなくなる。
■所有しているボーナスが没収される。
■アカウントを閉鎖され、以後遊べなくなる。
■グループ内の別カジノからも追い出されて遊べなくなる。
■乱用者データベース(ブラックリスト)を共有しているカジノでアカウントが開けなくなる


【ボーナスの期限切れ】
ほとんどのオンラインカジノではリアルアカウントを開設してから一定期間(一般的に72時間)以内に初回入金をしないと、初回ボーナスが無効になってしまいます。また、ボーナスをもらっても規定の期間内(1週間~1ヶ月)以内にボーナス引き出し条件を満たさないとせっかくもらったボーナスが没収される場合もあります。
ボーナスをもらった後は放っておかないで、できるだけ早く条件をクリアするよう気をつけてください。


通常より多い金額がもらえるOCF限定ボーナスを利用して、でっかく儲けましょう:




 


 



コメント

「 ボーナスに関して、改めてkwsk 」へのコメントはまだありません。

「 ボーナスに関して、改めてkwsk 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ