スポーツベット業者のオンラインカジノへの参入が加速 ( 2009年08月19日 )

まずはイギリスのSportingbet社。同社はNet Entertainment社のソフトウェアを用いたカジノ運営を開始することを発表しました。8月中のオープン予定です。Sportingbet社は2001年にロンドン市場で上場しており、世界30カ国で20万人のアクティブ会員を所有しています。

続いてTotesport社。こちらはクリプトロジックのスロットをか既存のカジノに組み込むことを発表しています。Totesport社はイギリスで4番目の規模をもつ大手のブックメーカーとのこと。クリプトロジックのソフトウェアのライセンスビジネスも、今回の契約で23社目になるということでひとまず順調に推移しているようです。



コメント

「 スポーツベット業者のオンラインカジノへの参入が加速 」へのコメントはまだありません。

「 スポーツベット業者のオンラインカジノへの参入が加速 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ