オンラインカジノスパムが増加傾向? ( 2008年03月14日 )

スパムメール(迷惑メール)といえば、出会い系サイト、バイアグラ、アダルトサイト、そしてオンラインカジノとポーカーです。

最近はカジノ関係のスパムは減っていたような気がしていたのですが、迷惑メールフォルダを眺めていて気がついたのは、意外と多いということです。

しかも、登録したカジノから流出したとしか思えないようなスパムメールが増えています。というのは、スパムなのに名前がしっかり書かれているのです。

これまでは、カジノでの登録に使ったことのないアドレスに、以下のようなオンラインカジノを宣伝するものが来るというのが主流でした。

  • PartyCasino
  • EnterCasino
  • Vegas VIP Casino
  • Gold VIP Casino
  • World Casino
  • Big Dollars Casino

ところが、最近はマイクロゲーミング(Casino Rewards等)やプレイテック(トロペ、32ベガス等)のカジノのバナーが貼られている宣伝サイトのスパムが、カジノやNETELLERでしか使っていないメールアドレスに自分の名前付きで届くものも出てきています。

カジノアクションのオンラインカジノの破綻の報道があった直後、同グループからプレイヤーのリストが流出したという噂が流れました。このグループでしか使っていないアドレス宛にスパムメールが届いたというのです。

同様に、過去にもオンラインカジノが閉鎖したとき、または大規模なリストラを行ったときにリストが流出したと疑われるケースが報告されています。

その意味では、この1年ほどは沢山のカジノが休業したりしているので、スパムの増加にそれが関係している可能性もあります。

ともかく、スパムメールには反応しないようにしましょう。解除(unsubscribe)のリンクをクリックしたりすると、現在も使われているアドレスだということがばれて、高い値段で転売されたりしてしまうこともあります。



コメント

「 オンラインカジノスパムが増加傾向? 」へのコメントはまだありません。

「 オンラインカジノスパムが増加傾向? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ