bwinが金融サービス機構(FSA)の認可取得 ( 2008年04月29日 )

ヨーロッパの大手スポーツブック・オンラインカジノのbwin(ビーウィン)が、イギリスの金融サービス機構(FSA)の認可を得たというニュースがありました。

Online gambling group awarded FSA license

NETELLERやClick2PayやMoneybookersもFSAの認可を得て営業していますが、bwinの今回の認可取得はオンラインギャンブルの運営者としては初めてのことです。

FSAの認可を得たことで、bwinは独自の代替決済手段やプリペイドカードを提供することができるようになるということです。

なお、直接的にはそのような追加サービスの提供が可能になることを意味する一方、FSAライセンスの取得には支払いや管理に関わるシステムや体制がしっかりしていることを確認するための厳しい監査が必要であることから、間接的にはbwinが信頼できるサイトであることを強くアピールする結果になります。

世界のオンラインカジノ事業者は、禁止法下のアメリカでこそこそと営業し続ける一群と、bwinのように各国政府機関の承認や市場の信任を得た形で正統的に営業する一群とに二極化しつつあるようです。

不幸なことは、アメリカにすんでいる人は前者でしか遊べないということです。

他の国も、もし禁止をすると自国民にそのようなリスクを押し付ける結果になりかねないことに自覚的であるべきでしょう。

bwin Casino(ビーウィンカジノ)のサイト



コメント

「 bwinが金融サービス機構(FSA)の認可取得 」へのコメントはまだありません。

「 bwinが金融サービス機構(FSA)の認可取得 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ